ExcelマクロVBA技術解説 | ユーザー定義関数の作り方 | Excelマクロの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2013-06-11

ユーザー定義関数の作り方


マクロを作成して、ボタンで一括処理・・・それほどではないが、関数だけではちょっと大変、

そんな時は、ユーザー定義関数を使ってみましょう。

作り方は簡単です。


Function UserFunc(a As Variant, b As Variant) As Variant

  UserFunc = a + b
End Function


上記は、引数を足し算して返すユーザー定義関数です。

Function UserFunc

Function

これは決まり文句です。

UserFunc

これが関数の名前になります、好きな名前を付けられます。

日本語もOK。

ただし、エクセルの組み込み関数と同じ名前はダメですよ。

この関数が返す値の型を

as Variant


で定義します。

最初はとりあえず、Variantで良いです。

(a As Variant, b As Variant)

引数になります。

必要な個数だけ定義します。

型指定は内容に応じてと言う事になりますが、ほとんどの場合、セル参照になると思いますので、

型は省略(Variant)して良いでしょう。

UserFunc = a + b

関数の名前に、値を入れる事で、この関数の戻り値となります。

この部分に、必要な処理を記述します。

もちろん、全てのVBAのコードが使用可能です。


この関数の使い方

他の組み込み関数と同じです。

セルに、

=UserFunc(セル参照, セル参照)

これで使えます。

また、関数の挿入(Shift + F3)では、

「関数の分類」「ユーザー定義」に追加されます。

ここから選択することも可能です。

そして、当然、数式パレット(引数入力用のダイアログ画面)も表示されます。

IF文のネストが多くなり、もう何が何だか分からなくなってしまった等の時は、

このユーザー定義関数を作ると、ずっとすっきりしたエクセルになります。

まだ、使ったことのない人は、ぜひ一度お試しください。




同じテーマ「ExcelマクロVBA技術解説」の記事

セルの値について(Value,Value2,Text)
文字列でのセル参照と文字列の計算式について(Evaluate,INDIRECT)
文字列置換の基本と応用(Replace)
空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)
実行時にトラップ可能なエラー番号一覧
論理積(And)論理和(Or)と真(True)偽(False)の判定
VBAにおける括弧()の使い方

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • ユーザー定義関数の作り方

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP