ExcelマクロVBA技術解説 | VBAでのInternetExplorer自動操作 | Excelマクロの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2013-02-18

VBAでのInternetExplorer自動操作


VBAでInternetExplorerを操作したくなることがあります。


Webのデータを取得したり、リンクをクリックしたりと、


これらを自動で行う事が出来ます。



使うのは、


InternetExplorer


というオブジェクトです。


Dim objIE As Object
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")


このように書きます。


出来れば、参照設定で、


「Microsoft Internet Controls」を参照設定すると、


Dim objIE As New InternetExplorer


このように書く事が出来ます。


後者の書き方なら、インテリセンス(自動補完)が働くので


コーディングが楽になります。


objIE.navigate "http://で始まるURL"


これで、InternetExplorerで、指定のページを開く事ができます。


InternetExplorerを非表示のまま操作する場合は、


objIE.Visible = False


とします。


そして、終了する時は、


objIE.Quit
Set objIE = Nothing


一応、お決まり通りに、Nothingにしましょう。


これだけでは、Webページを開くだけで、


実際には、HTMLを解析して、いろいろと操作する事になります。


それは、またの機会に。





同じテーマ「ExcelマクロVBA技術解説」の記事

Dictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について
Dictionary(ディクショナリー)のパフォーマンスについて
VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
VBAでメール送信する(CDO:Microsoft Collaboration Data Objects)
VBAでのOutlook自動操作
ADO(ActiveX Data Objects)の使い方の要点

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)
表示の固定|Google Apps Script入門(12月24日)
グラフ|Google Apps Script入門(12月21日)
入力規則|Google Apps Script入門(12月13日)
並べ替え|Google Apps Script入門(12月12日)
メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • VBAでのInternetExplorer自動操作

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP