ExcelマクロVBA関数 | Dir関数 | Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説



最終更新日:2014-12-08

Dir関数


Dir関数は、指定したパターンやファイル属性と一致するファイルまたはフォルダの名前を返します、
ドライブのボリューム ラベルも取得できます、
文字列型 (String) の値を返します。

Dir関数

Dir[(pathname[, attributes])]

pathname
省略可能です。

ファイル名を表す文字列式を指定します。
フォルダ名およびドライブ名も含めて指定できます。
引数 pathname に指定した内容が見つからないときは、長さ 0 の文字列 (" ") を返します。

attributes
省略可能です。
取得するファイルが持つ属性の値の合計を表す数式または定数を指定します。
省略すると、標準ファイルの属性になります。
定数 内容
vbNormal 0 標準ファイル
vbReadOnly 1 読み取り専用ファイル
vbHidden 2 隠しファイル
vbSystem 4 システム ファイル。Macintosh では使用できません。
vbVolume 8 ボリューム ラベル。この値を指定すると、すべての属性は無効になります。Macintosh では使用できません。
vbDirectory 16 フォルダ
vbAlias 64 エイリアス ファイル。Macintosh でのみ使用できます。

複数のファイルを指定するための "*" (アスタリスク) および "?" (疑問符) のワイルドカード文字を使用できます。

Dir 関数は、引数 pathname と一致する最初のファイル名を返します。
フォルダ内のすべてのファイルに対して繰り返して処理を実行する場合は、引数を指定せずにDir を実行してください。

一致するファイル名がない場合は、Dir 関数は長さ 0 の文字列を返します。
長さ 0 の文字列が返された場合は、次に Dir 関数を呼び出すときに引数 pathname を再び指定しなければなりません。
現在の引数 pathname と一致するファイル名をすべて取得していなくても、途中で引数 pathname の指定を変更できます。

使用例.

変数 = Dir("C:\*.xls")
Do While 変数 <> ""
  ・・・
  変数 = Dir()
Loop
Cドライブ直下のエクセルファイルを全て取得しています。
拡張子で*.xlsと指定した場合、.xls,.xlsx,.xlsmの全てが対象となります。

詳細は、第79回.ファイル操作T(Dir)こちらで詳しく解説しています。

※VBA関数一覧




同じテーマ「ExcelマクロVBA関数」の記事

EOF関数
FileDateTime関数
FileLen関数
FreeFile関数
GetAttr関数
Abs関数
Hex関数

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)
表示の固定|Google Apps Script入門(12月24日)
グラフ|Google Apps Script入門(12月21日)
入力規則|Google Apps Script入門(12月13日)
並べ替え|Google Apps Script入門(12月12日)
メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

↑ PAGE TOP