Excelリファレンス | VBAステートメント一覧 | エクセルの各種一覧、Excelリファレンス



最終更新日:2016-08-08

VBAステートメント一覧


ExcelマクロVBAステートメントの一覧と解説です。


基本ステートメント
フロー制御ステートメント
ファイル・フォルダ関連ステートメント
フォーム・クラス関連ステートメント

太字はリンク付きは、詳細解説ページ、または、応用したVBAコードがあるページにリンクしています。

基本ステートメント
AppActivate アプリケーション ウィンドウをアクティブにします。
Beep コンピュータのスピーカを鳴らします。
Const リテラル値の代わりに使う定数を宣言します。
Date 現在のシステムの日付を設定するステートメントです。
Declare ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) の外部プロシージャへの参照を宣言します。モジュール レベルで使います。
Deftype 変数、プロシージャに渡す引数、および Function プロシージャや Property Get プロシージャの戻り値について、指定した文字で始まる名前に対する既定のデータ型を設定します。このステートメントは、モジュール レベルで使えます。
DeleteSetting Microsoft Windows のレジストリにあるアプリケーションの項目、または Macintosh の場合にはアプリケーションの初期設定ファイルから、セクションまたはキー設定を削除します。
Dim 変数を宣言し、メモリ領域を割り当てます。
Enum 列挙型 (Enum) を宣言します。
Erase 固定サイズの配列の場合は要素を再初期化し、動的配列の場合は割り当てたメモリを解放します。
Error エラーを疑似的に発生させます。
Function Function プロシージャの名前、引数、および本体部分を構成するコードを宣言します。
LSet 文字列変数の値を左揃えにしたり、ユーザー定義型の変数を別のユーザー定義型の変数にコピーします。
Mid バリアント型 (内部処理形式 String の Variant) 変数の一部を他の文字列に置き換えます。
MidB バリアント型 (内部処理形式 String の Variant) 変数の一部を他の文字列に置き換えます。
On Error エラー処理ルーチンを有効にし、プロシージャ内でのエラー処理ルーチンの位置を指定します。エラー処理ルーチンを無効にするときに使うこともできます。
Option Base 配列の添字の最小値の既定値を設定します。モジュール レベルで使用します。
Option Compare 文字列データの既定の比較方法を設定します。モジュール レベルで使います。
Option Explicit モジュール内のすべての変数に対して、明示的な宣言を強制します。モジュール レベルで使用します。
Option Private 複数のプロジェクト間で参照可能なホスト アプリケーションにおいて Option Private Module ステートメントを使うと、プロジェクトの外部からモジュールの内容が参照できなくなります。単独で Visual Basic を使用している場合など、外部からの参照を許可しないホスト アプリケーションでは、Option Private ステートメントは無効です。
Private プライベート変数を宣言し、メモリ領域を割り当てます。モジュール レベルで使用します。
Public パブリック変数を宣言し、メモリ領域を割り当てます。モジュール レベルで使用します。
Randomize 乱数ジェネレータを初期化 (乱数系列を再設定) する数値演算ステートメントです。
ReDim 動的配列変数に対するメモリ領域の再割り当てを行います。プロシージャ レベルで使用します。
Rem プログラム内にコメントを記述することを示します。
Resume エラー処理ルーチンの終了後に、プログラムの実行を再開します。
SaveSetting Microsoft Windows のレジストリ、または Macintosh ではアプリケーションの初期設定ファイルに、アプリケーションの項目を保存または作成します。
SendKeys キーストロークまたはキーストロークの組み合わせを、キーボードから入力したときと同様にアクティブ ウィンドウに渡します。
Static 変数を宣言し、それらにメモリ領域を割り当てます。プロシージャ レベルで使用します。Static ステートメントで宣言した変数 (静的変数) の値は、プログラムが実行されている間をとおして保持されます。
Sub Sub プロシージャの名前、引数、およびプロシージャの本体を宣言します。
Time システムの時刻を設定するステートメントです。
Type 1 つまたは複数の要素を持つユーザー定義のデータ型 (ユーザー定義型) を宣言します。モジュール レベルで使います。
フロー制御ステートメント
Call Sub プロシージャ、Function プロシージャ、ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) プロシージャに制御を渡すフロー制御ステートメントです。
Do...Loop 指定した条件が真 (True) である間、または条件が真 (True) になるまで、一連のステートメントを繰り返し実行するフロー制御ステートメントです。
End プロシージャやブロック (一連のステートメントの集まり) を終了させるフロー制御ステートメントです。
Exit Do...Loop ループ、For...Next ループ、Function、Sub、または Property の各プロシージャを抜けるフロー制御ステートメントです。
For Each...Next 配列やコレクションの各要素に対して、一連のステートメントを繰り返し実行するフロー制御ステートメントです。
For...Next 指定した回数だけ、一連のステートメントを繰り返すフロー制御ステートメントです。
GoSub...Return プロシージャ内のサブルーチンへの分岐と復帰を行うフロー制御ステートメントです。
GoTo プロシージャ内の指定した行に無条件に分岐するフロー制御ステートメントです。
If...Then...Else 式の値に基づいて、条件付きの実行を行うフロー制御ステートメントです。
On...GoSub 式の値に応じて、指定した複数の行のうちのいずれかに分岐させるフロー制御ステートメントです。
On...GoTo 式の値に応じて、指定した複数の行のうちのいずれかに分岐させるフロー制御ステートメントです。
Select Case 条件式の値に従って、複数のステートメント ブロックのいずれかを実行させるフロー制御ステートメントです。
Stop 実行を中断するフロー制御ステートメントです。
While...Wend 指定した条件が真 (True) である間、一連のステートメントの実行を繰り返すフロー制御ステートメントです。
With オブジェクトやユーザー定義型に対して、一連のステートメントを実行するフロー制御ステートメントです。
ファイル・フォルダ関連ステートメント
ChDir 現在のフォルダを変更します。
ChDrive 現在のドライブを変更します。
Close Open ステートメントで開いたファイルへの入出力を終了して、ファイルを閉じるファイル入出力ステートメントです。
FileCopy ファイルをコピーします。
Get ディスク ファイルからデータを読み込み、それを変数に格納するファイル入出力ステートメントです。
Input # シーケンシャル入力モード (Input) で開いたファイルからデータを読み込んで、それを変数に格納するファイル入出力ステートメントです。
Kill ディスクからファイルを削除します。
Line Input # シーケンシャル入力モード (Input) で開いたファイルから行全体を読み込み、文字列型 (String) の変数に代入するファイル入出力ステートメントです。
Lock、Unlock Open ステートメントで開いたファイルの一部、または全体に対する他のプロセスからのアクセスを制御するファイル入出力ステートメントです。
MkDir 新しいフォルダを作成します。
Name ファイルまたはフォルダの名前を変更します。
Open ファイルを開いて、ファイルへ入出力できるようにします。
Print # シーケンシャル出力モード (Output または Append) で開いたファイルにデータを書き込むファイル入出力ステートメントです。
Put 変数の内容をディスク上のファイルに書き込むファイル入出力ステートメントです。
Reset Open ステートメントで開いたすべてのファイルを閉じるファイル入出力ステートメントです。
RmDir 既存のフォルダを削除するステートメントです。
RSet Open ステートメントで開いたすべてのファイルを閉じるファイル入出力ステートメントです。
Seek Open ステートメントで開いたファイルの、次に読み込みまたは書き込みを行う位置を設定するファイル入出力ステートメントです。
SetAttr ファイルの属性を設定します。
Width # Open ステートメントで開いたファイルに出力する行の幅 (桁数) を割り当てるファイル入出力ステートメントです。
Write # シーケンシャル出力モード (Output または Append) で開いたファイルにデータを書き込むファイル入出力ステートメントです。
フォーム・クラス関連ステートメント
Event ユーザー定義のイベントを宣言します。
Implements クラス モジュール内にインプリメントされるインターフェイスまたはクラスを指定します。
Let 式の値を、変数またはプロパティに代入します。
Load オブジェクトを読み込みますが、表示はしません。
Property Get Property プロシージャの名前、引数、および Property プロシージャの本体を構成するコードを宣言します。Property プロシージャを使ってプロパティの値を取得します。
Property Let Property Let プロシージャの名前、引数、およびプロシージャの本体を構成するコードを宣言します。Property Let プロシージャは、プロパティに値を設定します。
Property Set Property プロシージャの名前、引数、およびプロシージャの本体を構成するコードを宣言します。Property Set プロシージャは、オブジェクトへの参照を設定します。
RaiseEvent クラス、フォーム、またはドキュメント内のモジュール レベルで宣言されたイベントを通知します。
Set オブジェクトへの参照を、変数またはプロパティに代入します。
Unload オブジェクトをメモリから削除します。





同じテーマ「Excelリファレンス」の記事

マクロVBEのショートカット一覧
Rangeオブジェクトのメソッド一覧
Rangeオブジェクトのプロパティ一覧
VBA Excel 列挙体の一覧
Visual Basic の定数の一覧
VBA関数の一覧

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)
表示の固定|Google Apps Script入門(12月24日)
グラフ|Google Apps Script入門(12月21日)
入力規則|Google Apps Script入門(12月13日)
並べ替え|Google Apps Script入門(12月12日)
メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)
セルのコピー&各種ペースト|Google Apps Script入門(11月22日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • VBAステートメント一覧

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP