ExcelマクロVBA入門
第18回.最終行の取得(End,Rows.Count)

Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-06-29

第18回.最終行の取得(End,Rows.Count)


Excelワークシートにおける表の最終行の取得は、マクロVBAの必須技術になります、


エクセルVBAにおける最終行取得の必要性

エクセルは表計算ソフトです、つまり縦横の表を扱います、
データは横に項目があり、縦に項目に対するデータが入っている事が一般的です。
しかし、
そのデータ行数は決まった行数ではない事が普通です。
データは増えたり減ったりするものです。
そして、
マクロでは、表の全行に対して処理することが普通です。
しかし、
表の全行に対して処理する為には、データの最終行が分からないと、
毎回、最終行の数値を変更しなければならなくなり、そんな面倒な事はしてられません。
では、
最終行はどのように取得すればよいでしょうか。

以下の表で説明します。

マクロVBA 最終行

マクロでは、A2~A11まで処理したいですよね。
そして、
この行数が増えても、マクロは変更すること無く使えるようにしたいです。
そこで、
データの入っている最後の行数を、マクロVBAで自動的に取得したいということになります。

.End(xlDown):Ctrl+↓

そもそも手作業で、表データの一番下に移動する時はどのような操作をしていますか?

手操作で、A列の最終行に移動する場合は、
A1セルが選択されている状態で、
Ctrl + ↓

これで、A11に移動できます。

これをマクロVBAでは、
Cells(1, 1).End(xlDown)
このように書きます。

しかし、途中に空欄のセルがある場合、

マクロVBA 最終行

この場合は、Ctrl + ↓ではA6セルになってしまいます。
これは都合が悪いですね。

.End(xlUp):Ctrl+↑

表の途中に空欄が不特定に入っている場合は、
いったんシートの一番下(シートの最終行)のA列(A1048576)セルに移動してから、
Ctrl + ↑
とやれば、A11に移動できます。

これをマクロVBAでは、
Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp)
このように書きます。
Rows.Count
Rows.Countは、シートの行数になります。
2007以降なら1048576です、2003なら65536です。
Rowsとはシートの全行で、Countなのでその数ということです。
つまり、
シートのA列の最終行から、上に向かって、Ctrl+↑で移動している訳です。

このEndは、Rangeオブジェクトのプロパティで、Rangeオブジェクトを返します
※この表現はとても分かりづらいです、このページ最後の方で説明しています。

Endプロパティの方向(↑↓←→)について

Endプロパティの構文は、
End(Direction)


Directionに指定するものは、
xlUp : ↑上へ
xlDown : ↓下へ
xlToLeft : ←左へ
xlToRight : →右へ

セルの行数を取得するRowプロパティ

Endプロパティで取得したままの、
Cells(1, 1).End(xlDown)

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp)
これらは、最期のセル(行数ではなく、セルそのもの)を表しています。
つまり最期のセルのRangeオブジェクトになります。

つまりそのままでは行数ではなく、セルの値が取得されてしまいます。

セルの行数(行位置)を取得するには、
Cells(1, 1).End(xlDown).Row

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
このように、.Rowを指定します。
これで、データの最後の行数を取得できることになります。

この、.Rowは、Rangeオブジェクトのプロパティで、その行位置を返します。
上記例なら、11が返されます。
返されるとは、つまりは、
Cells(1, 1).End(xlDown).Row11と同じだと言う事です。

最終行を取得する場合は、
まずは
Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
または
Cells(1, 1).End(xlDown).Row
これは、定型文として丸暗記して下さい。

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Rowを日本語に訳す

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
セルA1048576からCtrl+のセルの行数
このVBAコードは長いので、一度書いたものをコピペで使うようにして良いですが、
最初の何回かはタイピングして覚えてください。
そうすることで、VBAになじむことができるようになります。
この一文には多くのプロパティを含んでいて、今後の学習に必ず役に立ってきます。

EndプロパティがRangeオブジェクトを返す

この言葉は非常に分かりづらいものとなっています。
今はまだ理解できなくても構いません。
詳しい説明は今後少しずつ説明しますので今回はさわりだけ説明しておきます。

プロパティは、オブジェクトの属性
このような説明をしてきました。

そのプロパティがオブジェクトを返す
ちょっと解りづらいと思います。

ただ、これを詳しく説明するのは、非常に多くの事を説明しなければなりません。

今は、プロパティには、値の設定・取得をするものと
オブジェクトを返すプロパティがあると言う事だけ知っておいて下さい。
EndはRangeオブジェクト返すプメロパテイであるということです。

最終行に関するサイト内のページ

最終行の取得は、マクロVBAにおいて基本かつ重要なものです。
他の解説ページも是非お読みください。

最終行・最終列の取得方法(End,CurrentRegion,SpecialCells,UsedRange)
エクセルの表をVBAで扱う時はデータ部分の先頭から最終行までの開始列から最終列まで処理する事が多いでしょう。開始行や開始列はほとんどの場合見出し行や見出し列の次からになります。単純な話として1行目に見出しがあれば2行目から 1列目に見出しがあれば2列目から ではここで最終行や最終列は

第6回.表の先頭から最終行まで繰り返す(ForとEnd(xlUp).Row)
エクセルの表は、横の項目はあまり変更はないものですが、縦のデータ数、つまり行数は常に変わるものです、前回のように、固定の回数しか繰り返せないのでは困ります、データ数に応じて、最終行まで繰り返す方法が必要です。データの最終行が分かれば良いのです。

Rangeの使い方:最終行まで選択を例に
Rangeの使い方・書き方についてデータ最終行まで選択する場合を例に説明しますRangeの書き方なのでRangeオブジェクトではなくRangeプロパティの解説という事になります。最近続けざまに以下のようなコードを見かけました。Range(_A2_,Range(_A2_).End(xlDown)).Select Range(_A2_,

最終行の判定、Rangeオブジェクトと配列、高速化の為に
最終行の判定 エクセル顧客管理の記事からのスピンオフ記事になります。以前にモジュール「顧客一覧へ登録」において.Cells.SpecialCells(xlLastCell).End(xlUp).Row と Cells(Rows.Count,1).End(xlUp).).Row を紹介しましたが



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第15回.四則演算と注釈(コメント)
第16回.繰り返し処理(For Next)
第17回.繰り返し処理(Do Loop)
第18回.最終行の取得(End,Rows.Count)
第19回.総合練習問題1
第20回.条件分岐(IF)
第21回.条件分岐(ElseIf)
第22回.条件分岐(Select Case)
第23回.メッセージボックス(MsgBox関数)
第24回.インプットボックス(InputBox関数)
第25回.名前付き引数について


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 最終行の取得(End,Rows.Count)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ