ExcelマクロVBAサンプル集 | 棒グラフ・折れ線グラフのサンプルマクロ | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-10-31

棒グラフ・折れ線グラフのサンプルマクロ


グラフはプロパティ・メソッドも多いので、自分の覚書もかねて掲載しました。

この元データから、以下のグラフが作成されます。



解説は、プログラム内のコメントを参考にして下さい。

Sub sample1()
  Dim i As Integer '系列のFor〜Nextで使用
  Dim rowMax As Long 'グラフ範囲の最終行
  Dim colMax As Long 'グラフ範囲の最終列
  Dim MyRange As Range 'グラフ範囲
  Dim chartObj As ChartObject 'Chartオブジェクトのコンテナ
  
  rowMax = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row 'グラフ範囲の最終行
  colMax = Cells(2, Columns.Count).End(xlToLeft).Column 'グラフ範囲の最終列
  Set MyRange = Range(Cells(1, 1), Cells(rowMax, colMax)) 'グラフ範囲
  
  'Chartを追加、グラフ範囲の右隣に、グラフ範囲の倍の大きさで作成
  Set chartObj = ActiveSheet.ChartObjects.Add(MyRange.Width, MyRange.Top, MyRange.Width * 2, MyRange.Height * 2)
  
  '追加されたChartオブジェクトに対する処理
  With chartObj.Chart
    '元データ範囲の設定
    .SetSourceData MyRange
    'タイトル表示
    .HasTitle = True
    .ChartTitle.Text = "=" & MyRange.Cells(1, 1).Address(ReferenceStyle:=xlR1C1, External:=True)
    '全系列に対する処理
    For i = 1 To .SeriesCollection.Count
      With .SeriesCollection(i)
        Select Case i
          Case 1, 3 '売上金額
            .ChartType = xlColumnClustered '縦棒グラフ
            .AxisGroup = 1 '主軸
            .ApplyDataLabels 'データラベル表示
            .DataLabels.NumberFormatLocal = "#,##," 'データラベルの表示形式
            .Interior.Color = Cells(2, i + 1).Interior.Color '棒グラフの色
          Case 2, 4 '昨年比
            .ChartType = xlLine '折れ線グラフ
            .AxisGroup = 2 '第2軸
            .Border.Color = Cells(2, i + 1).Interior.Color '折れ線グラフの色
        End Select
      End With
    Next
    '主軸の書式設定
    .Axes(xlValue).TickLabels.NumberFormatLocal = "#,###," '表示形式
    '第2軸の書式設定
    .Axes(xlValue, xlSecondary).MinimumScale = 0.8 '最小値
    .Axes(xlValue, xlSecondary).MaximumScale = 1.2 '最大値
    .Axes(xlValue, xlSecondary).MajorUnit = 0.05 '目盛間隔
    .Axes(xlValue, xlSecondary).TickLabels.NumberFormatLocal = "0%" '表示形式
  End With
End Sub

系列データのデータ数が増えた時に、データ範囲を変更するマクロも掲載しておきます。
グラフに設定済の範囲を自動拡張するように書いています。


Sub sample2()
  Dim i As Long '系列のFor〜Nextで使用
  Dim rowMin As Long 'グラフデータ範囲の開始行
  Dim rowMax As Long 'グラフデータ範囲の最終行
  Dim strFormula As String 'グラフデータ範囲の設定文字列
  Dim strExternal() As String 'グラフのSERIES関数の引数毎に分割した文字列
  Dim strAddress() As String 'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割した文字列
  Dim newAddress1 As String 'SERIES関数の新しい系列名のADDRESS
  Dim newAddress2 As String 'SERIES関数の新しい系列値のADDRESS
  
  'Chartオブジェクトに対する処理
  With ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart
    '全系列に対する処理
    For i = 1 To .SeriesCollection.Count
      'グラフデータ範囲の設定文字列
      strFormula = .SeriesCollection(i).Formula
      '=SERIES(引数・・・)を引数だけにする
      strFormula = Replace(Replace(strFormula, "=SERIES(", ""), ")", "")
      'SERIES関数の引数毎に分割
      strExternal = Split(strFormula, ",")
      
      '系列名(SERIES関数の第2引数)の処理
      'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割、ADDRESSにブック名が入っている場合は消去
      strAddress = Split(Replace(strExternal(1), "[" & ThisWorkbook.Name & "]", ""), "!")
      '系列名の開始行
      rowMin = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Item(1).Row
      '系列名の最終行
      rowMax = Worksheets(strAddress(0).Cells(Rows.Count, Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Item(1).Column).End(xlUp).Row
      'SERIES関数の新しい系列名のADDRESS
      newAddress1 = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Resize(rowMax - rowMin + 1, 1).Address(External:=True)
      
      '系列値(SERIES関数の第3引数)の処理
      'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割、ADDRESSにブック名が入っている場合は消去
      strAddress = Split(Replace(strExternal(2), "[" & ThisWorkbook.Name & "]", ""), "!")
      'SERIES関数の新しい系列値のADDRESS
      newAddress2 = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Resize(rowMax - rowMin + 1, 1).Address(External:=True)
      
      'グラフデータ範囲の再設定
      .SeriesCollection(i).Formula = "=SERIES(" & _
                      strExternal(0) & "," & _
                      newAddress1 & "," & _
                      newAddress2 & "," & _
                      i & ")"
    Next i
  End With
End Sub


以上2つのマクロを応用すれば、
棒グラフ・折れ線グラフなら、大抵は何とかなるでしょう。




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

人口ピラミッドのグラフをマクロで作成
グラフで特定の横軸の色を変更するマクロ
グラフのデータ範囲を自動拡張するマクロ
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)
コメントの位置を移動する(Comment)
図をセル内に強制的に収める(Shape)
図を確認しながら消していく(Shape)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • 棒グラフ・折れ線グラフのサンプルマクロ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP