ExcelマクロVBA技術解説 | Excel2013におけるScreenUpdatingの問題点 | Excelマクロの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2015-01-23

Excel2013におけるScreenUpdatingの問題点

今現在、Excelの最新バージョンであるExcel2013ですが、
Application.ScreenUpdating
の動作が、それまでとは違ったものになっています。

Microsoftサポートにも掲載されています。

Excel 2013 で複数のブックを開き Appliction.ScreenUpdating プロパティ使用中にアクティブ ブックが切り替わるとウィンドウが点滅しデスクトップが見えることがある

つまりは、複数ブックを開いて、ウインドウが切り替わるときは、
Application.ScreenUpdating = False
を入れていても、画面がチラつくというものです。

対策としてまず考えられるのが、
DoEvents
を入れる事になりますし、上記でも対策として書かれています。
が、しかし、上手くいくときもあるようですが、ほとんどの場合はダメですね。
そもそも、
ThisWorkbook.Activate
とかで、ウインドウが正しく切り変わりません。
個別の対応方法はあったとしても、こうすれば良いというものが存在していないようです。
少なくとも、私のテストでは統一的な解決策は見つけられませんでした。

結論を言うと、諦めましょうということになります。

どうしても、チラつくのが嫌だということなら、
Application.WindowState = xlMinimized
で最小化してしまうとかの方が早いと思います。
もしくは、
New Excel.Application
で新規インスタンスを生成して、そこに別ブックを読み込むとかでしょうか。
しかし、余程の事情がない限り、あまり余計なことをしない方が良いでしょうね、
逆にドツボにはまる可能性もありますから。

できれば、Microsoftが変更してくれることを願いますが、
先のページの文章を見る限り、これは仕様なのでしようがないということらしいです。




同じテーマ「ExcelマクロVBA技術解説」の記事

オートフィルタ(AutoFilter)の使い方まとめ
文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)
ドキュメントの作成者を取得(GetObject,BuiltinDocumentProperties)
複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)
条件付きコンパイル(32ビット64ビットの互換性)
Application.Goto使用時の注意
ExecuteExcel4Macroについて

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • Excel2013におけるScreenUpdatingの問題点

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP