ExcelマクロVBA関数 | FileDateTime関数 | Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説



FileDateTime関数


FileDateTime関数は、指定したファイルの作成日時または最後に修正した日時を返します、
バリアント型 (内部処理形式 Date の Variant) の値を返します。


FileDateTime関数

FileDateTime(pathname)

pathname
必ず指定します。
引数 pathname には、ファイル名を示す文字列式を指定します。
フォルダ名およびドライブ名を含めて指定できます

使用例.

FileDateTime("C:\user\テスト.xls") ・・・ 2013/06/09 13:50:19

※VBA関数一覧





同じテーマ「ExcelマクロVBA関数」の記事

FileLen関数
FreeFile関数
GetAttr関数
Abs関数
Hex関数
Oct関数
CreateObject関数

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)|ExcelマクロVBA技術解説(6月17日)
動的2次元配列の次元を入れ替えてシートへ出力(Transpose)|ExcelマクロVBA技術解説(5月30日)
論理式とは条件式とは(IF関数,AND関数,OR関数)|エクセル関数超技(5月30日)
Rangeの使い方:最終行まで選択を例に|ExcelマクロVBA技術解説(4月16日)
ドキュメントの作成者を取得(GetObject,BuiltinDocumentProperties)|ExcelマクロVBA技術解説(4月16日)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け|ExcelマクロVBAサンプル集(3月29日)
文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)|ExcelマクロVBA技術解説(3月18日)
クリップボードを使わないセルのCopy|ExcelマクロVBA技術解説(3月17日)
エクセルVBAあるある|エクセル雑感(2月21日)
オートフィルタ(AutoFilter)の使い方まとめ|ExcelマクロVBA技術解説(1月28日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
4.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
5.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
6.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|ExcelマクロVBA技術解説
7.複数条件で検索し、複数データを取得する方法|エクセル関数超技
8.マクロVBAの高速化・速度対策の具体的手順と検証|ExcelマクロVBA技術解説
9.セルの個数を数える関数|エクセル関数超技
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • FileDateTime関数

  • このサイトがお役に立ちましたら「いいね」「Bookmark」をお願いいたします。
    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、こちらからお知らせいただけると幸いです。

    ↑ PAGE TOP