ExcelマクロVBA関数 | InputBox関数 | Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説



最終更新日:2013-09-05

InputBox関数


InputBox関数は、ダイアログボックスにメッセージとテキスト ボックスを表示し、
文字列が入力されるか、またはボタンがクリックされると、テキストボックスの内容を返します。

InputBox関数

InputBox(prompt[, title] [, default] [, xpos] [, ypos] [, helpfile, context])

prompt

必ず指定します。

ダイアログ ボックス内にメッセージとして表示する文字列を示す文字列式を指定します。
名前付き引数 prompt に指定できる最大文字数は、1 バイト文字で約 1,024 文字です。ただし、使う文字の文字幅に依存します。
名前付き引数 prompt に複数行を指定する場合は、キャリッジ リターン (Chr(13))、ライン フィード (Chr(10))、またはキャリッジ リターンとライン フィードの組み合わせ (Chr(13) & Chr(10)) を改行する位置に挿入し、行を区切ってください。

title

省略可能です。ダイアログ ボックスのタイトル バーに表示する文字列式を指定します。
名前付き引数 title を省略すると、タイトル バーにはアプリケーション名が表示されます。

default

省略可能です。ユーザーが何も入力しない場合に、テキスト ボックスに既定値として表示する文字列式を指定します。
名前付き引数 default を省略すると、テキスト ボックスには何も表示されません。

xpos

省略可能です。
画面の左端からダイアログ ボックスの左端までの水平方向の距離を、twip 単位で示す数式を指定します。
名前付き引数 xpos を省略すると、ダイアログ ボックスは水平方向に対して画面の中央の位置に配置されます。

ypos

省略可能です。
画面の上端からダイアログ ボックスの上端までの垂直方向の距離を、twip 単位で示す数式を指定します。
名前付き引数 ypos を省略すると、ダイアログ ボックスは垂直方向に対して画面の上端から約 1/3 の位置に配置されます。

helpfile

省略可能です。
ダイアログ ボックスに状況依存のヘルプを設定するために、使用するヘルプ ファイルの名前を示す文字列式を指定します。
この引数は、表示するダイアログ ボックスの説明を、ヘルプを使って表示するときに指定します。
名前付き引数 helpfile を指定した場合は、名前付き引数 context も指定する必要があります。

context

省略可能です。
ヘルプ トピックに指定したコンテキスト番号を表す数式を指定します。
名前付き引数 context を指定した場合は、名前付き引数 helpfile も指定する必要があります。


名前付き引数です。

名前付き引数とは、あらかじめ定義された名前を持つ引数。

名前付き引数を使用すると、構文どおりに指定された順序で各引数に値を指定しなくても、任意の順序で値を設定することができます。

※名前付き引数については、第25回.名前付き引数について

しかし、InputBox関数では、名前付き引数を使わずに、順番通りに指定する事の方が多いでしょう。

また、helpfile、contextはヘルプなので、あまり使わないと思いますので、説明を省きます。

例文です。

Dim strIn As String
strIn = InputBox("何か入力して下さい。")




メッセージのみ指定した場合です。

ダイアログ画面の表示内容を確認して下さい。

 

Dim strIn As String
strIn = InputBox("何か入力して下さい。" & vbLf & vbLf & "入力サンプル")




複数行のメッセージを指定した場合です。

Dim strIn As String
strIn = InputBox("何か入力して下さい。", "ユーザー入力", "規定文字")



メッセージ、タイトル、規定値をした場合です。

ダイアログ画面の表示内容を確認して下さい。

何も入力されなかったか、「キャンセル」ボタンが押された場合の対処。

Dim strIn As String
strIn = InputBox("何か入力して下さい。", "ユーザー入力", "規定文字")
If strIn = "" Then
  MsgBox "何も入力されませんでした。"
End If


何も入力されなかったか、「キャンセル」ボタンが押された場合は、

空白が返されます。

従って、受け取った変数を、""で判定すれば良いです。

[, xpos] [, ypos]

表示位置の指定です。

サンプル表示しても意味が無いので、各々確認して下さい。

ただし、通常は、真ん中に表示されるので、特に指定はしません。


※VBA関数一覧




同じテーマ「ExcelマクロVBA関数」の記事

MsgBox関数
Shell関数
DateDiff関数
Array関数
Filter関数
Join関数
LBound関数

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • InputBox関数

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP