ExcelマクロVBAサンプル集 | アメブロの記事本文をVBAでバックアップする6 | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2016-10-30

アメブロの記事本文をVBAでバックアップする6


前回で、当初の目的である、

指定月のすべての記事一覧を取得し、記事本文のバックアップが完成しました。

取得した記事本文は、

このエクセルファイルと同一フォルダのサブフォルダ"HTML"に保存されます。


タイトル、テーマ、更新日時はシートに一覧で表示されます。

タイトルをクリックすれば、当該記事が表示され、

編集をクリックすれば、編集画面が表示されます。

これだけ出来れば、アメブロの管理もだいぶ楽になるはずです。

これだけでも十分なのですが、もう少し追加したい機能もでてくると思います。


まず思うのは、

とにかく全期間のバックアップしたいと言う事でしょうか。

これは、今回作成したプロシージャーを、

さらに上位のプロシージャーで年月をループさせてやれば良いでしょう。

この記事を読まれている人は、ある程度VBAを理解しているでしょうから、是非チャレンジしてみて下さい。

注意点は、投稿のない月の場合のエラー処理だけです。


さらに、画像のバックアップも欲しいところです。

アメブロの画像の考え方として、

画像原本と、縮小表示用の画像があります。

取得する方法として、まず入り口が、

記事本文内imgタグを探す
画像フォルダの一覧から取得

どちらの方法でも、さほどプログラムの難易度は変わらないでしょう。

どちらでも、画像のURL一覧さえ取得出来ればよいのですから。

画像のように、指定URLのファイルをそのままダウンロードするには、

Windows API があります。

Declare Function URLDownloadToFile Lib "urlmon" Alias "URLDownloadToFileA" _
  (ByVal pCaller As Long, _
  ByVal szURL As String, _
  ByVal szFileName As String, _
  ByVal dwReserved As Long, _
  ByVal lpfnCB As Long) As Long


これを使えば、簡単にダウンロードできます。

URLDownloadToFile(0, ここにURL, 保存ファイルのフルパス, 0, 0)

これだけでダウンロードされます。

今回は、記事本文のみのバックアップでしたので、

記事編集画面から、記事のボックス内のテキストを取得しましたが、

指定のURLをそのまま保存するなら、URLDownloadToFileこれでも十分です。

また、指定URLページの取得方法は、
MSHTML
MSXML2
等もあります。

これらについては、WEBデータの取得方法、こちらを参照して下さい。

むろん、これらを使って、今回と同様の事も実現可能です。

興味のある方は、挑戦してみて下さい。


単にブログのバックアップを取るだけでも、いろいろ方法があり、

かつ、結構なステップ数のプログラムを書く必要がある事が理解していただけたでしょうか。

それでも、ExcelマクロVBAで、やろうと思えば大抵の事はできるものです。

でも、結構面倒なんだ・・・

こんなマクロ書いてられない・・・

そう感じた人は、便利なツールがいろいろ販売されています。

自分で作るより、買った方が速いや・・・

まあ、そんなもんです(笑)

そんな方には、

ここで紹介したコードをさらに機能アップアップした

アメブロとったど

自動ペタまで対応したものです。

購入により、VBAコードが開示・修正が可能になります。

メールサポートも致しますので、VBAの勉強にも最適です。


アメブロの仕様変更があり、販売停止しました。


自分で少しでも作ってみると、ソフトの価値も理解できてきますよね。

ソフト作りって結構大変なんですよ(笑)


それでは、これで終了です。

長らくお付き合いくださり、感謝いたします。

アメブロの記事本文をVBAでバックアップする 1 2 3 4 5 6




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦1
数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証1
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦1
ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善1
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

大量VlookupをVBAで高速に処理する方法について|ExcelマクロVBA技術解説(12月12日)
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう|ExcelマクロVBAサンプル集(11月26日)
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら|ExcelマクロVBA技術解説(11月21日)
データクレンジングと名寄せ|ExcelマクロVBA技術解説(10月20日)
SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い分け方|ExcelマクロVBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
6.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • アメブロの記事本文をVBAでバックアップする6

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP