ExcelマクロVBAサンプル集 | 数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦1 | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2017-11-26

数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦1


数独は、一般に「ナンバープレース(ナンプレ)」と呼ばれ、外国では「sudoku」と呼ばれているようです、

この数独をExcelマクロVBAで解いてみようと言う事です。

解き方は、とにかく片っ端から数字を当てはめていくという、なんとも芸の無い方法です。(笑)

作ってみようと思い立ったのですが、そもそも数独はあまりやったことが無く、

効率的な解き方とかは、私は知らないので、手当たり次第に数値を当てはめていけば何とかなるだろうと・・・

とりあえず何とかなりましたので、掲載します。

数独のルール

・空いているマスに1〜9のいずれかの数字を入れる。
・縦、横の各列及び、太線で囲まれた3×3のブロック内に同じ数字が複数入ってはいけない。

非常に単純なルールなので、プログラム練習には向いていますね。

このようなシートを用意します。



問題は、適当に探して下さい。

上記は、ネットで適当に探しました。

もし、著作権みたいなものがあるならゴメンナサイ。

実行結果

VBAを実行すると、以下のように回答がでます。
途中結果をセルに表示しなければ、

約1秒程度で回答がでます。

途中結果をセルに表示すると、かなり時間がかかります。

それだけ、試行錯誤の繰り返しだと言う事です。

でも、途中結果をセルに表示して、のんびり見ていると、

PCが試行錯誤している様が確認できて、結構楽しいです。

次回は、解法の具体的なアルゴリズムをもう少し掘り下げます。

2へ続きます。

数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦 1 2 3 4 5



数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証
こちらの最終完成版のダウンロード




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証1
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦1
ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善1
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする1

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

大量VlookupをVBAで高速に処理する方法について|ExcelマクロVBA技術解説(12月12日)
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう|ExcelマクロVBAサンプル集(11月26日)
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら|ExcelマクロVBA技術解説(11月21日)
データクレンジングと名寄せ|ExcelマクロVBA技術解説(10月20日)
SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い分け方|ExcelマクロVBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
6.オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう|ExcelマクロVBAサンプル集
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦1

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP