Google Apps Script入門 | 第21回.配列って何なんだ? | Google Apps Script(GAS)の入門解説です



最終更新日:2016-10-26

第21回.配列って何なんだ?

プログラミングを学ぶ上で、乗り越えなければならない壁がいくつかありますが、

その一つが、配列になると思います、

その全てを自在に使いこなすには相当の時間が必要ですが、まずは基礎から。

配列は、配列変数とも言い、変数の一種になります。



変数についの説明では、
データを入れて必要なときに利用するために用意した入れ物で、その入れ物に付けた名前が変数名になります。
このように説明しましたが、
今まで扱ってきた変数には、1つの数値や文字列といったデータを入れて使うというものでした。

これに対して、配列は、
変数に背番号のような番号(インデックス)を付けて、複数のデータを扱えるようにしたものになります。
これにより、一つの変数名で、複数の値を入れる事が出来るようになります。
番号(インデックス)を指定することで、配列内の指定の位置のデータを取得・変更することが出来ます。

では、具体的に、Google Apps Scriptを書いてみましょう。
あまり、理屈にこだわらず、まずは使い方を覚えましょう。

配列を作成する

function myFunction21_1() {
  var ary = ["google", "apps", "script"];
  Browser.msgBox(ary);
  Browser.msgBox(ary[1]);
}
google,apps,script
と表示されます。

var ary = ["google", "apps", "script"];
これで、aryという配列変数を定義し、3つの文字列を入れています。

初期値を入れずに、配列のみを作成するなら、
var ary = [];
このように書きます。

インデックスを指定して操作する

function myFunction21_2() {
  var ary = ["google", "apps", "script"];
  Browser.msgBox(ary[1]);
  var i = ary.indexOf("apps");
  ary[i] = "Apps";
  Browser.msgBox(ary);
}

apps
1
goole,Apps,script
と表示されます。

配列のインデックスは、0から始まります。

ary[1]
インデックスが1なので、2番目の要素になります。

indexOf
引数の文字が入っているインデックスを返します。
指定の文字列が配列に無い場合は、-1が返されます。

配列に追加する

function myFunction21_3() {
  var ary = [];
  ary.push("apps")
  ary.push("script")
  ary.unshift("google")
  Browser.msgBox(ary);
}

google,apps,script
と表示されます。

push
配列の末尾(最後)に追加します。

unshift
配列の先頭(最初)に追加します。

配列から削除する

function myFunction21_4() {
  var ary = ["google", "apps", "script"];
  ary.pop();
  ary.shift();
  Browser.msgBox(ary);
}

pop
配列の末尾(最後)の要素を削除します。


shift
配列の先頭(最初)の要素を削除します。

PPAP

function PPAP() {
  var AP = [];
  var PP = [];
  var PPAP = [];
  AP.push("Pen");
  AP.unshift("Apple");
  Browser.msgBox(AP);
  PP.push("Pen");
  PP.unshift("Pineapple");
  Browser.msgBox(PP);
  for (var i=PP.length-1;i>=0;i--) {
    PPAP.push(PP[i]);
  }
  for (var i=0;i<PP.length;i++) {
    PPAP.push(AP[i]);
  }
  Browser.msgBox(PPAP);
}

踊りながら、解読してみましょう。


多次元配列について

上記までの配列は、1次元配列になります。
変数としての箱が、一列に並んでいるものと考えれば良いです。
多次元配列とは、2次元以上の配列になります。
2次元配列であれば、シートのように、縦横に箱が並んでいる事を想像してもらえれば結構です。
JavaScriptでは、
多次元配列は直接的にはサポートされていません。
ですが、実際には多次元配列を作ることが出来ます。
配列には、数値や文字列だけではなく、オブジェクトや配列も格納することができます
そこで、
配列の要素に、配列を指定することで2次元配列を作成できます。
3次元以上の配列も同様の考え方で作ることが出来ます。
これについては、使う必要が出てきた時点で、実践的な使い方を解説していきます。


スプレッドシートの場合は、シートを配列として使う事も出来ますが、
シートにデータを出し入れすると、とても処理時間が遅くなってしまいます。
処理速度向上には、配列の使用が必須になってきますので、ぜひ習得しておきましょう。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第22回.オブジェクト、メソッド、プロパティとは
第23回.行・列を操作する(挿入・削除・非表示・サイズ)
第24回.シートの挿入・削除・名前変更
第25回.スプレッドシート(ブック)の作成・名前変更
第26回.セルのコピー&各種ペースト
第27回.セルに数式を入れる
第28回.リンクの挿入・編集・削除

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)
セルのコピー&各種ペースト|Google Apps Script入門(11月22日)
Twitter Bot 作成|Google Apps Script応用(11月6日)
Excel流の最終行の取得|Google Apps Script応用(11月6日)
方眼紙Excelが楽に入力できるVBA|ExcelマクロVBAサンプル集(11月5日)
「ポケモンを確実に見つける方法」をExcelで数学してみた|エクセル雑感(11月4日)
スプレッドシート(ブック)の作成・名前変更|Google Apps Script入門(11月4日)
シートの挿入・削除・名前変更|Google Apps Script入門(11月3日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
8.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
9.セル・行・列の削除・挿入(Delete,Insert)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • 配列って何なんだ?

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    ↑ PAGE TOP