Excelユーザーフォーム入門 | 第8回.セルの値をテキストボックスへ | Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説



最終更新日:2013-02-18

第8回.セルの値をテキストボックスへ


今回は、シートの実行ボタンを押下したら、

アクティブセルの行の値をフォームに表示してみましょう。

フォームのコードを表示しましょう。


右クリックします。



フォーム上で右クリックでも良いです。

また、

「表示」→「コード」・・・ショートカットはF7です。

では、ここで、フォームのInitializeイベントを追加します。

このUserFormをクリックすると、

Private Sub UserForm_Click()

End Sub

勝手にClickイベントが追加されます。

目的のInitializeイベントではないですね、



これで、Initializeイベントが追加されます。

Private Sub UserForm_Initialize()

End Sub

UserForm_Clickは不要なので、削除しておきましょう。

では、このUserForm_Initializeを以下のように変更して下さい。

Private Sub UserForm_Initialize()
  Dim i As Long
  With Worksheets("顧客マスタ")
    i = ActiveCell.Row
    Me.txtコード.Text = .Cells(i, 1)
    Me.txt漢字名称.Text = .Cells(i, 2)
    Me.txtカナ名称.Text = .Cells(i, 3)
  End With
End Sub

これで、アクティブセルの行の内容がフォームに表示されたはずです。

前回作成した、

Private Sub btnOk_Click()
  Dim lastRow As Long
  With Worksheets("顧客マスタ")
    lastRow = .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row + 1
    .Cells(lastRow, 1) = Me.txtコード.Text
    .Cells(lastRow, 2) = Me.txt漢字名称.Text
    .Cells(lastRow, 3) = Me.txtカナ名称.Text
  End With
  Unload Me
End Sub


この代入方向を逆にしただけですね。


ここまでが、ユーザーフォームの基本になります。

後は、いろいろなコントロールの使い方を覚えれば良いです。

しかし、ActiveCell.Rowをフォーム側で使うのは、どうもスマートではないです。

なんとなく、いやな感じがします。

こういう特殊なオブジェクトはなるべく使わないようにコーディングしたいところです。

次回以降は、他のコントロールに入る前に、

フォームモジュール、標準モジュール、シートモジュール、

それぞれの間でのデータの共有方法、データの受け渡し方法をやります。

書籍やネットでは、なかなか書いてない方法も含めて、かなり高度な使い方まで踏み込みます。

ここを覚えてしまえば、各コントロールの使い方なんて、大した問題ではありません。





同じテーマ「Excelユーザーフォーム入門」の記事

第9回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しT
第10回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しU
第11回.コンボボックス(ComboBox)の追加
第12回.リストボックス(ListBox)の追加
第13回.チェックボックス(CheckBox)の追加
第14回.オプションボタン(OptionButton)の追加
第15回.ここまでの整理

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • セルの値をテキストボックスへ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP