Excelユーザーフォーム入門 | 第19回.テキストボックス数値編集 | Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説



最終更新日:2013-02-18

第19回.テキストボックス数値編集


数値専用のテキストボックスの作成です。

まずは、以下のように金額のテキストボックスを追加します。




オブジェクト名は、txt金額とします。

Private Sub txt金額_KeyDown(ByVal KeyCode As MSForms.ReturnInteger, ByVal Shift As Integer)
  Select Case KeyCode
    Case vbKeyReturn, vbKeyBack, vbKeyDelete, vbKeyTab
    Case vbKey0, vbKey1, vbKey2, vbKey3, vbKey4, vbKey5, vbKey6, vbKey7, vbKey8, vbKey9
    Case vbKeyNumpad0, vbKeyNumpad1, vbKeyNumpad2, vbKeyNumpad3, vbKeyNumpad4, vbKeyNumpad5, vbKeyNumpad6, vbKeyNumpad7, vbKeyNumpad8, vbKeyNumpad9
    Case vbKeyLeft, vbKeyUp, vbKeyRight, vbKeyDown
    Case 188 '「,」カンマ
    Case Else
      KeyCode = 0
  End Select
End Sub

数字のみ入力可能なテキストボックスになります。

数字以外では、EnterキーやBackSpaceキー、そしてカンマ等々を入力できるようにしておきます。

数字キーは、

vbKey0〜vbKey9と、vbKeyNumpad0〜vbKeyNumpad9

この両方を入れるのを忘れないようにして下さい。

vbKeyNumpadは、テンキーからの入力になります。


次に、

カンマ編集
です。

まずは、テキストボックスに入った時点では、カンマを削除した状態にして、

テキストボックスを抜けた時にカンマ編集してみましょう。

Private Sub txt金額_Enter()
  Call setColor(Me.txt金額)
  If IsNumeric(Me.txt金額.Text) Then
    Me.txt金額.Text = Format(Me.txt金額.Text, "0")
  End If
End Sub

Private Sub txt金額_Exit(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)
  If Me.txt金額.Text = "" Then
    Exit Sub
  End If
  If IsNumeric(Me.txt金額.Text) Then
    Me.txt金額.Text = Format(Me.txt金額.Text, "#,##0")
  Else
    MsgBox "数値を入力して下さい。"
    Cancel = True
  End If
End Sub

Exitイベントでは、数値以外の場合は、抜けないようにしています。

Cancel = True

これで、テキストボックスを抜けないようにしています。

If Me.txt金額.Text = "" Then
  Exit Sub
End If

これが無いと、何も入力していない状態でもテキストボックスを出られなくなってしまいます。

入力必須項目であっても、ここは一旦は、未入力を許可しておい方が使い勝手が良いでしょう。

必須入力のチェックは、OKボタンが押された時点でチェックするようにすれば良いです。


別の方法で、数字を入力している途中で、カンマを自動挿入してみましょう。

電卓の数値入力のような感じになります。

Private Sub txt金額_Change()
  If IsNumeric(Me.txt金額.Text) Then
    Me.txt金額.Text = Format(Me.txt金額.Text, "#,##0")
  End If
End Sub

これで、数値を入力していくと、3桁ごとに自動でカンマが付くようになります。

ここは、好みで使い分ければ良いと思います。





同じテーマ「Excelユーザーフォーム入門」の記事

第20回.テキストボックスの各種イベント
第1回.ユーザーフォームを挿入
第2回.フォームのプロパティ
第3回.コントロールの追加(コマンドボタン)
第4回.コントロールの位置・サイズ調整
第5回.ラベルの追加
第6回.テキストボックス(TextBox)の追加

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • テキストボックス数値編集

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    ↑ PAGE TOP