ExcelマクロVBA練習問題解答 | 練習問題22(総合練習4)回答 | Excelマクロ練習問題集、エクセルVBAの学習教材



最終更新日:2017-05-23

練習問題22(総合練習4)回答

練習問題22の回答ページです、


問題

シート「練習22」では、各伝票の1行から6行が横に並んでいます。
 これを、
 シート「練習22_回答」を新規追加し、各伝票の行を縦に並べて下さい。

 つまり、伝票の明細行が横になっているものを、縦に変換するということです。

※下は結果のサンプルです。

シート「練習22」
伝票番号 商品1 数量1 単価1 商品2 数量2 単価2 商品3 数量3 単価3 商品4 数量4 単価4 商品5 数量5 単価5 商品6 数量6 単価6
1 バジル  9 254 イタリアンパセリ  10 56 セルフィーユ 11 158
2 スペアミント  5 230 オレガノ  12 237 ローズマリー  10 297 タイム  1 204 セージ  2 180 ディル  11 277
3 タラゴン  12 266 木の芽 12 269 エシャレット 5 232
4 小菊  9 89
5 穂じそ  7 185 紅たて  16 182 アンティーブ(チコリ) 1 171 辛味大根 16 186
6 トレビス 7 294 ししとう 5 117 にんにく 15 248
7 プチニンニク 16 223 にんにく 17 258
8 黄金の里生姜 9 191 ぎんなん 10 90 ゆりね 8 135 にんにくのめ 5 138
9 近江生姜 10 297 大葉 16 104 みょうが 17 199
10 ゆず 3 129 すだち 12 177 かぼす 4 137 サンチエ(パオ菜) 18 185 パセリ 13 283

※上記表の全体選択し、コピー(Ctrl+C)の後、エクセルのシートのA1セルに貼り付け(Ctrl+V)してください。

シート「練習22_回答」

  A      B         C   D
伝票番号 商品 数量 単価
1 バジル  9 254
1 イタリアンパセリ  10 56
1 セルフィーユ 11 158
2 スペアミント  5 230
2 オレガノ  12 237

※上記表の全体選択し、コピー(Ctrl+C)の後、エクセルのシートのA1セルに貼り付け(Ctrl+V)してください。


では、お考えください。

すぐに回答を見ずに、必ず自力で書けるとこまででも良いので書きましょう。


・・
・・・
・・・・
・・・・・

当サイトのコンテンツ

ExcelマクロVBA入門

ここで、じっくり勉強して下さい。



・・
・・・
・・・・
・・・・・



では回答です。

Sub 練習問題22()
  Dim i As Long
  Dim j As Long
  Dim ix As Long
  Dim ws1 As Worksheet
  Dim ws2 As Worksheet
  'シート追加
  Application.DisplayAlerts = False
  For Each ws2 In Worksheets
    If ws2.Name = "練習22_回答" Then
      ws2.Delete
      Exit For
    End If
  Next
  Application.DisplayAlerts = True
  '初期設定
  Set ws1 = Worksheets("練習22")
  Set ws2 = Worksheets.Add(After:=ws1)
  With ws2
    .Name = "練習22_回答"
    .Cells(1, 1) = "伝票番号"
    .Cells(1, 2) = "商品"
    .Cells(1, 3) = "数量"
    .Cells(1, 4) = "単価"
  End With
  ix = 2
  '横→縦
  With ws1
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      j = 2
      Do Until .Cells(i, j) = ""
        ws2.Cells(ix, 1) = .Cells(i, 1)
        ws2.Cells(ix, 2) = .Cells(i, j)
        ws2.Cells(ix, 3) = .Cells(i, j + 1)
        ws2.Cells(ix, 4) = .Cells(i, j + 2)
        ix = ix + 1
        j = j + 3
      Loop
    Next
  End With
End Sub


決して難しい処理ではないし、わりと良くある処理です。

2つのシートを扱うので、各シートの行数を表す変数の管理が重要です。

シートの削除・追加は、定型文として覚えてしまいましょう。





同じテーマ「ExcelマクロVBA練習問題解答」の記事

練習問題23(総合練習5)回答
練習問題24(再帰呼出し)回答
練習問題25(各種VBA関数)回答
練習問題26(全シート処理とハイパーリンク)回答
練習問題27(データ分割し別ブック保存)回答
練習問題28(シートを別ブックにして値のみにする)回答
練習問題29(ロット引き当て)回答

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 練習問題22(総合練習4)回答

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    ↑ PAGE TOP