VBA入門
第19回.総合練習問題1

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-06-27

第19回.総合練習問題1

マクロVBA練習問題

マクロVBA入門で今までに説明した、
マクロVBA情報を中心に、エクセル関数・基本操作までサンプルとともに解説。初心者向けの基本から上級者向けの高度な内容までVBAサンプルコードを掲載解説しています。

For~Next
最終行の取得
四則演算

以上を使って、以下の練習問題をやりましょう。

マクロVBA練習問題

上記表で、A列の単価×B列の数量を計算して、C列の金額を出して下さい。

ヒント!
For Nextで2行目から表の最終行まで単価×数量を計算してしてください。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了

マクロVBA練習問題解答へ

では解答へ進んでください。

エクセル厳選情報メールマガジン登録
登録は無料です。
こちらの登録で、専用メールアドレスにて質問が可能となります。

解答はこちら、「総合練習問題1解答」



同じテーマ「VBA入門」の記事

第16回.繰り返し処理(For Next)

VBAのForNextは、同じ処理を繰り返し行うためのVBA構文です。VBAで繰り返し処理をする方法は何通りかありますが、最も頻繁に使われていて、最も簡単便利であり、まず最初に覚えるべき繰り返し処理のVBA構文がForNextになります。ForNextは、繰り返し処理をするためのステートメントで、同じ処理を複数回繰り返したい場合に使います、
第17回.繰り返し処理(Do Loop)
繰り返し処理として、前回はFor~Nextをやりました、今回はDo~Loopです。For~Nextに比べると使用頻度は落ちますが、必ず覚える必要があるものです。For~Nextは、繰り返す回数をあらかじめ指定するものでしたが、Do~Loopは、繰り返す回数ではなく、繰り返す条件を指定するものです。
第18回.最終行の取得(End,Rows.Count)
Excelワークシートにおける表の最終行の取得は、VBAの必須技術になります、エクセルVBAにおける最終行取得の必要性 エクセルは表計算ソフトです、つまり縦横の表を扱います、データは横に項目があり、縦に項目に対するデータが入っている事が一般的です。しかし、そのデータ行数は決まった行数ではない事が普通です。
第19回.総合練習問題1
第20回.条件分岐(IF)
ある条件の時だけ処理したい事もあれば、条件によって処理内容を変更したい事もあります。条件により処理を分岐させたい場合に使うのが、Ifステートメントです。VBAマクロで自動化する場合の多くは、条件により処理を変えつつ一定回数繰り返すという事です。
第21回.条件分岐(ElseIf)
前回のIFステートメントでは、真か偽の二択でした。今回は、もっと多くの分岐が必要な、Ifステートメントで多肢条件分岐の場合の書き方です。ステートメントとしては、Ifステートメントです。IfステートメントのElseIfの構文 If条件式1Then 条件式1が真の処理 [ElseIf条件式2Then 条件式2が真の処理] [ElseIf条件式3Then 条件…
第22回.条件分岐(Select Case)
前回のElseIf以外の、多肢条件分岐の別の書き方があります。それがSelectCaseになります。むしろElseIfより、このSelectCaseの方が、より多肢条件分岐に適していると言えます。SelectCaseは、多肢条件分岐に特化したステートメントになります。
第23回.メッセージボックス(MsgBox関数)
メッセージを表示するダイアログボックス(小さな画面)を表示します。ユーザーに選択(「はい」「いいえ」や「OK」「CANCEL」等)してもらい、その選択結果を受け取る事も出来ます。マクロVBAでメッセージボックスを表示するにはMsgBox関数を使います。
第24回.インプットボックス(InputBox関数)
ダイアログボックスにメッセージとテキストボックスを表示し、ユーザーが入力した文字列を取得することが出来ます。マクロVBAの最初または途中で、ユーザーの入力によって処理を変更したい場合が出てきます。これを実現するには、マクロVBAではInputBox関数を使います。
第25回.名前付き引数について
引数とは、関数やメソッド等を呼び出すときに渡す値の指定のことです。この引数を渡す時の記述方法として、名前付き引数があります。マクロVBAでの記述では、:=が使われます。この:=は名前付き引数のみで使用される記述になります。
第26回.総合練習問題2
VBA練習問題 以下の表を使用します、メッセージボックスと数値集計の問題です。InputBox関数で数値を入力し、A列の数値が、指定数値以上の合計を求め、MsgBox関数で表示して下さい。例えば、InputBox関数で10と入力したら、14+11+12+13+18を計算し、MsgBox関数で68を表示するという事です。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

トランザクション処理|SQL入門(12月11日)
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)|SQL入門(12月9日)
他のテーブルのデータで追加/更新/削除|SQL入門(12月8日)
データの削除(DELETE)|SQL入門(12月7日)
データの更新(UPDATE)|SQL入門(12月6日)
複数のSELECT結果を統合(UNION,UNION ALL)|SQL入門(12月5日)
テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)|SQL入門(12月4日)
データベースの正規化とマスタの作成|SQL入門(12月3日)
データベースにおけるNULLの扱い方|SQL入門(12月2日)
オブジェクト変数とは何か|VBA技術解説(12月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • 総合練習問題1

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
    掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ