ExcelマクロVBAサンプル集 | ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2014-12-04

ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する

ハイパーリンクのリンク先ファイル情報を取得しようとすると、なかなか難しいことになります、
ハイパーリンクからパスを取得すると相対パスとなり、簡単にはファイル情報を取得出来ません。

以下のサンプルでは、ハイパーリンクの設定されているセルの右隣のセルに更新日時を出力しています。

Sub sample()
  Dim rng As Range
  Dim FileName As String
  Dim fso As New FileSystemObject

  ChDir ThisWorkbook.Path
  For Each rng In ActiveSheet.UsedRange
    If rng.Hyperlinks.Count > 0 Then
      FileName = fso.GetAbsolutePathName(rng.Hyperlinks(1).Address)
      If fso.FileExists(FileName) Then
        rng.Offset(0, 1) = fso.GetFile(FileName).DateLastModified
      End If
    End If
  Next
End Sub


※「ツール」→「参照設定」で、「Microsoft Scripting Runtime」にチェックを付けて下さい。

参照設定しない場合は、
Dim fso As Object
Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

このようにしてください。

ChDir ThisWorkbook.Path
事前にこれを行うことで、
GetAbsolutePathName
これで絶対パスを取得できます。
後は普通に、FSOで各種情報を取得してください。


最初からハイパーリンクを絶対パスで保存する方法もあります。
設定をこれに変更した後に作成したハイパーリンクのみ絶対参照で保存されます。
設定前に作成したハイパーリンクは相対パスのままになるので注意してください。

一応、ハイパーリンクが絶対パスで保存されている場合の、
上のノマロと同様の機能のVBAコードも掲載しておきます。

Sub sample2()
  Dim rng As Range
  Dim FileName As String

  For Each rng In ActiveSheet.UsedRange
    If rng.Hyperlinks.Count > 0 Then
      FileName = rng.Hyperlinks(1).Address
      If Dir(FileName) <> "" Then
        rng.Offset(0, 1) = FileDateTime(FileName)
      End If
    End If
  Next
End Sub


こちらは、FSOを使うまでもないので、
Dir

FileDateTime
これで済ませています。




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

ボタンのテキスト名のシートへ移動(Application.Caller)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除
連続セル範囲の選択
1行置きにする行挿入(Insert)
ユーザー定義関数でフリガナを取得する(GetPhonetic)
ユーザー定義関数でハイパーリンクのURLを取得(Hyperlink)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP