Googleスプレッドシート入門 | 条件付き書式 | Google スプレッドシートの入門解説です



最終更新日:2016-09-24

条件付き書式

Googleスプレッドシートで条件付き書式を設定します、

条件付き書式は、条件によってセルの書式を変更出来る機能です。

・入力間違いの防止
・特定のセルを目立たせる
これらの目的で使われる機能です。



前回までに作成した、以下の表で、
商品コードが入っていて、数量が未入力の時
E列の数量のセルに色を付けてみましょう。



条件付き書式を設定する、
E2セル〜E11セルを選択し、
メニューの
表示形式→条件付き書式



画面の右端に、



ここで条件付き書式を設定します。

範囲に適用

選択した、E2:E11が設定されています。


セルの書式設定の条件

クリックすると、


スクロールして、一番下の、
「カスタム数式」を選択します。



「値または数式」のボックスが表示されます。



「値または数式」のボックスに、
=AND($B2<>"",$E2="")
と入力
ANDは、小文字でandでも良いです。

ここでの数式は、
=から書き始め、数式の結果が、
TRUE,FALSEのどちらかになる数式を書きます。
=COUNTIF($A$1:$A$100,A1)>1
=$B1="Yes"
このように、
何かと何かを比べる数式になります。
基本の数式は、
=○○>△△
=○○<△△
=○○>=△△
=○○<=△△
=○○=△△
この条件が複数になるときは、
論理演算(AND,OR,NOT)で囲んで作成します。

また、
ここで入れる数式は、
適用範囲の一番上のセルに対する数式を入力します。
2番目以降のセルは、一番上の数式がコピーされることになります。
従って、絶対参照の$をしっかりと付ける必要があります。


書式設定のスタイル

クリックすると、



色は適当に選んで、


以上で設定が完了したので、



完了をクリックしてください。



商品コードと数量を適当に入れて、正しく動作していることを確認してください。


カスタム数式以外は、
日本語の文章通りなので、使う上で困ることはないでしょう。
そして、カスタム数式で全て対応できますので、
とにかく、カスタム数式を使えるようにして下さい。




同じテーマ「Googleスプレッドシート入門」の記事

関数を使う(VLOOKUP)
関数を使う(IF,IFERROR)
関数一覧(Excelとの差異)
入力規則
シートを保護
シートをコピー
わからない時はヘルプを見よう

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




↑ PAGE TOP