エクセル雑感 | IF文の整理と論理的思考 | ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感



最終更新日:2013-02-18

IF文の整理と論理的思考


問題は、


以下のマクロについて、気が付いたことを指摘して下さい。

Sub sample()
  Dim A, B, C

  ・・・処理・・・
  If A = B Then
    If A = C Then
      If B = C Then
        ・・・処理1・・・
      Else
        ・・・処理2・・・
      End If
    Else
      If B = C Then
        ・・・処理3・・・
      Else
        ・・・処理4・・・
      End If
    End If
  Else
    If A = C Then
      If B = C Then
        ・・・処理5・・・
      Else
        ・・・処理6・・・
      End If
    Else
      If B = C Then
        ・・・処理7・・・
      Else
        ・・・処理8・・・
      End If
    End If
  End If
End Sub



1つづつ見てみましょう。


処理1は、A=B かつ A=C かつ B=Cと言う事になりますが、


A=B かつ A=C なら、絶対にB=Cですよね、つまり、最期のB=Cの判定は無意味です。


ということは、処理2は絶対に実行されることはありません。


次に、処理3と処理4の部分ですが、


A=B かつ A<>C なんですよね、と言う事は、絶対に、B<>Cなんですよ。


つまりは、B=Cの判定は無意味で、処理3はありえないということです。


さらに、処理5と処理6の部分ですが、


A<>B かつ A=C なんですよね、と言う事は、絶対に、B<>Cなんですよ。


つまりは、B=Cの判定は無意味で、処理5はありえないということです。


そこで、不要なIF文と処理を消して書き直すと、

Sub sample2()
  Dim A, B, C
  If A = B Then
    If A = C Then
      ・・・処理1・・・
    Else
      ・・・処理4・・・
    End If
  Else
    If A = C Then
      ・・・処理6・・・
    Else
      If B = C Then
        ・・・処理7・・・
      Else
        ・・・処理8・・・
      End If
    End If
  End If
End Sub


と、このようになります。


大分すっきりしました。


でも少し見ずらいですかね、そこで、ElseIf等を使って書き直したりする訳ですが、


その時に、またまた、問題のある記述になっている場合が多く見かけられます。


以下のような書き方です。

Sub sample3()
  Dim A, B, C
  If A = B And A = C Then
    ・・・処理1・・・
  ElseIf A = B And A <> C Then
    ・・・処理4・・・
  ElseIf A <> B And A = C Then
    ・・・処理6・・・
  ElseIf A <> B And A <> C And B = C Then
    ・・・処理7・・・
  ElseIf A <> B And A <> C And B <> C Then
    ・・・処理8・・・
  End If
End Sub


まあ、先のIF文をそのまま書けば、こんなふうになるのは仕方無いのですが・・・


一見、問題なさそうに見えるのですが、これでは無駄が多いんです。


ちょっと考え直してみましょう。


変数A、B、Cが、同じかどうかの判定なんですよね。


どのような組み合わせがあるかなんです。


@A = B = C・・・これは問題なし
AA = B・・・ここが問題、@以外なのだから、結果として、A<>C,B<>C
BB = C・・・同上で、結果として、A<>B,A<>C
CA = C・・・同上で、結果として、A<>B,B<>C

DA<>B<>C・・・これも問題なし

A〜Cが問題なんですね。

@で、A = B = Cの状態判定は終了しているので、

残りは、最低でも、いずれか1つは違う場合なんです。


つまり、@は3つが同じ、

A〜Cは、2つが同じ、組み合わせは3通り

そして、Dで全て違う場合と言う事になります。


これで、書き直すと、

Sub sample4()
  Dim A, B, C
  If A = B And A = C Then
    ・・・処理1・・・
  ElseIf A = B Then
    ・・・処理4・・・
  ElseIf A = C Then
    ・・・処理6・・・
  ElseIf B = C Then
    ・・・処理7・・・
  Else
    ・・・処理8・・・
  End If
End Sub


どうでしょうか、これなら、すっきり、さっぱりしました。


また、Select Case を使って書くと、

Sub sample5()
  Dim A, B, C
  Select Case True
    Case A = B And A = C
      ・・・処理1・・・
    Case A = B
      ・・・処理4・・・
    Case A = C
      ・・・処理6・・・
    Case B = C
      ・・・処理7・・・
    Case Else
      ・・・処理8・・・
  End Select
End Sub


ちなみに私は、多肢選択では、ElseIfは使いません、


Select Case を使うようにしています。



今回は、IF文の整理について書きましたが、


プログラム作成では、このような整理が必要になる事が度々あります。


プログラム作成で最も重要な事は、単純化・細分化できるかだと思っています。


知っているプロパティ・メソッドの数なんかではないはずです。

(もちろん、多く知っているに越したことはありませんが)


プロパティやメソッドは、ネットで検索すれば、山ほど出てきます。


しかし、このような論理的思考については、なかなか、書籍・ネットには書かれていないと思います。


問題を整理し、箇条書きで良いので、それを書き出す。


この練習と訓練でしか、身に着ける事はできません。


まずは、処理内容を箇条書きしてみる、そこから始めましょう。





同じテーマ「エクセル雑感」の記事

エクセルVBAを覚えるには
EXCELマクロを始める時、まず最初にやるべきことは
Excelマクロを書くと言う事は
もしエクセルにマクロ機能がなかったら
物事には守るべき順序があります。エクセルにも順序があります。
Excelマクロ実行時のトラブル対処方法
だまされるな!RangeとCellsの使い分け!

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • IF文の整理と論理的思考

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP