Google Apps Script入門 | 第2回.とにかく書いてみよう(スクリプト エディタ) | Google Apps Script(GAS)の入門解説です



最終更新日:2016-09-26

第2回.とにかく書いてみよう(スクリプト エディタ)

Google Apps Script(GAS)は、Googleが提供するサービス全般で利用できるスクリプトですと説明しました、

では、そのスクリプトは、どこに・どのように書くのでしょうか。


本シリーズでは、Googleスプレッドシートで、Google Apps Scriptを使って行きますので、

何はともあれ、スプレッドシートを用意しましょう。


大丈夫だとは思いますが、スプレッドシートってどうやって作るのって人は、
スプレッドシート入門
こちらで、最低限の使い方を覚えてからにしてください。


本シリーズで当面使っていくスプレッドシートとして、「GAS入門」を作成しました。



注意

名前は違う名前でも構いません。
ただし、このシリーズで勉強するのなら、
必ず、勉強用のスプレッドシートを作成して、
実際に同じようにやって、自分の手と目と頭で確かめるようにして下さい。



ExcelのマクロVBAを書くのは、Bisual Basic Editor(VBE)ですが、
スプレッドシーのマクロとしてGoogle Apps Scriptを書くのは、
スクリプト エディタ
と言います。


スクリプト エディタの起動

メニュー
ツール→スクリプト エディタ




スクリプト エディタをクリックすると、



これが、スクリプト エディタです。
ブラウザに「無題のプロジェクト」のタブが新規追加されます。


スクリプトを書く前に、スクリプト エディタの簡単な使い方から

プロジェクト名の変更

「無題のプロジェクト」では仕方ありませんので、とにかく名前を付けておきましょう。
「無題のプロジェクト」の文字をクリックすると、



ここで名前を付けて、「OK」してください。
名前は適当で構いません。
「example1」としてみました。



プロジェクトの新規作成・削除

今は必用ありませんが、

プロジェクトを新規作成する場合
メニュー
ファイル→新規作成→プロジェクト


プロジェクトを削除する場合は
メニュー
ファイル→プロジェクトを削除



スクリプト ファイル

左側に見える、
コード.gs
これを、スクリプト ファイルと言います。

今は必用ありませんが、

名前の変更・削除
コード.gsの右にある、▼をクリックします。



スクリプト ファイルの新規作成
メニュー
ファイル→新規作成→スクリプト ファイル



スクリプト ファイルは、VBAで言えば、モジュールに該当します。
自由に追加しても構いませんが、最初のうちは、1つのスクリプト ファイルで十分です。


では、いよいよスクリプトを書いてみましょう。

スクリプトを書く



function myFunction() {
  ここに書いていきます。
}


functionは、関数の意味です。
myFunctionは、関数の名前になりますので、自由に変更して構いません。

つまり、Google Apps Scriptを書いて動かすという事は、
関数を作って動かすという事になります。

プログラミングの通過儀礼なので、「Hello World」やってみましょう(笑)

function myFunction() {
  |←ここに入力カーソルがある状態で
}

Ctrl+Space



Ctrl+Spaceは、その時点で入力出来る単語が、補完表示されます。

Browser
をクリックするか、上下矢印↑↓で選択してEnter



さらに続けて、
.
ドット、ピリオドを入力



Browserに続けて入力するものが候補表示されます。

msgBox
を選択してください。



prompt
を消して、代わりに
"Hello World"
と入力

buttons
を消して、
Ctrl+Space
Browser
.
Buttons
.

と入力していきます。



ボタンの種類なので、どれでも良いですが、
Hello Worldなので、CANCELされても困りますので(笑)
OK
を選択しましょう。

完成したスクリプトは、

function myFunction() {
  Browser.msgBox("Hello World&quot", Browser.Buttons.OK)
}


スクリプトは、大文字小文字を含めて、正確に記述しなければなりません。
入力候補表示を上手に使って記述してください。


スクリプトの保存

スプレッドシートと違い、自動では保存されません。

メニュー
ファイル→保存



ショートカットは、Ctrl+S
もちろん、フロッピーのアイコンをクリックでも良いです。

Ctrl+Spaceの入力補助を上手に活用することで、
英文タイピングがぁー・・・というようなことも減り、スペル間違いも無くなります。
マクロで自動化・省力化したいのですから、
なるべく素早く正確に書ける事が望ましいのは言うまでもありません。
スクリプト エディタの使い方は、しっかりとマスターしてください。

これで、スクリプトが完成しました。
次回、このスクリプトを実行してみましょう。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第1回.Google Apps Scriptって何?GASって何?
第3回.スクリプトを実行するには
第4回.セルに数字や文字を入れる
第5回.変数って何だ?
第6回.セルの値を使って計算する
第7回.同じ計算を行数分繰り返す
第8回.最終行を取得して繰り返す
第9回.コメントの書き方
第10回.条件で処理を変える(条件分岐,if)
第11回.条件で処理を変える(条件分岐,switch)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

セルの操作|MOS VBAエキスパート対策(2月20日)
変数と定数|MOS VBAエキスパート対策(2月17日)
条件付き書式で変更された書式を取得する|VBAサンプル集(2月16日)
VBAの構文|MOS VBAエキスパート対策(2月15日)
増殖した条件付き書式を整理統合する|VBAサンプル集(2月12日)
マクロの記録|MOS VBAエキスパート対策(2月12日)
マクロとVBAの概念|MOS VBAエキスパート対策(2月10日)
MOS VBAエキスパート対策|MOS VBA対策(2月10日)
VBAの配列まとめ(静的配列、動的配列)|VBA技術解説(2月8日)
VBAにおけるピリオドとカンマとスペースの使い方|VBA技術解説(2月7日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • とにかく書いてみよう(スクリプト エディタ)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




  • >
  • >
  • >
  • とにかく書いてみよう(スクリプト エディタ)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP