Excelユーザーフォーム入門 | 第2回.フォームのプロパティ | Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説



最終更新日:2013-02-18

第2回.フォームのプロパティ


プロパティはたくさんありますね。




これ全部理解するのは大変です、

いずれは、全て理解するに越したことはないですが、

とりあえず、必要最低限のプロパティだけは把握しておきましょう。

プロパティ 説明
ActiveControl コンテナ コントロール上のアクティブ コントロールを取得または設定します。
BackColor 背景色を設定することができます。
BorderColor BorderStyleが1の時、枠の色を設定することができます。
BorderStyle フォームの枠に線を引くか引かないかの設定ができます。
Caption タイトルバーに表示される文字列の設定ができます。
Controls フォーム上に配置されたコントロールのコレクションを取得することが出来ます。
Enabled Trueで通常の表示と操作ができます、Falseでイベントが応答しなくなります。
Font フォーム上に配置されているコントロールの標準フォントを設定します。
ForeColor フォーム上に配置されているコントロールの標準の前景色を設定します。
Height フォームの高さの設定をすることができます。
Left StartupPositionが0(手動)のとき、ユーザーフォームが表示される水平位置を設定できます。
SpecialEffect フォームの枠のスタイルを設定することができます。
StartupPosition フォームが表示される時の位置を設定することができます。
Tag ユーザーが任意の値を設定することができます。
Top StartupPositionが0(手動)のとき、ユーザーフォームが表示される垂直位置を設定できます。
Visible フォームの表示/非表示の状態を取得します。
Width フォームの幅を設定することができます。
Zoom フォームの表示する時に拡大率を設定することができます。

とりあえず、このくらいを押さえておけば良いでしょう。

例えば、フォームのサイズはドラッグで変更できますが、

ドラッグでは、大雑把なサイズでしか設定できません、なかなかマウスでは細かい設定は無理ですよね。

そういう場合は、プロパティの数値を変更することで、正確なサイズを指定できます。

HeightWidthになります、ここに数値を指定しましょう。





同じテーマ「Excelユーザーフォーム入門」の記事

第3回.コントロールの追加(コマンドボタン)
第4回.コントロールの位置・サイズ調整
第5回.ラベルの追加
第6回.テキストボックス(TextBox)の追加
第7回.テキストボックス(TextBox)の値をセルへ
第8回.セルの値をテキストボックスへ
第9回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しT

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)
表示の固定|Google Apps Script入門(12月24日)
グラフ|Google Apps Script入門(12月21日)
入力規則|Google Apps Script入門(12月13日)
並べ替え|Google Apps Script入門(12月12日)
メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • フォームのプロパティ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP