エクセルの神髄
ExcelマクロVBA入門:VBAを基礎から学習

ExcelマクロVBAの基本と応用、初級・初心者向け解説です
最終更新日:2020-09-01

ExcelマクロVBA入門:VBAを基礎から学習


Excel VBA 入門 エクセル マクロ

VBAExcelの操作を自動化するマクロ機能で使われているプログラミング言語です。
Visual Basic Applications」の略になります。


マクロVBA入門シリーズでは、
始めはより詳しく丁寧に解説し、少しずつ難易度を上げることで無理なく学習を進められるようにしています。
最終的にはVBAを実務で自在に扱えるようになる事を目的としています。

初級・初心者の方の入門としては、まずは最初から軽く通読するようにして下さい。
理解できない部分があっても、細部にこだわらず時に先に進むことも重要です。
先に進むことで、以前は理解できなかったことが理解できるようになっている場合もあります。
折に触れて復習することで、いつの間にか理解が進んでいることを実感できるはずです。

中・上級者の方は、目次から必要な項目をご覧ください。
掲載順とは別に学習順で目次を並べ替えている部分もあります。

VBA入門の章立て

学習順序としては、以下のページも参考にしてください。
VBA学習のロードマップ
ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法

とにかく実戦を通して素早く身に付けたい人は、こちらから始めると良いでしょう。
Excelマクロ再入門

VBAの基礎・基本:VBA入門

まずは、入門としての基礎・基本からです。
ExcelマクロVBAが初めての方にも分かるようになるべく平易に詳しく書くようにしました。

マクロとは、VBAとは

RangeとCells

変数と繰り返し処理

If条件分岐

関数とは、引数とは

ブック、シート、セル

セルの書式

別シートにセルをコピー

VBA関数

オブジェクトとは、コレクションとは

ブック・シートを安全に扱う


ここまではVBA入門として最低限の基本になります。
基本とはいえ、ここまで習得出来ればかなりExcel VBAを書けるようになっているはずです。

VBA入門に必要なVBEの基本的使い方

ここで、今後の学習をスムーズに進めるために、
VBE(Visual Basic Editor)の使い方と、デバッグ方法について確認しておきましょう。

VBAプログラミングの基礎・基本

このあたりで、VBAプログラミングの基本を見ておくと良いでしょう。
以下はVBA入門シリーズとは別記事です、拾い読みで良いでしょう。

Excel各種機能とオブジェクトの理解:VBA入門

ここからは、入門・初級から中級レベルに進むためのVBA知識の習得になります。
オブジェクト・プロパティ・メソッドといったプログラミングの専門用語が頻繁に出てきます。
言葉の定義にとらわれず、一つ一つがなにを意味しているのか全体像を把握するようにしてください。
また、Excelの各種機能に該当するVBAコードについては、暗記する必要はありません。
必要な時に直ぐに調べられるように、一通り見ておく事が重要です。
オブジェクトを意識したVBAを書くために、まず最初に以下を読んでおいてください。
オブジェクト式について

エクセルのオブジェクトはとても複雑です。
オブジェクトのどのプロパティを設定すれば望みの状態にできるかを調べるのはかなり大変です。
オブジェクトの探索方法|マクロVBA技術解説

VBAでは独自のプロパティを作成することもできます。
第140回.Property {Get|Let|Set} ステートメント

シートを壊さない為に

印刷ページ設定

ファイル操作Ⅰ

Rangeの必須プロパティ

エクセルの機能を使い倒す

プロシージャー分割

プロシージャーを適切な機能単位で分割し部品化します。
複数の部品を使い全体を組み立てていきます。

第105回.Callステートメント
第106回.Functionプロシージャー
第107回.プロシージャーの引数
第108回.変数の適用範囲(スコープ,Private,Public)

ここまでが、VBAで業務を自動化する上での必須になります。
自動化したいことのほとんどは、ここまでで実現できるはずです。

復習をかねて練習問題に取り組んでみましょう。
ExcelマクロVBA練習問題

VBA初級からVBA中級を目指して

ここからは、必要になった時に一つずつ覚えて行ってください。
VBA習得としては、既に入門を脱して次の段階に入っています。
すぐに理解できなくても構いませんので、VBAスキルアップに必要なものとして取り組んでください。

Applicationの便利メソッド

配列

ファイル操作Ⅱ

VBA拡張機能

VBA入門の後日追加記事

一度完結したのですが、ここまでで漏れている内容がありました。
そこで、他のシリーズではなく、ここに記載しておいた方が良いと思うものを追加しました。
抜け番は、本来の章の位置に入れています。

イベント

テーブル機能

その他の

以上で、「ExcelマクロVBA入門」は完了です。(必要があれば今後も追加しますが)
全てを暗記することは困難ですし、その必要もありません。
マクロVBA開発の実務で不明な事がでてきたら、このページを検索して復習すれば良いことです。
一度学習したことは、案外簡単に思い出せるものです。

VBA入門その後の学習について

復習したい人は練習問題で確認しましょう

途中でくじけてしまった人は実践重視で

VBAエキスパートを受験する人は参考書として

ここでの学習が終了したら、もうVBAのエキスパートと言ってよいでしょう。
分からない事があったら以下で調べながら自分で解決できるはずです。

VBAの不明点を調べるなら

業務で多くの人が使うのなら、よりユーザーフレンドリーな画面を作りたいものです。
VBAでは、ユーザーフォームを作ることで、より使いやすい画面にすることができます。
クラスが使えるようになると、VBAの見える世界がまた変わってきます。
本格的にVBA使いを目指すなら、VBAクラスの習得は必須です。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)
関数内関数(関数のネスト)とスコープ|Python入門(9月18日)
関数の定義(def文)と引数|Python入門(9月18日)
組み込み関数一覧|Python入門(9月17日)
辞書(dict型)|Python入門(9月16日)
入力規則への貼り付けを禁止する|VBA技術解説(9月16日)
タプル(tuple型、イミュータブル)|Python入門(9月15日)
リスト(list型、配列)|Python入門(9月14日)
文字列操作(str型)|Python入門(9月13日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ