エクセルの神髄
鵜原パソコンソフト研究所

エクセル(Excel)マクロ(VBA)情報を中心に、エクセル関数、エクセル基本操作までをサンプルとともに解説しています
最終更新日:2019-04-06

本サイトについて

エクセル(Excel)関連の技術情報を充実させています。
「Excel全般」は、エクセルの操作と関数を基礎から応用まで、
「マクロVBA」は、入門・基礎から上級向けの情報まで豊富に揃えています。


開発したソフトの一部をフリー・シェアとして公開しています。
気軽にダウンロードして、使ってみて下さい。
使った感想などをお寄せくだされば、今後の開発に生かしていきます。
試用版の場合は、プロダクトキーの入力だけで有料版へ移行できます。
まずは一度、お試し下さい。
「お客様第一」顧客管理システムは有料ソフトです、試用版を用意してあります。
「エクセル顧客管理」は顧客管理です。購入でVBAコードも開示します。
「エクセル営業管理」は見積・請求・スケジュール・会計管理です。購入でVBAコードも開示。
「たぶん同期」フォルダ同期ソフトはフリーソフトです、ご自由にどうぞ。
「エクセル集」総務部、社会保険労務士向け、完全フリーです。

※本サイトはリンクフリーです、ご自由にどうぞ。

更新情報・お知らせ

サイト全体をリニューアルしました。
横幅を広げ、文字も少し大きくしました。
サイト全体をHTTPS化(常時SSL)しました。
HTTP/2プロトコルにより、レスポンス速度が向上しています。
ブックマークしている場合は、HTTPSへ変更してください。
新シリーズとして、「MOS VBAエキスパート対策」を開始しました。
MOS VBAエキスパートの、ベーシック、スタンダード合格に必要なVBAの解説です。
「2020年小学校プログラミング必修化」、大人はVBAから始めてみましょう。
最も閲覧されているのが、「マクロVBA入門」です。
最初に書き始めてから7年近く経過しています。
第1回から順次見直し誤字脱字の修正をしつつ、必要に応じ説明文を追加しています。
久しぶりの大型記事を書き始めました。
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう
オセロ作りを通して、思考整理しVBAプログラミングの学習が目的です。
YouTubeで動画配信を開始しました。YouTube 動画一覧
手始めに、「ヤマサンゆったりマクロ」マクロの入門動画です。
チャンネル登録お願いします!
遅ればせながら、Google スプレッドシート の入門編を開始します。
ゆくゆくは、Google Apps Scriptの神髄にまで迫りたいと思います。
各ページの本文右上に、最終更新日を追加しました。
元ファイルの更新日ですので、公開日とは若干違う場合があります。
誤字脱字だけの修正をしている場合もあります。
久しぶりの新企画をスタート、ExcelマクロVBA再入門
理屈は最低限に、とにかくマクロVBAが書けるようになることが目的です。
スマホ対応サイトへリニューアルしました。
いわゆるレスポンシブCSSを使ったものとなっています。
これにともない、イメージも一新しました。
1年ほど前にフォルダ構成を変更し、2ヶ月前に旧ファイルを削除しました。
サイト内のリンクが消えても、Googleクロールエラーが無くなりません。
そこで、旧URLは301リダイレクトを設定しました。
各ページのレイアウトを少し変更しました。
行間を広くしたので読みやすくなったと思います。
※サイトのタイトルを「エクセルの神髄」としました。
「神髄」は本質、奥義の意味です。基本の積み重ねこそが奥義です。
サイト構成をエクセル中心に変更しました。
従来のトップページは、★旧トップページ★よりお入りください。
都合により、フォルダ構成を変更しました。
旧URLは、しばらく残しますが、いずれ削除予定です。
ブックマーク等をしている場合は変更をお願いいたします。
独自ドメイン取得しました。
エクセル色を強めました。
全体的にリニューアルしました。
使い易くなっていれば良いのですが。

新着記事NEW・・・新着記事一覧を見る

クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)

VBAの使い方が進んでいくとクラスを使うようになっていきます。クラスを使うようになるとオブジェクト指向という言葉に出会い、オブジェクト指向を学んでいくとポリモーフィズム(多態性)という言葉に出会います。ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
VBAでタイマー処理(一定時間間隔で処理)を行う方法についての解説です。最も一般的な方法は、Application.OnTimeを使う方法になりますが、今回の主題としては、WindowsAPIのSetTimerを紹介します。ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルVBAではマルチスレッドによる並列処理はサポートされていません、つまり通常は順序良く直列に処理していくしかありません。しかし処理時間が多大にかかるような処理も現実には存在しているため、エクセルVBAで並列処理したいという要望も出てきます。ExcelマクロVBAの問題点と解決策
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
エクセルに入力するデータとしては、数値、文字、日付時刻などがありますが、日付時刻はかなり特殊なものとなっています。日付時刻の扱いは独特であり、エクセルのワークシートだけでなくマクロVBAでも他のプログラミング言語でも扱いが面倒なものです、ここでは日付時刻についての関数,Excel関数の解説
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
セルに入力されている数式が折り返されていて複数行(ときに3行以上)になっている場合、数式バーで見ていたのでは、どんな数式なのかがさっぱりわからなくなります。このような複雑な数式を分解し、分かり易く表示するVBAを作成しました。ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
クラスの作成は、標準モジュールで作成していた時とは様相が違い戸惑う部分も多いと思います、それは、初めてVBAに取り組んだ時の戸惑いと同じかもしれません。最初はとにかく慣れることが一番です、細かい文法や機能は、少し慣れてから改めて学んでも遅くはありません。ExcelマクロVBAの問題点と解決策
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
クラスに列名のプロパティを作成することで、入力支援が使えてコーディングが楽になりますが、列数が多くなればVBAの記述量が増え、コーディングが大変になります。入力支援が使えるのは良いが、その事前準備があまりに大変ではやる気が失せてクラス作るのが面倒になってしまいます。VBAの問題点と解決策
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使う良さとして、入力支援が使えてコーディングが楽になるという利点があります、列番号をクラスに持てば、列名が候補表示されて非常に便利です。しかし、これを実装するには、かなりの手間がかかります。ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
VBAでイベントを使う場合は、通常はイベントが発生するオブジェクト(ブックやシート等)のモジュールに記載します、つまり、各ブックの中にマクロを入れなければなりません。他ブックのイベントを処理するには、WithEventsキーワードを付けた変数宣言を使います
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)
Excelアドインの作成方法と登録方法についての手順と注意点、そして対応するマクロVBAコードについて紹介します。具体的にどんなアドインを作成するかではなく、一般的なアドインの作成と登録についての概要の解説とVBAコードのサンプルになります。ExcelマクロVBAの問題点と解決策

アクセスランキング・・・ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
11.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
12.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
13.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門
14.まずはマクロVBAを使う準備|ExcelマクロVBA入門
15.Rangeでのセルの指定方法|ExcelマクロVBA入門
16.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
17.マクロの記録|ExcelマクロVBA入門
18.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
19.VBEのオプション設定(Option Explicit)|VBA入門
20.マクロを実行するには(F5)|ExcelマクロVBA入門


エクセル(Excel)・・・エクセルの基本操作・関数からマクロ(VBA)まで

特にマクロVBAのコンテンツは初級者から上級者まで役に立つ内容にしています。
★エクセルの基礎を学習する方法★


★エクセル全般の全コンテンツ一覧★

★ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法★


★エクセルVBAの全コンテンツ一覧★

Googleスプレッドシート、Google Apps Script・・・学びながら掲載していきます

筆者自身が、ほとんど使ったことがありませんので、
勉強しつつ、覚えたこと、試したことを記載していきます。
随所で、Excelとの対比を掲載していく予定です。

「エクセル顧客管理」「エクセル営業管理」・・・購入でVBAコードも開示

購入した場合は、マクロ(VBA)のパスワードを解除できます。
また、メールでのサポートが受けられるようになります。
・プロダクトキーを入力することで、
 試用確認画面が表示されなくなります。
・同じプロダクトキーで、
 マクロ(VBA)のパスワードを解除できます。
・メールでのサポートが受けられるようになります。
 サポート範囲
 ・使い方の問い合わせ
 ・VBAコードに対する質問
 ・小規模改修への助言と簡単なVBAコードのサンプル提示
  大規模な改修や、大量コードは提示は出来ません。
・全く修正せず、そのまま使う事も良いですが、
 マクロが多少でも理解でき、自身で修正できる方が望ましいです。
「エクセル顧客管理」「エクセル営業管理」・・・購入でVBAコードも開示





このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

本文下部へ