ExcelマクロVBAサンプル集 | 右クリックメニューの変更(CommandBars) | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-06-04

右クリックメニューの変更(CommandBars)


セルを右クリックした時のショートカットメニューを変更します。


シートモジュールに以下を追加します。

Private Sub Worksheet_BeforeRightClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
  Dim cmdBra1 As CommandBarControl
  Dim cmdBra2 As CommandBarControl
  '標準状態にリセット
  Application.CommandBars("Cell").Reset
  '全てのメニューを一旦削除
  For Each cmdBra1 In Application.CommandBars("Cell").Controls
    cmdBra1.Visible = False
  Next
  '以下で、新規のメニューを追加
  Set cmdBra1 = Application.CommandBars("Cell").Controls.Add()
  With cmdBra1
    .Caption = "AA"
    .FaceId = 2
    .OnAction = "AA"
  End With
  Set cmdBra1 = Application.CommandBars("Cell").Controls.Add(Type:=msoControlPopup)
  With cmdBra1
    .Caption = "BB"
  End With
  Set cmdBra2 = cmdBra1.Controls.Add()
  With cmdBra2
    .Caption = "BB1"
    .FaceId = 3
    .OnAction = "BB1"
  End With
  Set cmdBra2 = cmdBra1.Controls.Add()
  With cmdBra2
    .Caption = "BB2"
    .FaceId = 4
    .OnAction = "BB2"
  End With
  Application.CommandBars("Cell").ShowPopup
  Application.CommandBars("Cell").Reset
  Cancel = True
End Sub

標準モジュールに以下を追加

Sub AA()
  ActiveCell.Value = "AA"
End Sub
Sub BB1()
  ActiveCell.Value = "BB1"
End Sub
Sub BB2()
  ActiveCell.Value = "BB2"
End Sub

OnActionで呼ぶプロシージャーは、必ず標準モジュールに作成します。

ここでは、単にアクティブセルに文字を入れているだけです。

これで、シートモジュールを追加したシートでセルを右クリックすると



このように表示され、メニューをクリックすると、対応する文字がセルに入るようになります。

コマンドバー.Controls.Add()

Addに指定する引数です。

名前 説明
Type 指定したコマンド バーに追加するコントロールの種類を指定します。使用できる定数は、MsoControl クラスの msoControlButton、msoControlEdit、msoControlDropdown、msoControlComboBox、msoControlPopup のいずれかです。
Id 組み込みのコントロールを表す整数を指定します。この引数を 1 に設定するか省略すると、指定した種類の空白のカスタム コントロールがコマンド バーに追加されます。
Parameter 組み込みのコントロールの場合、この引数はコンテナー アプリケーションでコマンドを実行するときに使用されます。カスタム コントロールの場合、この引数を使用して、Visual Basic のプロシージャに情報を渡したり、Tag プロパティの 2 番目の値のようなコントロールの情報を格納することができます。
Before コマンド バーにおける新しいコントロールの位置を表す数字を指定します。新しいコントロールは、指定した位置にあるコントロールの直前に挿入されます。この引数を省略すると、コントロールは指定したコマンド バーの末尾に追加されます。
Temporary True を指定すると、新しいコントロールが一時的なものになります。このコントロールは、コンテナー アプリケーションの終了と同時に自動的に削除されます。この引数を省略すると、既定値の False になります。

上記サンプルでは、"BB"は親メニューになりますので、

Type:=msoControlPopup

これを指定しています。

他で省略している場合は、

Type:=msoControlButton

となります。


コントロールのメンバーについて

Type:=msoControlButtonの場合には、アイコンを指定できます。

それが、FaceIdです。

この番号と実際のアイコンについては、「エクセルのアイコン取得」を参照して下さい。

Type毎に、属するメンバー(メソッド、プロパティ)が少しずつ違いますので、詳細はヘルプ等を参照して下さい。




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

エクセルのアイコン取得(FaceID)
素数を求めるマクロ
入力規則のリスト入力を確認する
配色を使用したカラー設定を固定カラーに再設定
指定セルに名前定義されているか判定する
Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 右クリックメニューの変更(CommandBars)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP