ExcelマクロVBA関数 | FileDateTime関数




FileDateTime関数


FileDateTime関数は、指定したファイルの作成日時または最後に修正した日時を返します、
バリアント型 (内部処理形式 Date の Variant) の値を返します。

FileDateTime関数

FileDateTime(pathname)

pathname
必ず指定します。
引数 pathname には、ファイル名を示す文字列式を指定します。
フォルダ名およびドライブ名を含めて指定できます

使用例.

FileDateTime("C:\user\テスト.xls") ・・・ 2013/06/09 13:50:19

※VBA関数一覧





  • >
  • >
  • >
  • FileDateTime関数

  • この記事がお役に立ちましたら「いいね」「Bookmark」をお願いいたします。


    ★同じテーマ「ExcelマクロVBA関数」の記事★
    Dir関数
    EOF関数
    FileLen関数
    FreeFile関数
    GetAttr関数
    Abs関数
    Hex関数


    ★新着記事★ ・・・ 新着記事一覧を見る
    フォルダー・ファイル(ブック)・シートの文字制限|ExcelマクロVBA技術解説(12月8日)
    ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(12月4日)
    Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月3日)
    シートに数式を設定する時のセル参照の指定方法|ExcelマクロVBA技術解説(11月21日)
    プログラミングの基本〜ロジックの組み立て|ExcelマクロVBA技術解説(11月18日)
    数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)|ExcelマクロVBAサンプル集(11月14日)
    ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea)|ExcelマクロVBA技術解説(11月5日)
    Rangeオブジェクト.Valueの省略について|ExcelマクロVBA技術解説(11月5日)


    ★アクセスランキング★ ・・・ ランキング一覧を見る
    1.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
    2.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|ExcelマクロVBA技術解説
    3.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
    4.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
    5.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
    6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
    7.CSVの出力(書き出し)方法|ExcelマクロVBAサンプル集
    8.ピボットテーブル(PivotTable)|ExcelマクロVBA入門
    9.複数条件で検索し、複数データを取得する方法|エクセル関数超技
    10.ハイパーリンクを絶対パスで保存する方法|エクセル基本操作



    当サイトには多くのエクセル関数、エクセルVBA情報があります。
    問題が解決しなかったときは他の記事も検索してみてください。 ▲「FileDateTime関数」のトップへ戻る