ExcelマクロVBA練習問題 | 練習問題27(データ分割し別ブック保存) | Excelマクロ練習問題集、エクセルVBAの学習教材



最終更新日:2014-11-19

練習問題27(データ分割し別ブック保存)


問題

アクティブブックのアクティブシートのA列に担当、B列に支店が入っています。

支店ごとのブックを作成して下さい。


作成したブックの保存先は、アクティブブックと同一フォルダとして下さい。

※以下のデータの場合、
  ブックは「支店A.」「支店B」「支店C」の3つが作成されます。
  「支店A」には、
  担当者3、担当者7、担当者10、担当者12、担当者14、担当者17
  がA列に入った状態になります。
※Excelのファイルバージョンは、
  2007以降ならxlsx、2003以前ならxlsで作成して下さい。

練習問題用のExcelファイルは、こちらからダウンロードできます。zipはこちらです。

 A      B
担当 支店
担当者1 支店B
担当者2 支店C
担当者3 支店A
担当者4 支店B
担当者5 支店C
担当者6 支店C
担当者7 支店A
担当者8 支店B
担当者9 支店C
担当者10 支店A
担当者11 支店B
担当者12 支店A
担当者13 支店B
担当者14 支店A
担当者15 支店B
担当者16 支店C
担当者17 支店A
担当者18 支店B
担当者19 支店C
担当者20 支店C

※上記表の全体選択し、コピー(Ctrl+C)の後、エクセルのシートのA1セルに貼り付け(Ctrl+V)してください。


では、お考えください。

すぐに回答を見ずに、必ず自力で書けるとこまででも良いので書きましょう。


・・
・・・
・・・・
・・・・・

当サイトのコンテンツ

ExcelマクロVBA入門

ここで、じっくり勉強して下さい。



・・
・・・
・・・・
・・・・・





エクセル厳選情報メールマガジン登録

登録は無料です。

こちらの登録で、専用メールアドレスにて質問が可能となります。


回答はこちら、「練習問題27回答」




同じテーマ「ExcelマクロVBA練習問題」の記事

練習問題28(シートを別ブックにして値のみにする)
練習問題29(ロット引き当て)
練習問題1(For〜Nextの練習)
練習問題2(最終行の取得の練習)
練習問題3(二重ループの練習)
練習問題4(Ifの練習)
練習問題5(ElseIfとSelect Caseの練習)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 練習問題27(データ分割し別ブック保存)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP