Excelマクロの記録で覚えるVBA | 第16回.行の挿入・削除 | Excelマクロの自動記録を使って、エクセルVBAの初心者向け入門解説



最終更新日:2014-12-01

第16回.行の挿入・削除


行の挿入と、行の削除をやってみましょう、


では、マクロの記録です。



1.マクロの記録

2.1行目を選択

3.「挿入」・・・Ctrl + Shift + +

4.A列を選択

5.「挿入」・・・Ctrl + Shift + +

6.1行目を選択

7.「削除」・・・Ctrl + Shift + -

8.A列を選択

9.「削除」・・・Ctrl + Shift + -

10.記録終了


作成れたマクロは、


Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
'

'
  Rows("1:1").Select
  Selection.Insert Shift:=xlDown, CopyOrigin:=xlFormatFromLeftOrAbove
  Columns("A:A").Select
  Selection.Insert Shift:=xlToRight, CopyOrigin:=xlFormatFromLeftOrAbove
  Rows("1:1").Select
  Selection.Delete Shift:=xlUp
  Columns("A:A").Select
  Selection.Delete Shift:=xlToLeft
End Sub


見ずらいので、まずは消し込み


SelectとSelectionの消し込みは良いですね。


Sub Macro1()
  Rows("1:1").Insert Shift:=xlDown, CopyOrigin:=xlFormatFromLeftOrAbove
  Columns("A:A").Insert Shift:=xlToRight, CopyOrigin:=xlFormatFromLeftOrAbove
  Rows("1:1").Delete Shift:=xlUp
  Columns("A:A").Delete Shift:=xlToLeft
End Sub


Rows("1:1")

これは、行全体の選択になります。

Rows("1:3")とすれば、1〜3行の選択になります。


Columns("A:A")

列全体の選択になります。

Columns("A:C")とすれば、A〜C列の選択になります。


Insert

挿入になります。

行挿入も、列挿入も、このInsertになります。


Shift:=xlDown

Shift:=xlToRight
挿入行・列以降の移動方向です。

ここでは、

行挿入は、xlDownで下

列挿入は、xlToRightで右


CopyOrigin:=xlFormatFromLeftOrAbove
挿入した行・列に適用する書式のコピー元を指定します。

この指定は、左の列、まくたは、上の行ということです。

右の列、または、下の行の場合は、xlFormatFromRightOrBelow

勝利ゃした場合は、xlFormatFromLeftOrAboveになります。


Delete

行削除も、列削除も、このDeleteになります。


Shift:=xlUp
Shift:=xlToLeft
挿削除・列削除の移動方向です。

ここでは、

行削除は、xlUpで上

列削除は、xlToLeftで左



上のプログラム、よく考えると無駄が多いですよね。


行の挿入したら、それ以降は下に移動するに決まっているし、


行削除すれば、上に移動すねに決まっていますから。


そうです、これらの指定は不要です。


つまり、


Sub Macro1()
  Rows("1:1").Insert

  Columns("A:A").Insert

  Rows("1:1").Delete

  Columns("A:A").Delete

End Sub


.Insert、.Delete


これだけで良いのです、簡単ですね。


マクロでは、使う頻度が高いので、ぜひ覚えて下さい。





同じテーマ「Excelマクロの記録で覚えるVBA」の記事

第17回.並べ替え
第18回.オートフィルタ
第19回.オートフィルタ2
第20回.ジャンプのセル選択
第21回.条件付き書式
第22回.シートの移動コピー
第23回.セルの結合

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • 行の挿入・削除

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP