ExcelマクロVBAサンプル集 | 人口ピラミッドのグラフをマクロで作成 | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-05-14

人口ピラミッドのグラフをマクロで作成


人口ピラミッドのグラフ作成は、設定項目が多く、かなり面倒です。

マクロでサクッと作って、細かい部分を手動で設定できれば楽です。





この表から、以下のグラフを作成します。




手動で設定すると、かなり多くの手順が必要になります。

以下のマクロを実行すると、サクッと作られます。
Sub チャート作成()
  Dim ws As Worksheet '対象シート
  Dim MyRange As Range 'グラフ範囲
  Dim chartObj As ChartObject 'Chartオブジェクトのコンテナ
  
  Set ws = ActiveSheet
  Set MyRange = ws.Range("A1").CurrentRegion 'グラフ範囲
  
  'Chartを追加、グラフ範囲の右隣に、グラフ範囲の3倍の大きさで作成
  Set chartObj = ws.ChartObjects.Add(MyRange.Width + MyRange.Left, MyRange.Top, MyRange.Width * 3, MyRange.Height * 1)
  
  '追加されたChartオブジェクトに対する処理
  With chartObj.Chart
    '元データ範囲の設定
    .SetSourceData MyRange
    '横棒グラフ
    .ChartType = xlBarClustered
    '系列に対する処理
    With .SeriesCollection(1)
      .Interior.Color = vbBlue 'グラフの色
    End With
    With .SeriesCollection(2)
      .AxisGroup = 2 '第2軸
      .Interior.Color = vbRed 'グラフの色
    End With
    '主軸の書式設定
    With .Axes(xlValue)
      .TickLabels.NumberFormatLocal = "#,###;" '表示形式
      .MinimumScale = -600 '最小値
      .MaximumScale = 500 '最大値
      .MajorUnit = 100 '目盛間隔
      .ReversePlotOrder = True '反転する
    End With
    '主軸の幅
    With .ChartGroups(1)
      .Overlap = 90
      .GapWidth = 10
    End With
    '第2軸の書式設定
    With .Axes(xlValue, xlSecondary)
      .TickLabels.NumberFormatLocal = "#,###;" '表示形式
      .MinimumScale = -600 '最小値
      .MaximumScale = 500 '最大値
      .MajorUnit = 100 '目盛間隔
      .ReversePlotOrder = False '反転しない
    End With
    '第2軸の幅
    With .ChartGroups(2)
      .Overlap = 90
      .GapWidth = 10
    End With
    '縦軸の書式設定
    .Axes(xlCategory).TickLabels.Offset = 0
    .Axes(xlCategory).MajorTickMark = xlNone
    '凡例
    With .Legend
      .Left = 0
      .Width = 75
      .Height = 25
      .Left = (chartObj.Chart.ChartArea.Width - .Width) / 2
      .Top = chartObj.Chart.ChartArea.Height - .Height
    End With
    'プロットエリア
    With .PlotArea
      .Left = 0 '左には自動で最小の余白が付く
      .Width = chartObj.Width '左右に自動で最小の余白が付く
    End With
  End With
End Sub

太字の部分は適宜修正してお使い下さい。

特に、最大値・最小値は、データに合わせて変更が必要です。

棒グラフの3D化は今回は組み込んでいません。

細かいレイアウトは手動でも問題ないでしょう。




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

グラフで特定の横軸の色を変更するマクロ
グラフのデータ範囲を自動拡張するマクロ
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)
コメントの位置を移動する(Comment)
図をセル内に強制的に収める(Shape)
図を確認しながら消していく(Shape)
オートシェイプを他ブックの同じ位置に貼り付ける(Shapes,DrawingObjects)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

大量VlookupをVBAで高速に処理する方法について|ExcelマクロVBA技術解説(12月12日)
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう|ExcelマクロVBAサンプル集(11月26日)
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら|ExcelマクロVBA技術解説(11月21日)
データクレンジングと名寄せ|ExcelマクロVBA技術解説(10月20日)
SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い分け方|ExcelマクロVBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
6.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • 人口ピラミッドのグラフをマクロで作成

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP