Excelユーザーフォーム入門 | 第15回.ここまでの整理 | Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説



最終更新日:2013-02-18

第15回.ここまでの整理


一旦、ここまでの復習を兼ねて、プログラムの整理をします。

ついでに、シートの当該行のダブルクリックでフォームが開くようにします。


Worksheets("顧客マスタ")


シートモジュール

Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
  If frmSample.doModal(ActiveCell.Row) = True Then
    MsgBox "「OK」が押されました。"
  Else
    MsgBox "「閉じる」が押されました。"
  End If
  Cancel = True
End Sub


標準モジュール

Sub FormShow()
  If frmSample.doModal(ActiveCell.Row) = True Then
    MsgBox "「OK」が押されました。"
  Else
    MsgBox "「閉じる」が押されました。"
  End If
  Unload frmSample
End Sub

この「FormShow」を実行ボタンに登録します。

frmSample


フォームモジュール

Option Explicit

Private ActiveRow As Long
Private blnOk As Boolean

Public Function doModal(ByVal argRow As Long) As Boolean
  Dim i As Integer
  ActiveRow = argRow
  With Worksheets("顧客マスタ")
    If .Cells(ActiveRow, 1) = "休止" Then
      Me.chk休止.Value = True
    Else
      Me.chk休止.Value = False
    End If
    Me.txtコード.Text = .Cells(ActiveRow, 2)
    Me.txt漢字名称.Text = .Cells(ActiveRow, 3)
    Me.txtカナ名称.Text = .Cells(ActiveRow, 4)
    For i = 0 To Me.cmb区分.ListCount - 1
      If Me.cmb区分.List(i) = .Cells(ActiveRow, 5) Then
        Me.cmb区分.ListIndex = i
        Exit For
      End If
    Next
    For i = 0 To Me.lst都道府県.ListCount - 1
      If Me.lst都道府県.List(i) = .Cells(ActiveRow, 6) Then
        Me.lst都道府県.Selected(i) = True
        Exit For
      End If
    Next
    If .Cells(ActiveRow, 8) = "個人" Then
      Me.opt個人.Value = True
    Else
      Me.opt企業.Value = True
    End If
  End With
  blnOk = False
  Me.Show
  doModal = blnOk
End Function

Private Sub UserForm_Initialize()
  Me.cmb区分.AddItem "Aランク"
  Me.cmb区分.AddItem "Bランク"
  Me.cmb区分.AddItem "Cランク"
  With Me.lst都道府県
    .ColumnCount = 2
    .ColumnWidths = "30;80"
    .ColumnHeads = True
    .RowSource = Worksheets("都道府県マスタ").Range("A2:B48").Address(External:=True)
  End With
  Me.chk休止.Value = False
  Me.opt企業.Value = True
End Sub

Private Sub btnOk_Click()
  With Worksheets("顧客マスタ")
    If Me.chk休止.Value = True Then
      .Cells(ActiveRow, 1) = "休止"
    Else
      .Cells(ActiveRow, 1) = ""
    End If
    .Cells(ActiveRow, 2) = Me.txtコード.Text
    .Cells(ActiveRow, 3) = Me.txt漢字名称.Text
    .Cells(ActiveRow, 4) = Me.txtカナ名称.Text
    .Cells(ActiveRow, 5) = Me.cmb区分.Text
    .Cells(ActiveRow, 6) = Me.lst都道府県.List(Me.lst都道府県.ListIndex, 0)
    .Cells(ActiveRow, 7) = Me.lst都道府県.List(Me.lst都道府県.ListIndex, 1)
    Select Case True
      Case Me.opt企業.Value
        .Cells(ActiveRow, 8) = "企業"
      Case Me.opt個人.Value
        .Cells(ActiveRow, 8) = "個人"
      Case Else
        .Cells(ActiveRow, 8) = ""
    End Select
  End With
  blnOk = True
  Me.Hide
End Sub

Private Sub btnCancel_Click()
  blnOk = False
  Me.Hide
End Sub


以上が、ここまでの完成形です。

入力内容のチェックやエラー処理は、ほとんど入れてありません。

全体の動作を確認する為に不要なコードは入れないようにしています。

まずは、全体の動きを理解することが肝要です。

次回以降は、各種イベントを使用して、いろいろな機能を組み込んでみます。





同じテーマ「Excelユーザーフォーム入門」の記事

第16回.アクティブコントロールに色を付ける
第17回.Enterキーで次のコントロールに移動する
第18回.2段階コンボボックス
第19回.テキストボックス数値編集
第1回.ユーザーフォームを挿入
第2回.フォームのプロパティ
第3回.コントロールの追加(コマンドボタン)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

↑ PAGE TOP