ExcelマクロVBAサンプル集 | ADOでマスタ更新(SQL) | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2016-09-08

ADOでマスタ更新(SQL)


VBAでADOを使用し、マスターデータを更新します。

ADOではSQL文が必要になりますが、

ここではSQL文の詳細については説明を料略します。


自身のブックの、他シートを更新します。

シート「顧客マスタ」の、A列が顧客番号、B列が顧客名で、1行目が見出しになっているものとします。

Sub sample1()
  Dim objCn As New ADODB.Connection
  Dim strSQL As String

  With objCn
    .Provider = "Microsoft.Jet.OLEDB.4.0"
    .Properties("Extended Properties") = "Excel 8.0"
    .Open ThisWorkbook.Path & "\" & ThisWorkbook.Name
  End With
  
  strSQL = ""
  strSQL = strSQL & " UPDATE [顧客マスタ2$]"
  strSQL = strSQL & " SET"
  strSQL = strSQL & " 顧客名 = 'お名前'"
  strSQL = strSQL & " WHERE"
  strSQL = strSQL & " 顧客番号 = 12345"
  
  objCn.Execute (strSQL)
  
  objCn.Close
  Set objCn = Nothing
End Sub

※「参照設定」で「Microsoft ActiveX Data Objects 2.X Library」を追加して下さい。

※Excel2007以降
.Provider = "Microsoft.ACE.OLEDB.12.0"
.Properties("Extended Properties") = "Excel 12.0"

こちらを使用してください。


SQL文は、UPDATEになります。

SET 顧客名 = 'お名前'

顧客名のフィールドを、"お名前'"で更新します。

文字定数は、「'」シングルクォーテーションで囲みます。

WHERE 顧客番号 = 12345

これで対象のレコードを指定しています。

しかし、単に同一ブックなら、以下の方が、はるかに簡単で、処理速度も速いです。

Sub sample2()
  Dim i As Long
  On Error Resume Next
  i = Application.WorksheetFunction.Match(12345, Range("A:A"), 0)
  If i > 0 Then
    Cells(i, 2) = "お名前"
  End If
  On Error GoTo 0
End Sub


または、Findメソッドを使うかでしょう。

エラー処理等は、適時対応して下さい。

普通は、これで良いですね。


ただ、これが他の開いていないブックだと、話が変わってくるでしょう。

その場合には、ADOでの更新も選択肢にはいってくると思います。

.Open ThisWorkbook.Path & "\" & ThisWorkbook.Name

この部分に、他の更新対象のブックのフルパスを指定すれば、それで更新できてしまいます。




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

ADOでCSVの読み込み(SQL)
Excelファイルを開かずにシート名を取得
Excelファイルを開かずにシート名をチェック
CSVの読み込み方法(改)
CSVの読み込み方法(改の改)
CSVの出力(書き出し)方法
UTF-8でCSVの読み書き(ADODB.Stream)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

大量VlookupをVBAで高速に処理する方法について|ExcelマクロVBA技術解説(12月12日)
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう|ExcelマクロVBAサンプル集(11月26日)
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら|ExcelマクロVBA技術解説(11月21日)
データクレンジングと名寄せ|ExcelマクロVBA技術解説(10月20日)
SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い分け方|ExcelマクロVBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
6.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • ADOでマスタ更新(SQL)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP