ExcelマクロVBAサンプル集 | 重複の無いユニークなデータ作成 | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-02-18

重複の無いユニークなデータ作成


簡単な例で

シート「元データ」

A列に、1行目に見出し、2行目以降にデータが入っている

シート「ユニーク」

このA列に、シート「元データ」のA列をユニーク(一意)にして取り出します。




まずは、エクセルらしく、ワークシート関数とフィルターを使って


Sub sample1()
  Dim LastRow As Long
  With Worksheets("元データ")
    LastRow = .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    .Cells(1, 2) = "作業列"
    .Range(.Cells(2, 2), .Cells(LastRow, 2)) = "=COUNTIF($A$2:A2,A2)"
    .Cells(1, 1).AutoFilter Field:=2, Criteria1:=1
    .Range(.Cells(1, 1), .Cells(LastRow, 1)).SpecialCells(xlCellTypeVisible).Copy Destination:=Worksheets("ユニーク").Cells(1, 1)
    .Cells(1, 1).AutoFilter
    .Columns(2).Clear
  End With
End Sub

非常にエクセルらしい、素直な処理です。

これを使うかは別にして、このマクロは書けるようにしておいた方が良いでしょう。



では、イヤだ、自力で全部やりたいって人には


Sub sample2()
  Dim LastRow As Long
  With Worksheets("元データ")
    LastRow = .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    Worksheets("ユニーク").Cells(1, 1) = .Cells(1, 1)
    Call sample2sub(.Range(.Cells(2, 1), .Cells(LastRow, 1)), Worksheets("ユニーク").Cells(2, 1))
  End With
End Sub
Sub sample2sub(MyRange As Range, Target As Range)
  Dim i As Long
  Dim blnFind As Boolean
  Dim MyArray
  Dim MyCell As Range
  For Each MyCell In MyRange
    If Not IsArray(MyArray) Then
      ReDim MyArray(1 To 1, 1 To 1)
      MyArray(1, UBound(MyArray, 2)) = MyCell
    Else
      blnFind = False
      For i = LBound(MyArray, 2) To UBound(MyArray, 2)
        If MyArray(1, i) = MyCell Then
          blnFind = True
          Exit For
        End If
      Next i
      If blnFind = False Then
        ReDim Preserve MyArray(1 To 1, 1 To UBound(MyArray, 2) + 1)
        MyArray(1, UBound(MyArray, 2)) = MyCell
      End If
    End If
  Next
  Target.Resize(UBound(MyArray, 2), 1) = WorksheetFunction.Transpose(MyArray)
End Sub

ふふ、どうだ!!!

これが、さらーと書けるようなら、私のブログは、もう二度と見るなって事で(笑)

でも、これだと、

sample2sub

これは汎用性があるので、どこでも使えますね。



もうちょっとなんとかならないかって人には


Sub sample3()
  Dim LastRow As Long
  With Worksheets("元データ")
    LastRow = .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    .Range(.Cells(1, 1), .Cells(LastRow, 1)).AdvancedFilter _
      Action:=xlFilterCopy, _
      CopyToRange:=Worksheets("ユニーク").Cells(1, 1), _
      Unique:=True
  End With
End Sub

まあ、一番簡単ですよね。

ただ、

「フィルタオプションの設定」

これを使える人じゃないと、お勧めできないです。



これ以外にも、いろいろやり方はいっぱいありますが、

腕試しに、いろいろ挑戦してみるには、良い題材だと思います。


では、挑戦してみて下さい。





同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

WEBデータの取得方法
右クリックメニューの変更(CommandBars)
エクセルのアイコン取得(FaceID)
素数を求めるマクロ
入力規則のリスト入力を確認する
配色を使用したカラー設定を固定カラーに再設定
指定セルに名前定義されているか判定する

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 重複の無いユニークなデータ作成

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP