エクセル入門 | 数式.SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計) | Excelの初心者向け入門解説



最終更新日:2014-11-01

数式.SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)


エクセル入門 > 数式 > SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)


範囲の中で、指定した条件を満たすセルの値を合計します。

または、

範囲の中で、指定した条件を満たすセルに対応する合計範囲のセルの値を合計します。




書式

SUMIF(範囲,検索条件[,合計範囲])

※[]で囲まれている部分は省略可能です。

合計範囲を省略した場合は、範囲のセルが合計されます。


範囲

条件によって評価するセル範囲を指定します。


検索条件

計算の対象となるセルを定義する条件を、数値、式、セル範囲、文字列、または関数で指定します。

※文字列条件、または論理記号や数学記号を含む条件は、二重引用符 (") で囲む必要があります。条件が数値の場合、二重引用符は不要です。

※ワイルドカードが使用できます。


合計範囲

範囲で指定したセル以外のセルを加算する場合は、加算する実際のセルを指定します。

合計範囲を省略すると、範囲で指定したセル(条件が適用されるセル)が加算されます。


使用例

A B
1 りんご 160
2 みかん 120
3 なし 170
4 かき 110
5 りんご 180
6 みかん 130
7 みかん 150
8 なし 190
9 かき 100
10 りんご 140

=SUMIF(A:A,"みかん",B:B)

A列が"みかん"に対応するB列の、B2,B6,B7を合計し400になります。


範囲を限定して

=SUMIF(A1:A10,"みかん",B1:B10)

これでも結果は同じですが、データの増減を考慮して、列で指定した方が良い


=SUMIF(B:B,">=160")

B列が160以上である、B1,B3,B5,B8を合計し700になります。

二重引用符 (") が必要です。

160の数値の代わりにセル値(C1セル)を使用する場合は、

=SUMIF(B:B,">="&C1)

とします。

よくある間違いとして、

=SUMIF(B:B,">=C1")

としてしまう事がありますが、これでは">=C1"という文字列を指定した事になってしまいます。


ワイルドカード

検索条件には、半角の疑問符(?)または半角のアスタリスク(*)をワイルドカード文字として使用できます。

疑問符(?)は任意の1文字を表し、

アスタリスク(*)は任意の文字列(0個または1個以上の文字)を表します。


=SUMIF(A:A,"*ん*",B:B)

A列で"ん"の文字を含む、A1,A2,A5,A6,A7,A10に対応する、

B1,B2,B5,B6,B7,B10の合計し880になります。

"*ん*"と指定すると(○は何らかの文字を表すとして)

○ん○

ん○○

○○ん

のいずれでも対応します。

もし最期が"ん"で終わる場合のみを対象とする場合は、

"*ん"

と指定します、上表の場合は"みかん"のみ対象となります。


応用例

SUMIF関数の良くある間違い

複数条件の合計・件数

ワイルドカードが使える関数


ワークシート関数一覧





同じテーマ「エクセル入門」の記事

数式.COUNT関数(セル値が数値の個数)
数式.COUNTA関数(空白以外のセルの個数)
数式.COUNTIF関数(検索条件に一致するセルの個数)
数式.VLOOKUP関数(範囲の左端列で値検索し対応セル値)
数式.HLOOKUP関数(範囲の上端行で値検索し対応セル値)
数式.AND関数(すべての引数がTRUEのときにTRUE)
数式.OR関数(いずれかの引数がTRUEのときにTRUE)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 数式.SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    ↑ PAGE TOP