VBA入門
第15回.四則演算と注釈(コメント)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2020-09-26

第15回.四則演算と注釈(コメント)


エクセルは表計算ソフトですから、計算が出来なくては話になりません。


四則演算(加減剰余)は必須です。
この四則演算で使う算術演算の演算子は、ワークシートの演算子と同じです。
あわせて、注釈(コメント)の書き方も覚えましょう。

算術演算子



演算子 説明
+ 足し算
- 引き算(符号反転)
* 掛け算
/ 割り算
\ 割り算の商
Mod 割り算の余り
^ 指数(べき乗)

普通に使えば、何も問題はないでしょう。

計算の優先順位が必要な場合は、
必ず()でくくって、計算順序を明示して下さい。
演算子の優先順位に頼るような記述は理解しづらいので止めましょう。
優先順位について簡単に記載しておきます。
指数(^) > 符号反転(-) > 文字列連結(&) > 乗算と除算(*、/) > 整数除算(\) > 剰余演算(Mod) > 加算と減算(+、-)

特に必要なさそうな気もしますが、一応、例として
A1セルに、単価として300
B1セルに、数量として5
これらが入っているとして、
C1セルに、金額(単価×数量)として1500を入れる場合です。

Sub 練習1()
  Cells(1, 3).Value = Cells(1, 1).Value * Cells(1, 2).Value
End Sub
RangeやCellsでは、値(Value)を取得・設定するときは.Valueを省略できます。
上記VBAの.Valueは全て省略できます。
ただし、.Valueを省略できない場合もあります。
Rangeオブジェクト.Valueの省略について
エクセルVBAを教えていて、これほど多く聞かれる質問はないでしょう、RangeやCellsの.Valueは省略したほうが良いか、書いた方が良いか、当然、省略出来ない場合もあれば、オブジェクトとして扱うために.Valueは書けない場合もあります。ですので、結論から言えば、書きたければ書けば良いし、書きたくなければ書かなくて良い。

このVBAコードの説明は不要でしょう。
問題は、このマクロを見ても、何の計算をしているかが不明な事です。
C1セル = A1セル * B1セル
これは解ります、しかし、それが何を意味するのかが不明なのです。
そこで、コメント(注釈)を付けて、何をしているか分かるようにします。

注釈



Sub 練習1()
  '金額 = 単価 * 数量
  Cells(1, 3).Value = Cells(1, 1).Value * Cells(1, 2).Value
End Sub

このように、'(シングルクォーテーション)の後ろは、コメント(注釈)となります。

コメントは、マクロの実行に関係がありません。
実行に何も影響を与えません。

コメントは行の途中からでも書く事が出来ます

Sub 練習1()
  Cells(1, 3).Value = Cells(1, 1).Value * Cells(1, 2).Value '金額 = 単価 * 数量
End Sub

'(シングルクォーテーション)から後ろだけがコメントになり、
その前までは、普通にマクロVBAを書く事が出来ます。

この場合は、上記のどちらの書き方でも良いでしょう。
私は、1行だけに対するコメントは、後ろに書き、
数行分に対するコメントは、先頭から書く事が多いでしょうか。
これらは人それぞれですし、組織のコーディング規則があればそれに合わせてください。

また、さらに大きなくくり(プロシージャー等)に対するコメントの場合は、

'***************************************************************
'* 四則演算の練習
'***************************************************************
Sub 練習1()
  Cells(1, 3).Value = Cells(1, 1).Value * Cells(1, 2).Value '金額 = 単価 * 数量
End Sub


このような感じで、コメントをひと際目立つように書いたりします。
コメントですから、書き方に特に決まりがある訳ではありません。
自分が後から見た時に、見易いように、
他人に見せた時に、理解されやすいように書いて下さい。

Remステートメント

'(シングルクォーテーション)以外にコメントを書く方法としてRemステートメントがあります。

Sub 練習1()
  Rem 金額 = 単価 * 数量
  Cells(1, 3).Value = Cells(1, 1).Value * Cells(1, 2).Value: Rem 金額 = 単価 * 数量
End Sub

Remはステートメントなので、行の途中からコメントにする場合は、マルチステートメントにする必要があります。
VBAでは、基本的な決まりとして1ステートメントは1行で書くことになっています。しかし、あまりに長くなってしまうと見づらくなります。逆に、短いステートメントが多数行になっていても見づらい場合もあります。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第12回.変数宣言のDimとデータ型
第13回.定数宣言のConstと型宣言文字
第14回.文字の結合(&アンパサンド)と継続行(_アンダーバー)
第15回.四則演算と注釈(コメント)
第16回.繰り返し処理(For Next)
第17回.繰り返し処理(Do Loop)
第18回.最終行の取得(End,Rows.Count)
第19回.総合練習問題1
第20回.条件分岐(IF)
第21回.条件分岐(ElseIf)
第22回.条件分岐(Select Case)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

pipコマンド(外部ライブラリのインストール)|Python入門(10月1日)
CSV読み書き(csvモジュール)|Python入門(9月29日)
「Excel 4.0 マクロ」の使い方|VBA技術解説(9月28日)
CSV読み込みとopen()関数とwith文|Python入門(9月28日)
フォルダとファイルの一覧を取得(os,glob,pathlib)|Python入門(9月26日)
import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ