ExcelマクロVBA技術解説 | 再帰呼出しについて(再帰プロシージャー) | Excelマクロの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2013-09-05

再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)


再帰プロシージャとは、自分自身を呼び出すプロシージャです。

プロシージャが、そのプロシージャ内で自分自身を呼び出すような処理を再帰呼び出しと呼びます。


自分自身を呼び出し、終了条件を満たすまで、意図的に無限ループさせます。

再帰呼出を実装したプロシージャーは再帰プロシージャーと呼びます。


指定数値の階乗を求める再帰プロシージャー

Sub sample()
  MsgBox sample_sub(5)
End Sub
Function sample_sub(ByVal n As Integer)
  If n <= 1 Then
    sample_sub = 1 'ここで再帰処理は終了します。
  Else
    sample_sub = n * sample_sub(n - 1) 'ここで自分自身を呼び出しています。
  End If
End Function


上の例では、5の階乗、つまり、120がメッセージボックスに表示されます。

ステップ実行(F8)で、1行ずつ確認しながら、nの変化を確認して下さい。

sample_sub = n * sample_sub(n - 1)

これが実行されると、再び、

Function sample_sub(ByVal n As Integer)

ここに入ってくることが確認できます。

そして、

sample_sub = 1

この後は、

End Function

が繰り返されることが分かる筈です。


再帰プロシージャでの考慮すべき事項

制限条件の確認
再帰プロシージャでは、再帰を終了する条件を最低 1 つテストする必要があります。
また、妥当な回数の再帰呼び出しを行ってもこの条件が満たされない場合の処理も必要です。
必ず満たされる条件を最低 1 つ用意しないと、プロシージャが無限ループに陥る可能性が高くなります。
再帰プロシージャを作成した場合、最低 1 つの制限条件を満たしていることを必ずテストする必要があります。
また、再帰呼び出しが多すぎるためにメモリを使い果たすことがないことを確認する必要があります。

メモリ使用状況
アプリケーションがローカル変数に使用できる領域は限られています。
プロシージャが自分自身を呼び出す際、ローカル変数のコピーが毎回作成され、領域を消費します。
このプロセスがいつまでも続くと、最終的には StackOverflowException エラーが発生します。

かっこ()を使った呼び出しをする
Function プロシージャを再帰的に呼び出すときには、引数リストがない場合でも、プロシージャ名の後にかっこを付ける必要があります。
そうしないと、関数名が関数の戻り値を表していると見なされてしまいます。


エクセルでファイル一覧を作成

ここでは、再帰呼出しを使い、FileSystemObjectで全サブフォルダのファイル一覧を取得しています。

サブフォルダの階層は際限がない為、一般的なループでは処理が難しいのですが、

再帰呼出しを使う事で、短いVBAコードで実現する事が出来ます。

再帰呼出しとFileSystemObjectが出てくるのは、6からですが、Dir関数と合わせて、一度は目を通しておくと良いでしょう。




同じテーマ「ExcelマクロVBA技術解説」の記事

リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示
Excelのバージョンを判断して「名前を付けて保存」
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)
入力規則のドロップダウンが消えてしまうマクロ(Shapes内のDrop Down)
フォルダー・ファイル(ブック)・シートの文字制限
Excel2013におけるScreenUpdatingの問題点
オートフィルタ(AutoFilter)の使い方まとめ

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    ↑ PAGE TOP