ExcelマクロVBA再入門 | 第28回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo4 | マクロが覚えられないという初心者向けに理屈抜きのやさしい解説



最終更新日:2016-03-16

第28回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo4


マクロ再入門の課題として、
月別ブックより部署別シートに担当別に集計する、
部署別のデータに集計する、最も頭を悩ます、少々複雑な処理になります。

全体の処理手順は以下になります。


■処理手順

・ファイル一覧
シート「ファイル一覧」に、
サブフォルダ「月別データ」内の全Excelファイルの一覧を取得

・データ収集
シート「データ」に、
ファイル一覧で取得したExcelファイルの先頭シートのデータ集める。

・部署別作成
シート「データ」より、
部署別のシートに、担当者・年月ごとの集計値を出力する。
方法1
データを、 部署、担当、日付で並べ替える。
データの先頭行から順に処理していき、
部署が変わったらシートを作成
担当が同じ間は集計し、担当が変わったら出力
方法2
データを、 部署、担当、日付で並べ替える。
フィルタの詳細設定を使い、
部署の一覧と、
部署、担当の重複のない一覧を作成
Sumifs関数を使い部署、担当で集計する。
部署の一覧をもとに、シートを作成しながら、
当該部署で、部署、担当で集計した表をフィルタしてからコピーする。


今回は、
・部署別作成

・方法2

この部分の解説になります。

Sub 部署別作成2()
  Dim i As Long
  Dim wsデータ As Worksheet
  Dim ws集計 As Worksheet
  Dim ws部署別 As Worksheet
  Dim wb As Workbook
  
  Set wsデータ = Worksheets("データ")
  Set ws集計 = Worksheets("集計")
  Set ws部署別 = Worksheets("部署別")
  
  With wsデータ
    wsデータ.Range("A1").Sort key1:=wsデータ.Range("B1"), order1:=xlAscending, _
                 key2:=wsデータ.Range("C1"), order2:=xlAscending, _
                 key3:=wsデータ.Range("A1"), order3:=xlAscending, _
                 Header:=xlYes, SortMethod:=xlStroke
    .Columns("D").Insert
    .Range("D1") = "年月"
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      .Cells(i, 4) = Format(.Cells(i, 1), "yyyymm")
    Next
  End With
  With ws集計
    .Cells.Clear
    wsデータ.Columns("B").AdvancedFilter Action:=xlFilterCopy, CopyToRange:=.Range("A1"), Unique:=True
    wsデータ.Columns("B:D").AdvancedFilter Action:=xlFilterCopy, CopyToRange:=.Range("C1"), Unique:=True
    .Range("F1") = "売上数"
    .Range("G1") = "売上金額"
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 3).End(xlUp).Row
      .Cells(i, 6) = WorksheetFunction.SumIfs(wsデータ.Columns(5), _
                          wsデータ.Columns(2), .Cells(i, 3), _
                          wsデータ.Columns(3), .Cells(i, 4), _
                          wsデータ.Columns(4), .Cells(i, 5))
      .Cells(i, 7) = WorksheetFunction.SumIfs(wsデータ.Columns(6), _
                          wsデータ.Columns(2), .Cells(i, 3), _
                          wsデータ.Columns(3), .Cells(i, 4), _
                          wsデータ.Columns(4), .Cells(i, 5))
    Next
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      ws部署別.Range("A1").CurrentRegion.Offset(1).ClearContents
      .Range("C1").AutoFilter field:=1, Criteria1:=.Cells(i, 1)
      .Range("C1").CurrentRegion.Offset(1, 1).Copy Destination:=ws部署別.Range("A2")
      If i = 2 Then
        ws部署別.Copy
        Set wb = ActiveWorkbook
        ActiveSheet.Name = .Cells(i, 1)
      Else
        ws部署別.Copy after:=wb.Worksheets(Worksheets.Count)
        ActiveSheet.Name = .Cells(i, 1)
      End If
    Next
    .AutoFilterMode = False
  End With
  
  Application.DisplayAlerts = False
  wb.SaveAs ThisWorkbook.Path & "\結果2.xlsx"
  wb.Close savechanges:=True
  Application.DisplayAlerts = True
End Sub


少々難解なコードではありますが、方法1よりは理解しやすい内容です。

全体の構成としては、
・部署、担当、日付の昇順で並べ替え
・D列に作業列挿入し、「年月」を作成
・AdvancedFilter(フィルタオプションの設定)で部署のユニーク(一意)なデータを"集計"シートのA列に出力
・AdvancedFilter(フィルタオプションの設定)で部署・担当・年月のユニーク(一意)なデータを"集計"シートのC列以降に出力
・"集計"シートのF列とG列に部署・担当・年月で売上数と売上金額を集計
・"集計"シートのA列2行目から最終行まで処理(A列は部署のユニークなデータ)
 ・"集計"シートのC列以降を、部署でオートフィルタ
 ・"集計"シートをコピーして部署のシートを作成
  2行目の時は、新規ブックにコピー、3行目以降の時は作成済みの新規ブックにコピー
・新規ブックを名前を付けて保存


個別のVBAコードのほとんどは、既に解説しているものばかりですが、
AdvancedFilter(フィルタオプションの設定)
ここが初めての登場です。
フィルタオプションの設定
リボンの「データ」タブ→フィルタ内の「詳細設定」



こちらの機能を使っています。
コードの詳細は、
マクロVBA入門「第90回.フィルタオプションの設定(AdvancedFilter)」
こちらをみて下さい。
手動でも、ちょっと面倒な操作です。
ユニークなデータを出力するシートを選択してから、「フィルタオプションの設定」を起動します。
ついつい元データのシートで、「フィルタオプションの設定」を起動してしまいがちですが、それでは上手くできません。
本来は、手動で出来なければマクロは使わない方が良いのですが、
AdvancedFilterに関しては、このように書けば、ユニークなデータが取得できると割り切っても良いかもしれません。

ステップイン(F8)で、変数の中身を確認しつつ、1ステップごとに確認しながら見ていくようにして下さい。
今回のVBAコードは、まさしく手操作をそのままVBAにしたものです。
作業列の追加、ユニークデータの作成、SumIfsでの集計、オートフィルタでの絞り込み、シートのコピー
マクロを1行動かすごとに、これらが見て取れるはずです。
VBAコードと実際のシートの動きを対比させながら、じっくりと読み解いてください。




同じテーマ「ExcelマクロVBA再入門」の記事

第23回.複数のプロシージャーを連続で動かす(Callステートメント)
第24回.マクロの呪文を追加してボタンに登録(ScreenUpdating)
第25回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo1
第26回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo2
第27回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo3
第29回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo5
第30回.今後の覚えるべきことについて

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo4

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP