エクセルの神髄 | ExcelマクロVBA入門 | ExcelマクロVBAの基礎と応用の入門・初級・初心者向け解説です



最終更新日:2018-08-10

ExcelマクロVBA入門


VBAとは、エクセルの操作を自動化するマクロ機能で使われているプログラミング言語です、

VBAは、「Microsoft Visual Basic Applications」の略になります、

このシリーズでは、実務で必要とされるマクロVBAの全てを解説していきます。

初級・初心者の方は最初から通読するようにして下さい。

理解できない部分があっても、時に先に進むことも重要です。
先に進むことで、以前は理解できなかったことが理解できるようになっている場合もあります。
折に触れて復習すると、いつの間にか理解が進んでいることが実感できるはずです。

中・上級者の方は、目次から必要な項目をご覧ください。


学習順序としては、以下のページも参考にしてください。


まずは、超基本からです。
マクロVBAが初めての方にも分かるようになるべく平易に詳しく書くようにしました。


ここまでは、最低限の基本になります。
基本とはいえ、ここまで習得出来ればかなりVBAを書けるようになっているはずです。
このあたりで、プログラミングの基本を見ておくと良いでしょう。


ここまでが、VBAで業務を自動化する上での必須になります。
ここからは、必要になった時に一つずつ覚えて行ってください。


一度完結したのですが、ここまでで漏れている内容がありました。
そこで、他のシリーズではなく、ここに記載しておいた方が良いと思うものを追加しました。


途中でくじけてしまった人は


MOS VBAエキスパートを受験する人は


ここでの学習が終了したら、もうVBAのエキスパートと言ってよいでしょう。

分からない事があったら以下で調べながら自分で解決できるはずです。





新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

数値範囲で表検索するVLOOKUP近似一致|エクセル関数超技(10月5日)
エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説(9月8日)
VBAのクラスとは(Class,Property,Get,Let,Set)|VBA技術解説(8月28日)
VBAこれだけは覚えておきたい必須基本例文10|VBA技術解説(8月22日)
VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
8.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
9.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • ExcelマクロVBA入門

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP