ExcelマクロVBAサンプル集 | 複数シートの印刷(PrintOut) | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-05-14

複数シートの印刷(PrintOut)


複数シートの印刷方法です。


シートは、ワークシートが「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」があり、その他で、グラフシートもあるとします。



ワークシートのみ印刷する場合です。


Sub sample1()
  Sheets(Array("Sheet1", "Sheet2", "Sheet3")).PrintOut
End Sub


シート名がわかっていれば、これで良いですが、シート名が不明な場合は困ります。



その場合は、


Sub sample2()
  Dim i As Integer
  Dim mySht As Variant
  For Each mySht In ActiveWorkbook.Sheets
    If TypeName(mySht) = "Worksheet" Then
      mySht.PrintOut
    End If
  Next
End Sub


TypeName(mySht) = "Worksheet"

これで、ワークシートかの判定をしています。


ただし、この場合は、プリントスプールが別々になります。


共有プリンターで印刷する場合は、他の人の印刷と混ざってしまう可能性があります。



そこで、1つのスプールで印刷する場合は、


Sub sample3()
  Dim mySht As Variant
  Dim i As Long
  For i = 1 To Sheets.Count
    If TypeName(Sheets(i)) = "Worksheet" Then
      If IsEmpty(mySht) Then
        ReDim mySht(0)
      Else
        ReDim Preserve mySht(UBound(mySht) + 1)
      End If
      mySht(UBound(mySht)) = Sheets(i).Name
    End If
  Next i
  If Not IsEmpty(mySht) Then
    Sheets(mySht).PrintOut
  End If

End Sub


配列の使い方はいろいろあります。

Dim mySht() As String

としても良いです。

その場合は、IsEmpty(mySht)での判定はできませんので、適時修正が必要です。


また、mySht(1 To ・・・)として、1から使用するのも良いでしょう。


一応、ワークシートが無かった時の判定も入れていますが、普通は不要だと思います。



配列を使用せずに、以下のような方法も、


Sub sample4()
  Dim mySht As Variant
  Dim FirstFlg As Boolean
  FirstFlg = False
  For Each mySht In ActiveWorkbook.Sheets
    If TypeName(mySht) = "Worksheet" Then
      If FirstFlg = False Then
        mySht.Select
        FirstFlg = True
      Else
        mySht.Select False
      End If
    End If
  Next
  If FirstFlg = True Then
    ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut
  End If

End Sub


Select False

を使用しています。

Falseを指定することで、それまでの選択を有効に残しています。


ここまでで、Forと、For Eachを使っていますが、特に使い分けしているわけではありません。


サンプルとして、2通りを例示しているにすぎませんので、承知おき下さい。



もちろん、全てのシートを印刷するなら、


Sub sample5()
  ActiveWorkbook.PrintOut
End Sub


これで良いですね。






同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

重複削除してコピー(AdvancedFilter)
ブックを安全確実に開く方法(Open)
ブックを閉じる(Close)
他ブックを開いて閉じる(Open,Close)
ブックを開かずにセル値を取得(ExecuteExcel4Macro,Excel.Application)
罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)
マクロの開始・終了(Applicationのプロパティ)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)
表示の固定|Google Apps Script入門(12月24日)
グラフ|Google Apps Script入門(12月21日)
入力規則|Google Apps Script入門(12月13日)
並べ替え|Google Apps Script入門(12月12日)
メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 複数シートの印刷(PrintOut)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP