VBAリファレンス | Windowのプロパティ、メソッド一覧 | エクセルの各種一覧、Excelリファレンス



最終更新日:2018-01-27

Windowのプロパティ、メソッド一覧


エクセルの基本である、Windowオブジェクトのプロパティ、メソッドの一覧です。

覚えるというより、必要に応じて調べて使うものになります。



Windowオブジェクトのプロパティ一覧

名前 説明
ActiveCell 最前面に表示されている、アクティブ ウィンドウ (一番手前のウィンドウ) または指定されたウィンドウでのアクティブ セルを表す Range オブジェクトを返します。
ウィンドウに表示されているシートがワークシートでないときは、このプロパティは失敗します。
値の取得のみ可能です。
ActiveChart アクティブなグラフ シートまたは埋め込みグラフを表す Chart オブジェクトを返します。
埋め込みグラフは、アクティブにされている状態だけではなく、選択されただけの状態でもアクティブと見なされます。
アクティブなグラフがないときは、Nothing を返します。
ActivePane ウィンドウ内のアクティブなペインを表す Pane オブジェクトを取得します。
値の取得のみ可能です。
ActiveSheet 作業中のブック、および指定されたウィンドウまたはブックのアクティブ シート (一番手前のシート) を表すオブジェクトを返します。
アクティブ シートが存在しないときは Nothing を返します。
ActiveSheetView 指定されたウィンドウでのアクティブ シートの表示モードを表すオブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
Application 対象となるオブジェクトが指定されない場合は、Excel アプリケーション (Application オブジェクト) を返します。
対象となるオブジェクトが指定された場合は、指定されたオブジェクトを作成した Application オブジェクトを返します。
OLE オートメーションを使っていて、オブジェクトのアプリケーションにアクセスするときなどに、このプロパティを使います。
値の取得のみ可能です。
AutoFilterDateGrouping True に設定すると、データ グループのオート フィルターが指定されたウィンドウに表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
Caption ドキュメント ウィンドウのタイトル バーに表示される名前を表すバリアント型 (Variant) の値を取得、または設定します。
Creator 現在のオブジェクトが作成されたアプリケーションを示す 32 ビットの整数を取得します。
値の取得のみ可能です。
長整数型 (Long) の値を使用します。
DisplayFormulas True の場合、ウィンドウは数式を表示します。
False の場合、数値が表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayGridlines True の場合、枠線を表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayHeadings 行と列の両方の見出しを表示する場合は True に設定し、見出しを表示しない場合は False に設定します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayHorizontalScrollBar True の場合、水平スクロール バーを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayOutline True の場合、アウトライン記号を表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean ) の値を使用します。
DisplayRightToLeft True の場合、指定されたウィンドウの表示が右から左の表示方向になります。
False の場合、オブジェクトは左から右に表示されます。
値の取得のみ可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayRuler True に設定すると、指定したウィンドウにルーラーが表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayVerticalScrollBar True の場合、垂直スクロール バーを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayWhitespace True に設定すると空白領域が表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayWorkbookTabs True の場合、シート見出しを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
DisplayZeros True の場合、ゼロ値を表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
EnableResize True の場合、ウィンドウの大きさを変更できます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
FreezePanes True の場合、分割ウィンドウ枠を固定します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
GridlineColor 枠線の色を RGB 値で設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型 (Long) の値を使用します。
GridlineColorIndex 枠線の色を、現在のカラー パレットのインデックス値または定数で設定します。
値の取得および設定が可能です。
XlColorIndex クラスの定数を使用します。
Height ウィンドウの高さをポイント単位で表す倍精度浮動小数点型 (Double) の値を取得、または設定します。
Index 類似するオブジェクトのコレクション内でのオブジェクトのインデックス番号を表す長整数型 (Long) の値を返します。
Left クライアント領域の左端から、ウィンドウの左端までの距離をポイント単位で表す倍精度浮動小数点型 (Double) の値を取得、または設定します。
OnWindow ウィンドウがアクティブにされたときに実行するプロシージャの名前を設定します。
値の取得および設定が可能です。
文字列型 (String) の値を使用します。
Panes 指定されたウィンドウのすべてのペインを表す Panes コレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
Parent 指定されたオブジェクトの親オブジェクトを取得します。
値の取得のみ可能です。
RangeSelection 指定されたウィンドウのワークシートで選択されているセル範囲を表す Range オブジェクトを返します。
このオブジェクトはワークシートで描画オブジェクトがアクティブになっていたり、選択されていたりしても返されます。
値の取得のみ可能です。
ScrollColumn ウィンドウ枠 (ペイン) 内またはウィンドウ内で左端に表示される列の番号を設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型 (Long) の値を使用します。
ScrollRow ウィンドウ枠 (ペイン) 内またはウィンドウ内で上端に表示される行の番号を設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型 (Long) の値を使用します。
SelectedSheets 指定されたウィンドウで選択されているすべてのシートを表す Sheets コレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
Selection Windows オブジェクトの指定されたウィンドウを返します。
SheetViews 指定されたウィンドウの SheetViews オブジェクトを取得します。
値の取得のみ可能です。
Split True の場合、ウィンドウを分割します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を使用します。
SplitColumn ウィンドウの左右分割位置を示す列数 (垂直分割線の左側にある列の数) を設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型 (Long) の値を使用します。
SplitHorizontal ウィンドウの左右分割位置をポイント?(ポイント: 印刷する文字のサイズ (高さ) を指定する基本単位。
1 ポイントは、約 0.0353 cm (1/72 インチ) です。
)単位で設定します。
値の取得および設定が可能です。
倍精度浮動小数点型 (Double) の値を使用します。
SplitRow ウィンドウの上下分割位置を示す行数 (水平分割線の上側にある行の数) を設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型 (Long) の値を使用します。
SplitVertical ウィンドウの上下分割位置をポイント?(ポイント: 印刷する文字のサイズ (高さ) を指定する基本単位。
1 ポイントは、約 0.0353 cm (1/72 インチ) です。
)単位で設定します。
値の取得および設定が可能です。
倍精度浮動小数点型 (Double) の値を使用します。
TabRatio ウィンドウのシート見出し領域と水平スクロール バーの幅の比率を設定します。
使用できる比率の範囲は 0 〜 1 で、既定値は 0.6 です。
値の取得および設定が可能です。
倍精度浮動小数点型 (Double) の値を使用します。
Top ウィンドウの上端から使用可能領域 (メニュー、固定ツールバー、数式バーの下の領域) の上端までの距離を表す倍精度浮動小数点型 (Double) の値を設定します。
値の取得および設定が可能です。
Type ウィンドウの種類を表す XlWindowType クラスの定数を取得および設定します。
UsableHeight アプリケーション ウィンドウ領域内で、ウィンドウが使うことのできる範囲の最大限の高さをポイント?(ポイント: 印刷する文字のサイズ (高さ) を指定する基本単位。
1 ポイントは、約 0.0353 cm (1/72 インチ) です。
)単位で返します。
値の取得のみ可能です。
倍精度浮動小数点型 (Double) の値を使用します。
UsableWidth アプリケーション ウィンドウ領域内で、ウィンドウが使うことのできる範囲の最大限の幅をポイント?(ポイント: 印刷する文字のサイズ (高さ) を指定する基本単位。
1 ポイントは、約 0.0353 cm (1/72 インチ) です。
)単位で返します。
値の取得のみ可能です。
倍精度浮動小数点型 (Double) の値を使用します。
View ウィンドウに表示するビューを設定します。
値の取得および設定が可能です。
XlWindowView クラスの定数を使用します。
Visible オブジェクトを表示するかどうかを表すブール型 (Boolean) の値を設定します。
値の取得および設定が可能です。
VisibleRange ウィンドウ内またはウィンドウ枠 (ペイン) 内に表示されているセルの範囲を表す Range オブジェクトを取得します。
一部しか表示されていない列や行も対象になります。
値の取得のみ可能です。
Width ウィンドウの幅をポイント単位で表す倍精度浮動小数点型 (Double) の値を取得、または設定します。
WindowNumber ウィンドウ番号を返します。
たとえば、BOOK1.XLS:2 の場合、ウィンドウ名の後に続く 2 がウィンドウ番号になります。
通常、最初に開かれるウィンドウ番号は 1 です。
値の取得のみ可能です。
長整数型 (Long) の値を使用します。
WindowState ウィンドウの状態を設定します。
値の取得および設定が可能です。
XlWindowState クラスの定数を使用します。
Zoom ウィンドウの表示サイズを、パーセント単位 (100 は通常の大きさの表示、200 は 2 倍の大きさの表示、など) で表すバリアント型 (Variant) の値を取得、または設定します。



Windowオブジェクトのメソッド一覧

名前 説明
Activate ウィンドウを Z オーダーの前面に移動します。
ActivateNext 指定されたウィンドウをアクティブにし、次にそのウィンドウを Z オーダーで一番後ろに移動します。
ActivatePrevious 指定されたウィンドウをアクティブにし、次に Z オーダーで一番後ろにあるウィンドウをアクティブにします。
Close オブジェクトを閉じます。
LargeScroll 指定されたページ数分だけ、ウィンドウの文字列をスクロールします。
NewWindow 新しいウィンドウ、または指定されたウィンドウのコピーを作成します。
PointsToScreenPixelsX 横方向の長さの値をポイント (ドキュメント座標) からピクセル (画面座標) に変換します。
変換された値を長整数型 (Long) の値で返します。
PointsToScreenPixelsY 縦方向の長さの値をポイント (ドキュメント座標) からピクセル (画面座標) に変換します。
変換した値を長整数型 (Long) の値で返します。
PrintOut オブジェクトを印刷します。
PrintPreview オブジェクトの印刷プレビュー (印刷時のイメージ) を表示します。
RangeFromPoint 画面座標で指定された x と y の位置にある Shape オブジェクト、または Range オブジェクトを返します。
指定の座標に図形が存在しない場合は、Nothing を返します。
ScrollIntoView ドキュメント ウィンドウまたはペインの左上隅、右下隅のどちらかに、指定された四角形領域の内容が表示されるようにドキュメント ウィンドウをスクロールします。
表示位置は引数 Start の値で異なります。
ScrollWorkbookTabs ウィンドウ下部のシート見出しをスクロールします。
ただし、ブック内のシートはアクティブな状態に保持されます。
SmallScroll 指定された行数分または列数分だけ、ウィンドウの文字列をスクロールします。


※Excel2010のヘルプより




同じテーマ「VBAリファレンス」の記事

Rangeオブジェクトのプロパティ一覧
Rangeオブジェクトのメソッド一覧
VBAステートメント一覧
マクロVBEのショートカット一覧
WorkSheetのプロパティ、メソッド、イベント一覧
WorkBookのプロパティ、メソッド、イベント一覧
Applicationのプロパティ、メソッド、イベント一覧
ピボットテーブル関連のプロパティ、メソッド一覧
グラフ(Chart)関連のプロパティ、メソッド一覧
図形(Shape)関連のプロパティ、メソッド一覧

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)
APIとOLEオートメーション|MOS VBAエキスパート対策(3月11日)
エラーへの対処|MOS VBAエキスパート対策(3月10日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.まずはマクロVBAを使う準備|ExcelマクロVBA入門
10.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • Windowのプロパティ、メソッド一覧

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP