Googleスプレッドシート入門 | 関数を使う(IF,IFERROR) | Google スプレッドシートの入門解説です



最終更新日:2016-09-23

関数を使う(IF,IFERROR)

GoogleスプレッドシートでIF関数、IFERROR関数を使います、

IF関数は、処理を分岐させます、
IFERROR関数は、エラーの時の表示を変更します。

前回までに作成した以下の表の、
表示が見苦しいので、#N/Aの表示を消そうと思います。





このような場合、Excelでも
IFERROR関数
が良く使われます。

C2セルを選択し、F2で編集状態にして、
=VLOOKUP
=の後ろに、
iferror(
と入力して、
=iferror(VLOOKUP
とします。



,false)
の)の後ろに、
,""
を入力して
,false),""
とします。



完成した数式は、
=iferror(VLOOKUP($B2,'商品マスタ'!$A:$C,2,false),"")
Enterで入力を完了してください。

C2セルをC3セル〜C11セルにコピー



#N/Aが消えて、すっきりしました。
D列の単価も、やり方は同様です。

この方法は良く見かけますが、ちょっと待ってください。
商品コードが未入力時に#N/Aを消すのは分かりますが、
商品コードが、間違って入力されたときは・・・



商品コードが未入力時と同様に、何も表示されません。
ここは、個人的な好みと言えなくもありませんが、
間違った商品コードが入力されたときは、
#N/A
のままで良いのではないでしょうか。
つまり、
商品コードが未入力の時だけ、#N/Aを消すという事です。

これには、
IF関数を使います。

C2セルの数式を、
=if($B2="","",VLOOKUP($B2,'商品マスタ'!$A:$C,2,false))
と変更してください。



C11セルまでコピーします。
これであれば



これで、
B01
という商品コードが間違っていることも分かりますし、
余計な#N/Aも表示されません。


※エラー回避について

以下は、Excelと共通の問題です。
IF関数で判断できる場合は、IFERROR関数ではなくIF関数でエラー回避しましょう。
例えば、
割り算で、#DIV/0! となる場合、IFERROR関数が使われているのを見かけますが、
これは、IF関数で分母が=0かを判定するようにしてたほうが良いです。
結果ではなく、根本問題を解決するという事です。
大量データになった場合に、その差が出てきます。





同じテーマ「Googleスプレッドシート入門」の記事

関数を使う(VLOOKUP)
関数一覧(Excelとの差異)
条件付き書式
入力規則
シートを保護
シートをコピー
わからない時はヘルプを見よう

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)
セルのコピー&各種ペースト|Google Apps Script入門(11月22日)
Twitter Bot 作成|Google Apps Script応用(11月6日)
Excel流の最終行の取得|Google Apps Script応用(11月6日)
方眼紙Excelが楽に入力できるVBA|ExcelマクロVBAサンプル集(11月5日)
「ポケモンを確実に見つける方法」をExcelで数学してみた|エクセル雑感(11月4日)
スプレッドシート(ブック)の作成・名前変更|Google Apps Script入門(11月4日)
シートの挿入・削除・名前変更|Google Apps Script入門(11月3日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
8.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
9.セル・行・列の削除・挿入(Delete,Insert)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



↑ PAGE TOP