エクセル基本操作 | 数値の書式あれこれ | Excelの基本操作についての基礎と応用を入門解説



最終更新日:2014-05-10

数値の書式あれこれ


1.千単位、百万単位
2.不要な0を表示せずに、小数点位置を揃える
3.ユーザー定義書式で条件付き書式を使う
4.Excel2003で、条件によりフォント色を5段階で表示する方法


1.千単位、百万単位

もちろん、1,000、1,000,000で割った数値を入力すればよいのですが、
セルの数値(データ)自体はそのままで、
見た目の表示のみを変更する方法です。
以下、「セルの書式設定」での指定方法です。
千単位
「#,##0,」、0の時に表示しない場合は、「#,###,」、のように最後に","を付けます。

千未満を小数表示する場合は、「#,##0.000,」
百万単位
「#,##0,,」、0の時に表示しない場合は、「#,###,,」、のように最後に",,"を付けます。

2.不要な0を表示せずに、小数点位置を揃える



上のように、不要な0を表示せずに、小数点の位置を揃える場合は、
「##""0.???」
のように、必要な桁数だけ「?」を指定します。

3.ユーザー定義書式で条件付き書式を使う

セルのユーザー定義書式では、条件を指定しない場合は、
「正数;負数;ゼロ;文字列」
となっています、この中では、[色]として、フォント色を指定出来ます。
指定出来る色は、[黒],[青],[水],[緑],[紫],[赤],[白],[黄]、です。

ここで、「[色][条件式1];[色][条件式2];以外の数値;文字列」として、条件を指定出来ます。
例.「[青][>=90]G/標準;[緑][>=80]G/標準」、左の例では、文字列の書式は省略しています。
  この指定で、値が90以上なら青、80以上なら緑、以外なら、標準の色となります。


4.Excel2003で、条件によりフォント色を5段階で表示する方法

3.ユーザー定義書式の条件は3段階しか指定できません。
また、2003では、「条件付き書式」も3通りしか使えません。
そこで、この2つを組み合わせることで、フォント色の5段階で表示を実現します。

まず、セルのユーザー定義書式で、
「[青][>=90]G/標準;[緑][>=80]G/標準;G/標準」

次に、「条件付き書式」で、


これで、5段階の色指定が完成です。
この例では、60以上80未満の「黒」があるので、6段階ということになっとしまいます。

この設定で、
20未満:赤
20〜40未満:ピンク
40〜60未満:黄色
60〜80未満:黒
80〜90未満:緑
90以上:青
となります。




同じテーマ「エクセル基本操作」の記事

関数入力のショートカット
ひらがな⇔カタカナの変換
セルの表示形式のショートカット
可視セルのみコピーする(非表示の行・列を除く)
日付表示の桁位置を揃える
覚えておきたいエクセルの操作:Enter編
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)
表示の固定|Google Apps Script入門(12月24日)
グラフ|Google Apps Script入門(12月21日)
入力規則|Google Apps Script入門(12月13日)
並べ替え|Google Apps Script入門(12月12日)
メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 数値の書式あれこれ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP