ExcelマクロVBA練習問題解答 | 練習問題29(ロット引き当て)回答 | Excelマクロ練習問題集、エクセルVBAの学習教材



最終更新日:2017-04-21

練習問題29(ロット引き当て)回答

練習問題29の回答ページです、


問題

入荷後の在庫を、注文にたいして割り振ります。

以下の表をみて下さい。


  A B C D E F G H I J K
1 注文番号 注文数   ロット番号 入荷数 出荷数   注文番号 注文数 ロット番号 出荷数
2 B0001 1100   A0001 200            
3 B0002 900   A0002 180            
4 B0003 1200   A0003 200            
5 B0004 1000   A0004 200            
6       A0005 180            
7       A0006 190            
8       A0007 250            
9       A0008 250            
10       A0009 170            
11       A0010 180            
12       A0011 250            
13       A0012 200            
14       A0013 220            
15       A0014 250            
16       A0015 250            
17       A0016 190            
18       A0017 200            
19       A0018 250            
20       A0019 250            
21       A0020 200            
22       A0021 250            
23       A0022 200            
24       A0023 220            
25       A0024 250            
26       A0025 250            
27                      


この表において、

F列と、H列〜K列を埋めます。

注文数に見合った、入荷数を割り振ります。

本来なら、別々のシートにするところですが、

説明の便宜上とマクロの理解しやすさの点を考慮して、1シートにしています。

結果は以下のようになります。

  A B C D E F G H I J K
1 注文番号 注文数   ロット番号 入荷数 出荷数   注文番号 注文数 ロット番号 出荷数
2 B0001 1100   A0001 200 200   B0001 1100 A0001 200
3 B0002 900   A0002 180 180       A0002 180
4 B0003 1200   A0003 200 200       A0003 200
5 B0004 1000   A0004 200 200       A0004 200
6       A0005 180 180       A0005 180
7       A0006 190 190       A0006 140
8       A0007 250 250   B0002 900 A0006 50
9       A0008 250 250       A0007 250
10       A0009 170 170       A0008 250
11       A0010 180 180       A0009 170
12       A0011 250 250       A0010 180
13       A0012 200 200   B0003 1200 A0011 250
14       A0013 220 220       A0012 200
15       A0014 250 250       A0013 220
16       A0015 250 250       A0014 250
17       A0016 190 190       A0015 250
18       A0017 200 200       A0016 30
19       A0018 250 250   B0004 1000 A0016 160
20       A0019 250 250       A0017 200
21       A0020 200 140       A0018 250
22       A0021 250         A0019 250
23       A0022 200         A0020 140
24       A0023 220            
25       A0024 250            
26       A0025 250            
27                      



まずは、処理内容を理解して下さい。

特に、ロットA0006のように、受注の切り替わり時に注意して下さい。

マクロを書く上で、最も重要なことは処理内容を正確に把握することです。

そして、処理内容を箇条書きで書き出します。

では、お考えください。

すぐに回答を見ずに、必ず自力で書けるとこまででも良いので書きましょう。


・・
・・・
・・・・
・・・・・

当サイトのコンテンツ

ExcelマクロVBA入門

ここで、じっくり勉強して下さい。



・・
・・・
・・・・
・・・・・



では、回答です。

Sub 練習問題29()
  Dim i As Long '注文の行位置
  Dim j As Long '入荷の行位置
  Dim k As Long '出荷の行位置
  Dim cntOrder As Long '注文数の減算用
  Dim cntStock As Long '入荷数の計算用
  Dim cntRemain As Long '入荷数の出荷算
  Range("H1").CurrentRegion.Offset(1).ClearContents
  Intersect(Range("D1").CurrentRegion.Offset(1), Columns(6)).ClearContents
  j = 2
  k = 2
  cntRemain = 0
  '注文番号の全行に対する処理
  For i = 2 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    Cells(k, 8) = Cells(i, 1) '注文番号
    Cells(k, 9) = Cells(i, 2) '注文数
    cntOrder = Cells(i, 2)
    Do Until cntOrder <= 0 Or _
         Cells(j, 4) = ""
      Cells(k, 10) = Cells(j, 4) 'ロット番号
      '出荷残があれば使用、無ければ入荷数
      If cntRemain > 0 Then
        cntStock = cntRemain
      Else
        cntStock = Cells(j, 5)
      End If
      '注文数が入荷数以上かどうかで処理分岐
      If cntOrder >= cntStock Then
        Cells(k, 11) = cntStock '出荷数←入荷数
        Cells(j, 6) = Cells(j, 6) + cntStock '出荷数を加算
        cntOrder = cntOrder - cntStock '注文数-入荷数
        cntRemain = 0 '入荷数を使いきり
        j = j + 1 '次の入荷へ進む
      Else
        Cells(k, 11) = cntOrder '出荷数←注文残
        Cells(j, 6) = Cells(j, 6) + cntOrder '出荷数を加算
        cntRemain = cntRemain - cntOrder '出荷残の算出
        cntOrder = 0 '次の注文に進む為、Until条件を設定
      End If
      k = k + 1
    Loop
  Next
End Sub


今回は、新しいメソッドやプロパティは登場しません。

むしろ、多くの場合、既知の技術で解決できるはずです。

要は、ロジックの組み立て方になります。

当然のことながら、今回の回答も、あくまで例に過ぎず、

これがベストだというわけではありません。

それでも、概ねこのような考え方で処理することになろうとは思います。

Intersect(Range("D1").CurrentRegion.Offset(1), Columns(6)).ClearContents
この部分は、いろいろと書き方がありますね。
Range(Range("F2"), Cells(Rows.Count, 6).End(xlUp).Offset(1)).ClearContents
こんな書き方でも良いです。

コード内にコメントを記していますので、

ステップインで、変数の動きを確認しつつ読み解いて下さい。




同じテーマ「ExcelマクロVBA練習問題解答」の記事

第19回.総合練習問題1回答
第26回.総合練習問題2回答
第30回.総合練習問題3回答
第36回.総合練習問題4回答
第43回.総合練習問題5回答
第50回.総合練習問題6回答
第67回.総合練習問題7回答

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • 練習問題29(ロット引き当て)回答

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP