エクセル雑感 | エクセル関連ツイートNo2 | ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感



最終更新日:2014-11-05

エクセル関連ツイートNo2


何を始めるにしても、まずは、それぞれの用語というものは覚える必要があります。これを無視して進んではダメですよ。困った時に調べようとしても、なかなか目的にたどり着けないことになります。基礎をおろそかにしては、結局後で時間を浪費することになります。


よく、マクロをどう書いて良いか分からないと言われます。そういう場合は、大抵はマクロが分からないのではなく、そもそも手動でのやり方を知らないから書けないのです。手操作で出来ないことを、いきなりマクロで書こうとしても無理なのは当然です。エクセルの基本操作の習得が最優先です。


今日偶然見つけたExcel2013の新機能。Ctrlを押しながら同一セルをクリックし続けると、だんだんと背景色が濃くなっていく…数式入力中だと赤や青が濃くなっていき、単に選択しているだけだと黒くなっていく…便利なのか?


今、Excelで何気に操作していて、ひっょとしてこの操作って、あまり知られていないかなーと思った操作がありました。
メールアドレスやURLを入力すると、勝手にハイパーリンクが付きます。

オプションで付かないようにすることもできますが、
私は入力直後に、Ctrl+Zを1回押します。
・入力するとハイパーリンクがつく
・直後にCtrl+Zでハイパーリンクだけが消える
まあ、つまりは、Excel君はこれを2段階で処理しているってことです。
そこで、後からのハイパーリンクの部分だけ元に戻すって感じです。
なので、コピペでいきなりセルそのものに貼り付けてしまうと戻せません。
テキスト等から貼り付ける場合は、セルを編集状態にしてセル内にアドレスを貼り付けてやればこれが使えます。


Excel2013の退化機能
スクロールバーの近くにあった、分割バーが無くなってます。
私は使いませんし、使用はお勧めしませんが、古くからファンがいる機能ですので、戸惑う方もいるかもしれません。
使いたい方は、表示タブにある分割を使用してください。




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

エクセル(関数・マクロ)上達のコツ
エクセルVBAあるある
Excelマクロを書くのに○○力は必用か?
offset 検索ワードで非常に多いので「offsetまとめ」
Excelのリンクの管理について
プログラミングとは
「ネ申Excel」問題 への同意と反論

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

データクレンジングと名寄せ|ExcelマクロVBA技術解説(10月20日)
SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
6.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
7.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • エクセル関連ツイートNo2

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP