Excelマクロの記録で覚えるVBA | 第9回.計算式をコピーする | Excelマクロの自動記録を使って、エクセルVBAの初心者向け入門解説



最終更新日:2013-02-18

第9回.計算式をコピーする


前回作成した100マス計算を、別シートにコピーしてみましょう。


第6回、第7回の内容とほぼ同様になります。



エクセルVBAでは、このシート間のデータコピーが最もよく行われる事の1つであり、


VBAの基本でもあります。


今回は、確認を含めて、さらに1歩進んだ説明をします。



では、さっそく「マクロの記録」からです。


Sheet1全セルをSheet2にコピーします。


最初は、Sheet2が選択された状態から、


1.マクロの記録

2.Sheet1を選択

3.全セルを選択

4.コピー

5.「Sheet2」を選択

6.セルA1を選択

7.貼り付け

8.記録終了


作成されたマクロです。


Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
'

'
  Sheets("Sheet1").Select
  Cells.Select
  Selection.Copy
  Sheets("Sheet2").Select
  Range("A1").Select
  ActiveSheet.Paste
  Range("B2").Select
End Sub


恒例の消しこみです。


Sub Macro1()

  Sheets("Sheet1").Cells.Copy
  Sheets("Sheet2").Select
  Range("A1").Select
  ActiveSheet.Paste
End Sub


ここまでは良いですね。


全セルの指定が、Cellsである事くらいでしょうか。


この場合は、Rangeではないのです、Cellsで、()の指定をしません。


この結果は、Sheet1とSheet2は同じ内容になります。



では、計算式はコピーせずに、計算結果のみコピーするには、どうすれば良いでしょうか。


そうですね、値のコピーをすれば良いです。


でも、書式はコピーしたいので、計算式が入っている部分のみ値をコピーしましょう。


これは、マクロの記録をしなくても、良いですね。


第6回で既に作成したマクロの、コピー範囲だけ直せば完成します。


Sub Macro2()
  Sheets("Sheet1").Range("B2:K11").Copy
  Sheets("Sheet2").Range("B2").PasteSpecial _
    Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
End Sub


太字の部分が、前回作成したマクロとの違いです。


Rangeの範囲だけの違いです。


以上の2つのマクロを実行すると、書式が全て同じで、


計算式の入っているセルのみ、直接値の入ったシートが作成されました。



では、この値のコピーを、「.COPY」を使わずにコピーしてみましょう。


これも既に、作成済みのマクロの、セル範囲の変更になります。


Sub Macro4()
  Dim i
  Dim j
  i = 2
  Do While i <= 11
    j = 2
    Do While j <= 11
     Sheets("Sheet2").Cells(i, j).Value = Sheets("Sheet1").Cells(i, j).Value
     j = j + 1
    Loop
    i = i + 1
  Loop
End Sub


太字の部分に注意して下さい。


以前は、1〜10のループでしたが、


今回は、2〜11のループになっています。


1〜10のループで記述すれば、


Sub Macro4()
  Dim i
  Dim j
  i = 1

  Do While i <= 10
    j = 1
    Do While j <= 10
     Sheets("Sheet2").Cells(i + 1, j + 1).Value = Sheets("Sheet1").Cells(i + 1, j + 1).Value
     j = j + 1
    Loop
    i = i + 1
  Loop
End Sub


太字の部分の違いになります。


この2つは、どちらでも、好みで使い分ければ良いでしょう。


ループする回数を基準に考えるか、セルの行列位置を基準に考えるかの違いです。



では、さらに、「.COPY」を使わずに、計算式をコピーする場合は、どうしたら良いでしょう。


計算式をR1C1形式で入れる場合は、


FormulaR1C1


を使用することを説明しました。


Value


の代わりに、これを指定すれば良いのです。


Sheets("Sheet2").Cells(i, j).FormulaR1C1 = Sheets("Sheet1").Cells(i, j).FormulaR1C1


これで、計算式がコピーされます。


実際にマクロを実行して、動作を確認して下さい。


セルのコピー、値のコピーは覚えられたでしょうか。


これが出来ないと、VBAが始まりませんので、しっかり覚えて下さい。


次回は、VBAで計算した結果を、セルに入れてみましょう。






同じテーマ「Excelマクロの記録で覚えるVBA」の記事

第10回.計算結果を入れる
第11回.イミディエイトで値の確認
第12回.セルに色を塗る
第13回.罫線を引く
第14回.行列を入れ替えて貼り付け
第15回.いろいろな消去
第16回.行の挿入・削除

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 計算式をコピーする

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP