ExcelマクロVBA技術解説 | 文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime) | Excelマクロの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2015-04-16

文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)


文字列変数の中にプロシージャー名が入っていて、そのプロシージャーを起動したい場合になります、
実際には、そのような構造が良いとは思えませんが、知っていればプログラミングの幅が広がります。

使うのは、OnTimeメソッド or Runメソッドになります。

それぞれのメソッドについては以下を参照してください。
第120回.OnTimeメソッド
第127回.他のブックのマクロを実行(Runメソッド)


Runメソッド
Application.Run "subProc"


本来は、他のブックのプロシージャーを起動する場合に使う事が普通なのですが、
当然ながら、自身内のプロシージャーも起動できます。
引数を指定する場合は、

Application.Run "subProc", "引数1", "引数2"


このようになります。


OnTimeメソッド

Application.OnTime Now(), "subProc"


引数が必要な場合は、指定方法が少し面倒です。

Application.OnTime Now(), "'subProc ""引数1""'"
Application.OnTime Now(), "'subProc ""引数1"",""引数2""'"


全体を'(シングルクォーテーション、アポストロフィ)で囲み、
引数を""(ダブルクォーテーション2つ、"の中に"を入れる場合は2連続にします)で囲みます。
複数の引数は、,(カンマ)で区切ります。

また、実務的には、
Application.OnTime Now() + TimeSerial(0, 0, 0)
としておくと、後でメンテしやすい場合あるかと思います。
少し時間差で起動させたくなったら、
Application.OnTime Now() + TimeSerial(0, 0, 1)
というように出来ますので。

この引数の指定方法は、
Application.Run
でも同様の指定が可能です。

Application.Run "'subProc ""引数1""'"
Application.Run "'subProc ""引数1"",""引数2""'"


さらに、
OnActionプロパティ(CommandBarやShape)
でも、引数を指定する場合は同様の指定になります。




同じテーマ「ExcelマクロVBA技術解説」の記事

ドキュメントの作成者を取得(GetObject,BuiltinDocumentProperties)
複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)
条件付きコンパイル(32ビット64ビットの互換性)
Application.Goto使用時の注意
ExecuteExcel4Macroについて
再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)
リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • 文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP