MOS VBAエキスパート対策 | MOS VBAエキスパート対策 | MOS Excel VBAエキスパート対策です



最終更新日:2018-03-16

MOS VBAエキスパート対策


MOSのVBAエキスパート試験に合格するために必要なVBA知識についての対策です。

試験に合格するには、その知識だけではなく、準備や試験当日の諸注意も必要ですが、

ここでは、基本的にはVBAの知識に絞った対策になります。


VBAエキスパート試験に関する全般的な事は、
VBAエキスパート公式サイト
こちらをご覧ください。
特に、受験に関すること(試験会場や費用等)は、良く確認しておくようにしましょう。

筆者自身は、この試験を受けていません。
MOS試験が開始されるよりはるか以前からVBAを使っていますので、試験を受ける機会はありませんでした。
そこで、本シリーズを書き終えたら、実際に受験してみようかと思っています。
(試験会場がかなり遠方にしかないので、どうしようかと思ってはいますが)
試験問題は当然毎回違いますので、何点取れるものなのか確認してみたいと思っています。
受験した時は、ここに感想や、これから受験する人に対する助言を書ければ良いなと思っています。


本シリーズの目的

当然のことながら、
MOSのVBAエキスパート試験に合格するためのVBA知識の習得にあります。

しかし、試験合格後の事も考えれば、
業務改善の実務での活用についても、出来る限り意識しながら書いていきたいと思っています。

従って、既にMOSのVBAエキスパートに合格している方にとっても、
業務改善の実務に活かす場合の参考になるように書いて行きたいと思っています。


VBAエキスパート学習の意義

2020年小学校プログラミング必修化 !

さすがに、大人が小学生の学習教材でプログラミングを勉強するという気にはならないと思いますし、
実社会において、小学校プログラミングでは業務にいかせません。

後十数年もすれば、小学校からプログラミングを教育された子供たちが社会に出てきます。
その時に、プログラミングなんてやった事ないでは・・・
現在の50代以上の中には、会社にPCが導入されて苦労した人も多いはずです。
そういう時代が来ることを予想して準備していなければ、そうなっても仕方ありません。

プログラミング言語は多数あります。
その中で、大多数の人が業務に直接いかせる言語はVBAだと言って良いと思います。
ほぼ全てのPCに入っているExcelがあれば、直ぐに始められるプログラミング言語がVBAです。
そして、
せっかく学習したのなら、その成果を確認する意味で試験を受験してみることは良いでしょう。
もちろん、
これから、就職・転職を考えているなら、需要の多い有望な資格であることはご存知の通りです。


VBAエキスパートの種類

Excel VBA ベーシック
Excel VBA スタンダード
Access VBA ベーシック
Access VBA スタンダード

ここでのVBA対策は、Exce VBA 限定になります。


公式テキスト


こちらは必須として購入した方が良いでしょう。
※筆者自身は、今回の記事を書くために2冊とも購入しました。

ちょっと高いなーとは思いますが、
書籍を購入することで、
・演習問題
・模擬問題プログラム
これらがダウンロードできるようになります。

このシリーズでは、テキストを読みながら学習していることを前提とします。
そうしないと、無駄な説明が多くなり要点がはっきりしなくなってしまいますし、
テキストと同じことを説明したのでは書く意味がありませんので。

ただし、出来る限りこのサイトだけで学習できるようには書くつもりでいます。


筆者が模擬問題プログラムをやってみた

ベーシック、スタンダードの両方の模擬問題プログラムを実際にやってみました。

2つやるので時間的な事もあり、結構急いで回答しました。
それでも所要時間は、ベーシックが15分くらい、スタンダードが25分くいかかったでしょうか。
使う時間の大半は問題の文章を読む時間と、紛らわしい回答群の確認になります。
特にスタンダートはVBAコードも長くなりますので、VBAコードを見るのに時間が必要になってきます。

試験内容とやり方の確認が目的なので、特に見直しもせずに採点
結果は・・・
どちらも、35問正解/全40問
65%から80%くらいが合格ラインとのことなので、
まあ合格は大丈夫な点数だとは思いますが。
練習問題もやらずにいきなり挑戦し、急いで回答したとはいえ、
かなり不満というか、情けない点数ではあります。
それにしてもこのような問題だと、満点を取るのはかなり大変かもしれませんね。

やはりテストはテスト、回答時に細心の注意は必要なようです。
紛らわしい日本語も結構あるので、しっかり問題文の日本語を読み、
(これはどんな試験にも言える事ですけど。2つ選択で1つしか選択してないとかあったし)
VBAコードも、ほとんど同じようなVBAコードが並んでいるので、かなり良く見ないとダメですね。
また、単語の入力はスペル間違いがあるとダメなので、
ステートメント、プロパティ、メソッドのスペルはしっかり覚えタイプミスには注意が必要です。

たたし、実務では、、
多くの場合入力候補を使うので(というか、使うべきなので)、
スペルを完全に覚えている必要はほとんどありません。
このようなテスト方法であれば仕方無いのでしっかり覚えるしかありません。
そういう意味では、やはり資格試験としての限界かもしれません。
実務ではどうでも良い事を覚えるのに時間を費やさなければならず、
本来の業務に必要な知識の習得まで到達できていないように感じも少ししました。


各ページ内の構成

小分類の一覧
小分類の項目を列挙します。
【ここでのポイント】
なにを意識して学習したらよいか、
どこを重点的に覚えたら良いかを書きます。
小分類ごとの解説
テキストの中で、覚えるべき要点を整理して解説していきます。
テキストを読めばわかることは項目の列挙程度にとどめます。
テキストでは長文で解説しているものを、覚えやすいように簡潔な文章で説明
テキストでは用語が出てくるだけでほとんど解説していないが重要な事を詳細解説
テキストでは扱っていないが試験に出る可能性のありそうな事項を追加解説
つまり、参考書的な見方をしてもらえれば良いと思います。
公式テキストは、それぞれ200ページ以上ありますので、同様の事を全て解説する訳にも行きません。
なるべく簡潔な文章で、要点のみ解説するようにしたいと思います。
【業務改善の実務】
試験に合格した後に、業務改善の実務に活かしたいですよね。
そこで、
業務改善の実務で活用する場合の助言や、
逆に実務で使わない内容であれば、その理由と実務でのVBAコードの提示。
合格後に少しでも業務改善の実務に活かせるように出来ればと考えています。
【本サイト内の関連ページ】
本サイト内で同様の解説をしているページ
本サイト内で応用として使っているページ
これらへのリンクを掲載します。
学習の補助として、業務改善の実務の参考として使えるようにしたいと思います。


以下はVBAエキスパートの公式サイトに出ている出題範囲で、このシリーズの目次です。
出題範囲の大分類ごとに1記事で作成します。
公式テキストとは章立てが若干違っている部分もありますが、このシリーズでは出題範囲を採用しました。
記事をアップした時点で順次リンクを張っていきます。

VBAベーシック

  • マクロとVBAの概念
    マクロとは何か
    VBAとは何か
    VBAの特徴
    Visual Basic Editorの操作と画面
    ブックとマクロの関係
    セキュリティレベル
  • マクロ記録
    マクロ記録とは
    マクロ記録の限界
    マクロ記録の活用方法
    記録のしかた
    記録される場所
    標準モジュール
    個人用マクロブック
  • VBAの構文
    オブジェクト式
    ステートメント
    関数(Right、Left、Mid、InStr、Now、Format、MsgBox、InputBox など)
    演算子(「+」「-」「*」「/」「^」「\」「Mod」「And」「Or」「Not」
    モジュールとプロシージャ
  • 変数と定数
    変数の意味
    変数の宣言
    変数の代入と取得
    スコープ
    定数の意味と使い方
  • セルの操作
    RangeとCells
    セルにデータを入力する
    セルのデータを取得する
    セルの書式設定
  • ステートメント
    If...End If
    For...Next
    With...End With
  • ブックの操作
    ブックを開く
    ブックを保存する
    ブックを閉じる
  • シートの操作
    シートを挿入する
    シートを削除する
    シートに関連する基本的な操作
  • デバッグの基礎
    デバッグとは
    論理エラーと文法エラー
    イミディエイトウィンドウ
    ブレークポイント
    ステップ実行
  • マクロの実行
    Visual Basic Editorから実行する
    [マクロ]ダイアログボックス
    シート上にボタンを配置する
    メニュー/ツールバーに登録する
    クイックアクセスツールバーに登録する
  • VBAベーシック試験対策まとめ


VBAスタンダード


筆者の受験記

実際に受験したら書こうと思います。
試験会場が遠いんですよね、それに、受験費用も結構高いし。


これから受験する人への助言

実際に受験してみて、
ここまでに書き漏れていたこととか、
受験時の注意とかを書ければと思っています。





新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

数値範囲で表検索するVLOOKUP近似一致|エクセル関数超技(10月5日)
エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説(9月8日)
VBAのクラスとは(Class,Property,Get,Let,Set)|VBA技術解説(8月28日)
VBAこれだけは覚えておきたい必須基本例文10|VBA技術解説(8月22日)
VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
8.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
9.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • MOS VBAエキスパート対策

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP