ExcelマクロVBAサンプル集 | 指定セルに名前定義されているか判定する | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-11-04

指定セルに名前定義されているか判定する


名前定義は、マクロVBAでは、セル位置の特定において重要な役割を持ちます、

あるセルが名前定義されているか判定するマクロVBAになります。


Sub sample()
  Dim rng As Range
  Set rng = Range("A1")
  Call sample1(rng)
End Sub
Sub sample1(rng As Range)
  Dim nm As Name
  For Each nm In Names
    If Not Intersect(rng, Range(nm.RefersTo)) Then
      nm.Delete
    End If
  Next
End Sub


上記では、指定セルが、何らかの名前定義にふくまれている場合、

その名前定義を削除しています。

指定セルは、単一セルである必要はありません。

複数セルであるセル範囲で指定した場合は、

指定されたセル範囲のいずれかのセルが、名前定義に含まれている場合に削除されます。

これで良い場合もあるとは思いますが、ちょっと不都合な場合が多いと思います。

以下では、指定セルまたは指定セル範囲と、同一範囲の名前定義があった場合のみ削除します。

Sub sample()
  Dim rng As Range
  Set rng = Range("A1")
  Call sample2(rng)
End Sub
Sub sample2(rng As Range)
  Dim nm As Name
  For Each nm In Names
    If rng.Address = nm.RefersToRange.Address Then
      nm.Delete
    End If
  Next
End Sub


sample1とsample2については、

その使うシーンに合わせて使い分けて下さい。

単一セルに対して、名前定義を行うマクロVBAにおいて、

すでに設定されている名前定義を削除してから再設定する場合は、

sample2を応用して、以下のようなマクロVBAコードにすれば良いでしょう。

Sub sample()
  Dim rng As Range
  Set rng = Range("A1")
  Call sample3(rng, "NewName")
End Sub
Sub sample3(rng As Range, strName As String)
  Dim nm As Name
  For Each nm In Names
    If rng.Address = nm.RefersToRange.Address Then
      nm.Delete
    End If
  Next
  rng.Parent.Parent.Names.Add Name:=strName, RefersToLocal:="=" & rng.Address(External:=True)
End Sub


最後の

rng.Parent.Parent.Names.Add Name:=strName, RefersToLocal:="=" & rng.Address(External:=True)

この部分が、ちょっと分かりづらいかもしれません。

Rangeの親(Parent)はSheetになり、

そのSheetの親(Parent)はBookになります。

つまり、てっとり早く書くなら、

Thisworkbook.Names.Add

Activeworkbook.Add

これで問題ありません。

ここでは、ブックにとらわれずに、引数に指定されたRangeのBookに対して、

名前定義をするようにする為に、

rng.Parent.Parent.Names.Add

のように、ちょっと回りくどい書き方をしました。


名前定義は、マクロVBA開発において、

フレキシブルなVBAコードにする為には必須機能となります。

その場合に、大量の名前定義は手操作で追加するのでは大変になりますので、

このように、マクロVBAで簡単に設定できるようにしておくと効率が良くなります。




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する
ボタンのテキスト名のシートへ移動(Application.Caller)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除
連続セル範囲の選択
1行置きにする行挿入(Insert)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
8.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • 指定セルに名前定義されているか判定する

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP