エクセルの神髄
エクセル新着記事一覧

エクセル(Excel)マクロ(VBA)記事全体での新着記事一覧です
最終更新日:2020-07-16

エクセル新着記事一覧


省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用|VBA技術解説(2020年7月16日)

省略可能(Optional)なVariant引数を省略した場合、その引数は「参照不可」となります。この「参照不可」の状態について説明します。そして、これをあえて利用してワークシート関数のラップ関数を作成してみます。
「VBA Match関数の限界」についての誤解|エクセル雑感(2020年7月15日)
ツイッターで出したVBAのお題です。発端はエゴサーチからです。(笑) 「教えて!goo」で引用されていたのを見つけました。あちこちで引用されているのは見かけることはあるのですが、以下ではよく言うディスられているような文章を見かけました。
省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用|VBA技術解説(2020年7月12日)
省略可能(Optional)なVariant引数を省略した場合、その引数は「参照不可」となります。この「参照不可」の状態について説明します。そして、これをあえて利用してワークシート関数のラップ関数を作成してみます。
100桁の正の整数値の足し算|エクセル雑感(2020年7月9日)
ツイッターで出したVBAのお題です。数の単位に「無量大数」というものがあります。VBAでこの無量大数の足し算をするにはどうしたら良いでしょうか。そこで、100桁の正の整数の足し算をVBAで実現してみましょう。
LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)|VBA技術解説(2020年7月9日)
数の単位に「無量大数」というものがあります。その桁数は10^68(10^88とする場合もあるよう)です。VBAでこの無量大数の足し算をするにはどうしたら良いでしょうか。方法としては、VBAで計算できる桁数にちぎって足し上げていけば良いでしょう。
Variant仮引数のByRefとByValの挙動違い|エクセル雑感(2020年7月5日)
ツイッターで出したVBAのお題です。Variant型は、どんなデータ型も入れることができてしまいます。具体的なデータ型の代わりに使用することで、より柔軟にVBA記述ができるようになります。ただしこの便利さゆえに、逆に注意しなければならない挙動もあります。
Variant仮引数にRange.Valueを配列で渡す方法|エクセル雑感(2020年7月5日)
ツイッターで出したVBAのお題です。Variant型は、どんなデータ型も受け入れることができます。RangeオブジェクトのValueを配列で受け取るにはVariant変数が必要です。ただし、実引数にRangeオブジェクトを直接指定する場合には注意が必要です。
Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(2020年7月1日)
ツイッターで出したVBAのお題です。Variant型は、どんなデータ型も入れることができます。具体的なデータ型の代わりに使用することで、より柔軟にVBA記述ができるようになります。ただしその一方で、少々特殊な挙動もあり、使いこなすにはそれなりの知識が必要になる場合もあります。
VBAのVariant型について|VBA技術解説(2020年6月30日)
Variantデータ型は、他の何らかのデータ型として明示的に宣言されていない変数で、全てのデータ型を入れることができます。Variantデータ型には型宣言文字はありません。Variant型は、特別な値Empty、Error、Nothing、Nullを格納することもできます。
VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(2020年6月20日)
ツイッターで出したVBAのお題です。String型はVBAリファレンスでは、「可変長文字列は、最大で約20億(2^31)文字を格納できます。」と書かれています。これについて、本当は何文字まではいるのかについての問題です。
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける|VBAサンプル集(2020年6月19日)
エクセルのグラフや表範囲をパワーポイントへ貼り付ける方法の解説です。1つ2つの貼り付けを単発で行うのであれば手作業でも良いですが、何十個も、そして、何回も貼り付けを行うのであればVBAで自動化したいところです。エクセル パワーポイント 表やグラフをPowerPointへ貼り付けるVBA PowerPointを使う準備と保存終了 DimppAppAsNew…
アクティブシート以外の表示(Window)に関する設定|VBA技術解説(2020年6月17日)
VBAの中でも非常に分かりづらいオブジェクトにWindowオブジェクトがあります。Windowオブジェクトは、ブックやシートの見方を変えることのできるものです。Windowオブジェクトの集まりが、Windowsコレクションであり、Windowオブジェクトは、Windowsコレクションのメンバーです。
マクロ記録での色のマイナス数値について|エクセル雑感(2020年6月16日)
ツイッターで出したVBAのお題です。マクロの記録で文字色などの色を指定するとマイナス数値で記録される場合がありますが、このマイナス数値は何かを問う問題です。お題のツイート https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1272119270026051587 【エクセル問題】 マクロの記録で文字色を指定するとマイナス数値で記録…
ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る|エクセル雑感(2020年6月15日)
ツイッターで出したVBAのお題です。ツイッター投稿には文字数制限がありますので、セルに入れた下書き文章をツイート用に区切る問題です。お題のツイート https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1272033174575407105 【エクセルお題】 ツイートの下書きをA1セルに入れています。
日付の謎:IsDateとCDate|エクセル雑感(2020年6月14日)
ツイッターで出したVBAのお題です。エクセルにおける日付のちょっと不思議な挙動についての、ちょっと変わった、ちょっと意地悪な問題です。お題のツイート https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1271776939343110146 【VBA問題】 画像のVBAはエラーになる事があるでしょうか? 回答用の投票 ・IsDat…
IFステートメントの判定|エクセル雑感(2020年6月13日)
ツイッターでIfステートメントの書き方が話題になっていたのを見て、結構いろいろな要素があるということで、ちょっと意地悪な問題にしてみました。お題のツイート https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1271402726174277632 VBA問題 さて、いくつが表示されるでしょうか? Dimi If"true…
インクリメンタルサーチの実装|ユーザーフォーム入門(2020年6月12日)
VBAのユーザーフォームで大量のリストから選択する場合、リストが大量にあると単なるコンボボックスやリストでは探すのが大変になってしまいます。そこで、インクリメンタルサーチを実装してみます。インクリメンタルサーチとは、検索したい単語をすべて入力してから検索するのではなく、文字を入力するたびに即座に候補を表示させる機能です。
印刷範囲の設定・印刷範囲のクリア|VBA技術解説(2020年6月8日)
印刷に不必要なデータが含まれているワークシートの場合、適切なセル範囲を印刷範囲として設定します。印刷範囲を設定するには、WorkSheetオブジェクトのPageSetupオブジェクトのPrintAreaプロパティを使用します。VBAでの印刷およびPageSetupオブジェクトの詳細については以下を参照してください。
【超難問】エクセル数式問題|エクセル雑感(2020年6月6日)
ツイッターで出題した問題です。これは、ほぼネタツイです。純粋にエクセル問題だと考えると意味が解らない問題ですので、ご注意ください。お題のツイート https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1268909723375419393 【超難問】エクセル数式問題 =ROUNDUP((20+10)*2^2*2^4*4,
ジャンプ・セル選択の応用(空欄を埋める、1行置きに挿入)|エクセル関数超技(2020年6月5日)
ジャンプ機能は、指定のセルにジャンプする機能です。このジャンプ先の指定方法が豊富に用意されていて、その応用範囲はとても広いです。以下の2通り、・表の同上で空欄になっているセルを埋める ・表に1行おきにきに空白行を挿入する 動画と簡単な解説で紹介します。
XLOOKUP関数とスピル入門|エクセル入門(2020年6月2日)
2019年Office365に追加された革新的な機能としてスピルがあります。また、少し難しく時々間違った指定をしてしまいがちだったVLOOKUP関数が、より強力で簡単で便利な新関数としてXLOOKUP関数が登場しました。スピルの概要とXLOOKUP関数の基本について説明します。
COUNTIF関数の結果は?|エクセル雑感(2020年5月30日)
ツイッターで出題した問題です。COUNTIF関数で、数値と文字列が混在した範囲を大小比較で取得するという、かなり無茶な問題です。お題のツイート https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1265952309353213953 【COUNTIF問題】 見た通り、6行目からは文字列として入っています。
エクセル&VBA オンライン講座|エクセル セミナー(2020年5月29日)
累計36万部!「たった一日で即戦力になるExcelの教科書」「たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書」Excelセミナー動画サービス 1講座わずか330円/月で視聴可能!「Excel100の極意マスター講座&VBA初級編セット」2つの講座をセット価格で550円/月で視聴可能に!過去10年間で300回開催、
アルファベットの26進(ツイッターお題)|エクセル雑感(2020年5月19日)
ツイッターで出されたお題をVBAで回答したものです。AAAの値をAAB,AAC...AAZまでインクリメントし、次のアルファベットを桁上げし、ABA,ABC?ZZZまで計算するコードを書きたい。お題のツイート https://twitter.com/KotorinChunChun/status/1262026213352026112 よくある方法 一番多…
基本操作.条件付き書式|エクセル入門(2020年5月11日)
条件付き書式は、指定した条件に基づいてセルの書式(セルの外観)を変更できます。通常の「セルの書式設定」では、書式を設定するセル自身の数値によって変更することは可能ですが、条件付き書式では、他のセル値も含めて複雑な条件によって書式を変更できます。
基本操作.ジャンプのセル選択|エクセル入門(2020年5月10日)
ジャンプ機能は、指定のセルにジャンプする機能です。このジャンプ先の指定方法が豊富に用意されています。ジャンプ ショートカットキーは、Ctrl+G F5 「参照先」には、セル番地…A1 セル範囲…A1:B5 シート指定のセル番地…Sheet2!A1 テーブル名…テーブル1 等々が指定できます。
基本操作.フィルター|エクセル入門(2020年5月10日)
以前はオートフィルターと呼ばれていましたが、現在は単にフィルターと記載されています。フィルターは、条件に合致したデータだけを表示し、条件に合致しないデータは非表示にする機能です。つまり、データを絞り込んで表示するものです。
基本操作.並べ替え|エクセル入門(2020年5月10日)
データを順番に並べることは、データを見るうえでの基本です。エクセルには、使いやすい並べ替え機能が備わっています。ワンクリックで並べ替え リボン「データ」にある、並べ替えとフィルター 「AZ」「ZA↑」のアイコンを使用します。
VBAが消えてしまった!マクロが壊れて動かない!|エクセル雑感(2020年5月8日)
2020年4月15日に配信されたWindows10用セキュリティ更新プログラムの不具合で、なんと、VBAが全て消えてしまうという事が発生しています。今後もあり得る事なので、このような場合の対策について記しておきます。VBAが消えてしまうとはどんな状態なのか エクセルファイルを開くと、以下のようなメッセージが出力されます。
時間に関する関数の扱い方|エクセル雑感(2020年5月6日)
ツイッターに出した時間関数のお題です。さて問題です。=HOUR(TIME(23,58,59)+TIME(1,1,1)) これはいくつになるでしょうか。お題「文字列のセルだけ結合」https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1257637479319912454 時間に関する関数の解説 https://twitter.com…
文字列のセルだけ結合|エクセル雑感(2020年5月5日)
ツイッターに出したたお題です。セル範囲の、文字列のセルだけを文字列結合してください。つまり数値のセルは無視して文字列結合するという事です。お題「文字列のセルだけ結合」https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1257250812469710848 さて、図のように、
表示形式.言語設定|エクセル入門(2020年5月1日)
日付の表示形式をユーザー定義で作成しようとした時、ちょっと不思議な設定を見かけることがあります。ja-JPといった、言語設定を見かけたことはあるでしょうか。「セルの書式設定」→「表示形式」「表示形式」の「日付」右側の「カレンダー」で、「和暦」を選択します。
GoogleスプレッドシートをExcelにインポートする|VBAサンプル集(2020年4月28日)
Googleスプレッドシートをエクセルに取り込みたい場合、手動のコピペでも出来ますが、もう少し自動化したくなります。スプレッドシートをエクセルに取り込む場合の方法について解説します。スプレッドシートのURLを取得 スプレッドシートを開いたら、右上にある「共有」をクリックします。
ツイッターのお題「CSV編集」|エクセル雑感(2020年4月25日)
ツイッターに出されたお題をやってみるシリーズです。今回のお題は、CSV編集です。ツイートへのリンク https://twitter.com/i/status/1253307552802074625 VBSにしてみた VBAでも良いのですが、たまにはVBSも良いかと思い作ってみました。
プログレスバーを自作する|ユーザーフォーム入門(2020年4月18日)
VBAで時間のかかる処理の場合、ユーザーはいつ終わるか分からずただひたすら待っているしかありません。そのような場合はVBAの進捗を画面に表示して、今なにをしているか、後どれくらいで終わるかを知らせることで、ユーザーのイライラはかなり解消されます。
保護されたブックの非表示シートについて|エクセル雑感(2020年4月17日)
保護されたブックの非表示シートは通常の方法では確認することができません。このような非表示シートのセル値を、どうやって確認するかについてツイッターに連投しました。本記事は、連投したツイートに、画像と追加説明を加えてまとめたものです。
図形オートシェイプ(Shape)の複数選択|VBAサンプル集(2020年4月16日)
図形オートシェイプを複数選択するVBAについてのサンプルと簡単な解説です。Shapeオブジェクトは非常に複雑で、簡単な操作でもVBAの書き方が分からない場合も多くあります。Shapeの基本については以下を参照してください。
セル結合して表を見やすくする(非推奨)|VBAサンプル集(2020年4月13日)
最近はセル結合が忌み嫌われているようです。でもでも、やはり見やすいですよね。最終的な出力シートならセル結合して見やすくしたいことだってありますよね。セル結合を解除して値を埋めるマクロVBAは巷に多数あります。
VBAでWMIの使い方について|VBA技術解説(2020年4月6日)
WMIは、WindowsManagementInstrumentationの略になります。マイクロソフトが実装したWindowsシステムを管理するためのインターフェイスです。WMIは、Windows管理技術の中核を担っていて、ローカルコンピュータとリモートコンピュータの両方の管理に使用できます。
列幅・行高をDPI取得しピクセルで指定する|VBA技術解説(2020年4月6日)
VBAでは、ワークシートの列幅は文字数、行高はポイントで設定します。これらでの指定は便利な時もありますが、VBAで設定する場合に不便になる事も多くあります。そもそも、列幅と行高が別々の単位になっているので設定しづらいのです。
行・列の表示・非表示(Hidden)|VBA入門(2020年4月3日)
行または列を非表示にしたり、逆に表示したりする場合のVBAについて説明します。また、あるセルが表示されているか(可視セルか)の判定方法について解説します。行や列はRangeオブジェクトです。表示・非表示は、RangeオブジェクトのHiddenプロパティにTrue/Falseを設定することで行います。
ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(2020年4月1日)
ユーザー操作によりマクロVBAが実行中に停止させられてしまう場合があります。再実行可能であれば問題ありませんが、途中で強制停止された場合のデータ保証が出来ないと言った場合もあるでしよう。マクロ実行でも、以下のキーボード操作でVBAは停止できてしまいます。
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(2020年3月31日)
セルの文字列やオートシェイプの文字列の一部のフォントを変更する場合、Charactersを使います。Charactersプロパティは、Charactersオブジェクトを返します。複数形の名称でもあり、コレクションのようにも見えてしまいますがコレクションではありません。
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(2020年3月31日)
Google検索順位によってクリック率(CTR)が大きく違う事は皆さん知っている事でしょう。「検索順位CTR」で検索すると、1位から10位までのCTRが参考として出ています。年度やデバイス別等で数値は違って来ますが、大抵は、1位で21~32%位になっているはずです。
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(2020年3月24日)
マクロVBA練習問題 文字列処理の応用問題です。ab123cde45fg678hij 123-45-678 いくつかの文字といくつかの数値が、交互に出てくる文字列から、数値部分のみを取り出し、連続している数値は一塊として、記号(-)で連結します。
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(2020年3月24日)
文字と数値が混在している文字列から、連続している数値を取り出し、記号(-ハイフン等)で連結します。ツイッターでお題をつぶやいたものです。ab123cde45fg678hij 123-45-678 車中で思い浮かんだのだが、関数でできるのか? 作成する関数の仕様 ab123cde45fg678hij 123-45-678 いくつかの文字といくつかの数値が、
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(2020年3月21日)
数式バーの高さは、操作で変更しない限り一定の高さのままになっています。通常は1行表示になっている場合が多いと思いますが、その場合、セル内で改行されていると最初の1行しか見ることができません。値の場合はセルに表示されているのであまり問題ありませんが、数式の場合はセル編集にしないと数式の全部を見ることができません。
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(2020年3月21日)
LET関数は、関数内で計算結果やセル範囲に名前を定義できます。これにより、数式の中間計算に名前を定義したり、後ろの引数で定義した名前を式に使う事が出来ます。これはプログラミングにおける変数と同じ機能になります。
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(2020年3月15日)
エクセルにスピルが登場して、VBAのユーザー定義関数の用途も広がってきていると思います。そこで、文字列を指定した記号・文字列で区切て、セルに出力するユーザー定義関数を作ってみましょう。VBAにはSplit関数がありますが、これをワークシート関数として使えるようにしてみましょうという事です。
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(2020年3月14日)
XMATCH関数は、配列またはセル範囲内で指定された項目を検索し、最初に一致した項目の相対的な位置を返します。検索値が見つからない場合は、#N/Aを返します。MATCH関数を機能強化した新関数です。XMATCH関数はスピルで登場した新しい関数です。
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(2020年3月14日)
XLOOKUP関数は、範囲または配列を検索し、見つかった最初の一致に対応する項目を返します。VLOOKUP関数とHLOOKUP関数の両方の機能を備え、さらに新しい機能まで追加された新関数です。VLOOKUP関数、HLOOKUP関数の引数は4個でしたが、XLOOKUP関数の引数はなんと6個あります。
VBAでシート関数使用時の配列要素数制限|VBA技術解説(2020年3月12日)
VBAでワークシート関数が使えるのはとても便利です。WorksheetFunctionのシート関数を使う事は多いですが、配列を引数に指定した場合は要素数に制限があります。この制限があることは、ワークシート関数だという事を考えれば仕方ないのかもしれません。
SEQUENCE関数(連続数値)|エクセル入門(2020年3月11日)
SEQUENCE関数は、連続した数値の配列を作成します。1,2,3,…など、連続した数値の一覧を生成することができます。SEQUENCE関数はスピルで登場した新しい関数です。SEQUENCE関数の書式 =SEQUENCE(行,[列],[開始],[目盛り]) 行 必須です。
RANDARRAY関数(ランダム数値)|エクセル入門(2020年3月11日)
RANDARRAY関数は、ランダムな数値の配列を返します。行と列の数、最小値と最大値、および整数または10進数の値を返すかどうかを指定できます。RANDARRAY関数はスピルで登場した新しい関数です。
UNIQUE関数(一意の値)|エクセル入門(2020年3月11日)
UNIQUE関数は、範囲または配列から一意(ユニーク)な値を返します。範囲または配列から重複を削除して一意化した配列を返します。UNIQUE関数はスピルで登場した新しい関数です。UNIQUE関数の書式 =UNIQUE(配列,[列の比較],[回数指定]) 配列 必須です。
SORT関数、SORTBY関数(範囲を並べ替え)|エクセル入門(2020年3月10日)
SORT関数は、範囲または配列の内容を並べ替えます。SORTBY関数は、範囲または配列を対応する範囲または配列の値に基づいて並べ替えます。SORT関数とSORTBY関数は範囲を並べ替える関数ですが、同じこともできますが、れぞれの関数でなければできないこともあります。
スピルを使って文字列を1セルずつに分解|エクセル挑戦問題(2020年3月9日)
エクセル挑戦問題 2019年にOffice365のExcelに実装された革新的な機能としてスピルがあります。スピルを上手に使うと、今まで多くの作業列を使う必要があったものが、かなり簡略化された数式で実現することができます。スピルの詳細については、以下を参照してください。
VBAで電光掲示板を作成|VBA技術解説(2020年3月8日)
VBAで電光掲示板っぽいものを作成しました。方眼紙エクセルのセルをドットとしてフォントを表示し、それを移動させています。電光掲示板をVBAで作っても使い道があるとは思えませんが、他に転用できる内容としては、東雲フォントのドットパターンを使い、1ドットを1セルで文字を表示するところでしょう。
VBAでWEBカメラ操作する|VBA技術解説(2020年3月6日)
VBAでWEBカメラを操作してみます。WEBカメラの映像を映し出し、任意の時点でスナップショットをとるようにしています。エクセルでやる実用的な意味はほとんどありませんが、技術的な興味でやってみた自身の覚え書きになります。
VBAでWindowsMediaPlayerを使い動画再生する|VBA技術解説(2020年3月3日)
VBAで動画を再生する方法を何通りか試してみます。VBAで直接動画を再生できるわけではないので、コントロールのWindowsMediaPlayerを使って再生します。動画を再生するだけなら簡単そうなのですが、実際にはいろいろと問題がありました。
図形を方程式で動かすVBAクラス|VBA技術解説(2020年2月27日)
図形を決められた方程式で動かします。もちろん、実用として何かに使うといった物ではなく、純粋にVBAやクラスの勉強素材になります。以下では、小さい●を円の方程式や8の字の方程式で動かしています。クラスモジュールのVBA クラスモジュール名:clsSpinAround 標準モジュールでのNewと一致させれば何でも構いません。
ツイッターのお題「君の名は?」|エクセル雑感(2020年2月24日)
ツイッターで出題されたVBAの問題をやってみました。ツイッターのエクセルおよびVBA関係の人達の間で問題を出し合うという事が行われています。今回のお題は以下になります。ツイートへのリンク お題:君の名は? "-"ちゃんの名前がわかりません!教えてください。
セルの数式をネスト色分けしてコメント表示|VBAサンプル集(2020年2月24日)
数式のネストが3段階を超えてくる、なかなか読むのが辛くなってきます。数式を改行したりして見やすくするにも限界があります。特別に複雑な数式を解析する場合は、以下を試してみてください。Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA このようなツールを使うほどではないが、数式を色分けしてちょっと見やすくなれば、
スピルを使って日付の一覧を出力|エクセル挑戦問題(2020年2月22日)
エクセル挑戦問題 2019年にOffice365のExcelに実装された革新的な機能としてスピルがあります。スピルを上手に使うと、今まで多くの作業列を使う必要があったり、とても難しい配列数式にしなければならなかったものが、かなり簡略化された数式で実現することができます。
簡易音楽プレーヤーの作成|ユーザーフォーム入門(2020年2月22日)
VBAにも音楽を!ということでVBAで音楽再生するVBAクラスを作成しました。VBAで音楽再生するクラスを作成 そこで、このクラスを使い簡易的な音楽プレーヤーを作ってみました。あまり本格的なものは作れませんし、良いソフトが沢山ありますので自作しても仕方ありません。
VBAで音楽再生するクラスを作成|VBA技術解説(2020年2月22日)
VBAにも音楽を!ということでVBAで音楽再生をしてみることにしました。VBAでの音楽再生方法はいろいろありそうですが、多くの環境で動くのではないかという事でAPIを使いました。mciSendString このAPIで音楽再生します。
セル結合なんて絶対に許さないんだからね|VBAサンプル集(2020年2月17日)
セル結合の弊害はネットに溢れているのでここで改めて説明の必要はないでしょう。とはいえ、ついついセル結合してしまう事ありますよね、人間だからね。VBAで適切に処理すればセル結合もきちんと処理は可能です。
セル結合/解除でセル値を退避/回復|VBAサンプル集(2020年2月16日)
セル結合の弊害はネットに溢れているのでここで改めて説明の必要はないでしょう。とはいえ、セル結合したい場合もありますよね、人間だからね。VBAで適切に処理すればセル結合もきちんと処理は可能です。第85回.結合セルの扱い|VBA入門 しかし、セル結合した時にどうしようもないのが、各セル値が失われてしまうことです。
FILTER関数(範囲をフィルター処理)|エクセル入門(2020年2月11日)
FILTER関数は、定義した条件に基づいてデータ範囲をフィルター処理した結果を返します。FILTER関数はスピルで登場した新しい関数です。最後の方では、表示する列を選択する方法も掲載しています。FILTER関数の書式 =FILTER(配列,含む,[空の場合]) 配列 必須です。
「VBAで導関数を求めよ」ツイッターのお題をやってみた|エクセル雑感(2020年2月9日)
ツイッターで出題されたVBAの問題をやってみました。ツイッターのエクセルおよびVBA関係の人達の間で問題を出し合うという事が行われています。そんな中、現役高校生と思われる方からVBAの問題が出されました。
Property {Get|Let|Set} ステートメント|VBA入門(2020年2月9日)
VBAでは、カスタムプロパティの作成と操作ができます。クラスモジュール、フォーム、標準モジュール、これらにカスタムプロパティを作成することができます。プロパティを作成するには、Property{Get|Let|Set}ステートメントを使用します。
フィボナッチ数列(再帰呼び出し)|VBA技術解説(2020年2月8日)
フィボナッチ数列は、最初の二項は0,1で、以後は直前の2つの項の和となっている数列です。VBAでフィボナッチ数列を出力してみましょう。もちろん、フィボナッチ数を勉強しようとか、何かに使おうという事ではありません。
エクセルで連立方程式を解く(MINVERSE,MMULT)|エクセル雑感(2020年2月7日)
とつぜん連立方程式を解くことになりました。なぜ連立方程式を解くことになったのか、そして、どうやって答えを導き出したのか… これらを自身の覚え書きの意味も含めて記事にしておきます。ただし、行列の難しい説明は抜かして、どうやって解決したかの経緯の説明が中心になります。
スピルって速いの?スピルの速度について|VBA技術解説(2020年2月4日)
Office365を導入する企業や個人で契約する人もかなり増えてきているようです。自然とスピルや新関数を使う事も増えてくるでしょう。今まで範囲内に同じ数式を入れるときは、絶対参照・相対参照を組み合わせて入れなければならず、これを難しく感じていた人も多いでしょう。
スピルでVBAの何が変わったか|VBA技術解説(2020年2月3日)
Office365にスピルが登場し、2020年1月にはXLOOKUPもリリリースされ、ますますエクセルが便利になってきています。スピルは、これまでにないくらい大幅な機能変更と言えるでしょう。スピルの一般的な説明については以下を参照してください。
スピルについて|エクセル入門(2020年2月3日)
2019年にOffice365のExcelに実装された革新的な機能としてスピルがあります。数式を入力したセルから結果があふれて隣接したセルにも出力されるのがスピルです。今までは数式を入れたセルにしか結果を出せませんでしたが、スピルでは隣接するセルにまで結果が表示されます。
エクセルで「もういくつ寝るとお正月」|エクセル雑感(2020年1月29日)
今日は2020年1月31日です。早いもので1月が終わろうとしています。つまり、2020年も12分の1がすでに終わろうとしています。この調子では、あっという間に今年(2020年)も終わってしまいそうです。
VBAの少数以下の演算誤差について|VBA技術解説(2020年1月29日)
ワークシートで時間計算をしていると、時に不可解な結果に見舞われることがあります。エクセルの時間は、1日を1とした数値で管理されているため、1時間は1の24分の1の数値になります。この少数以下の計算において、エクセルが正しく計算できないというものです。
VBAで写真の撮影日時や音楽動画の長さを取得する|VBA技術解説(2020年1月23日)
写真の撮影日時、音楽や動画の再生時間、これらをVBAで取得します。写真や音楽、動画をフォルダにまとめて入れている人は多いのではないでしょうか。しかし、なかなかちゃんと管理できていなかったりしませんか。
ツイッターで出されたVBAのお題をやってみた|エクセル雑感(2020年1月13日)
ツイッターで出題されたVBAの問題をやってみました。ツイッターのエクセルおよびVBA関係の人達の間では、いろいろと面白く勉強になる問題を出し合うという事が行われています。フォローして参加してみると楽しいと思いますよ。
イベントプロシージャーの共通化(Enter,Exit)|ユーザーフォーム入門(2020年1月13日)
ユーザーフォームのVBAでは、同じイベントプロシージャーを何個も作成することが多々あります。テキストボックスを複数個配置して同じイベント処理を実装する時、全く同じイベントプロシージャーをコピペで何個も作るといったことが必要になります。その解決方法として前回、第23回.イベントプロシージャーの共通化 WithEventを使った方法を紹介しましたが、
Rangeオブジェクトの論理演算(差集合と排他的論理和)|VBA技術解説(2020年1月10日)
複数のRangeオブジェクトの重なっている範囲や、結合した範囲等々、Rangeオブジェクトを集合として、その集合演算の結果のRangeオブジェクトが必要になってくる場合がVBAでは良くでてきます。VBAで標準でサポートされているものとしては、和集合:Unionメソッド 積集合:Intersectメソッド この二つがありますが、
イベントプロシージャーの共通化|ユーザーフォーム入門(2020年1月7日)
ユーザーフォームに部品コントロールを配置していくとき、同種のコントロールを繰り返し何個も配置することは良くあります。コピペしながらようやく配置し終わったと思ったら、今度はVBAで同じイベントプロシージャーを何個も作成しなければならなくなります。
コントロールの動的作成|ユーザーフォーム入門(2020年1月6日)
ユーザーフォームは、事前に画面デザインを考えて、それにそって部品コントロールを配置するものです。しかし、ユーザーの操作に応じて、動的に部品コントロールを変更したい場合があります。このような場合の対処方法としては、大きく以下の2通りの方法があります。
Evaluateメソッド(文字列の数式を実行します)|VBA技術解説(2020年1月5日)
Evaluateメソッドは、Excelで使用する名前をオブジェクトまたは値に変換します。簡単に説明すれば、セルに入れる数式を文字列としてVBAで実行できます。Evaluateメソッドの構文 式.Evaluate(name) 式には以下が指定できます。
エクスポート(PDF/XPS)|VBA入門(2020年1月2日)
シートの内容をPDF/XPS出力するには、VBAではExportAsFixedFormatメソッドを使用します。このメソッドが使える対象オブジェクトは複数あります、ブック、シート、セル、それぞれにExportAsFixedFormatメソッドが存在するので、印刷範囲によって使い分けてください。
分析関数(OVER句,WINDOW句)|SQL入門(2019年12月25日)
分析関数はグループ内の指定された範囲で集計を行い、結果を集計元の各行に戻すことができます。分析関数はSQLとしては比較的新しい機能で、ウィンドウ(Window)関数とも呼ばれます。。サブクエリーを複数組み合わせなければできなかったものが比較的簡単なSQL文で実現できるようになります。
取得行数を限定するLIMIT句|SQL入門(2019年12月21日)
SELECT文の結果は対象行が全て出力されますが、「先頭の何件だけ取得したい」このような時に使うのがLIMIT句になります。さらにOFFSET句を合わせて使う事で、途中の何行目から何件という指定もできます。LIMIT句が使えるデータベースは限られています。
外部ライブラリ(ActiveXオブジェクト)|VBA入門(2019年12月21日)
VBAには外部ライブラリ(ActiveXオブジェクト)を操作する事が出来る仕組みがあります。ActiveXオブジェクトとは、オートメーションをサポートするアプリケーションがオートメーションインターフェイスを通して他のアプリケーションに公開しているオブジェクトです。
WITH句(共通テーブル式)|SQL入門(2019年12月18日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までに、サブクエリの基本的な使い方やサブクエリをネストした場合のSQLの書き方について説明しました。今回は、このサブクエリをより分かり易く簡潔に書くことができるWITH句について解説します。
Excel2003以前のアクセスキー一覧|Excelリファレンス(2019年12月17日)
Excel2007以降でもExcel2003以前のアクセスキー(アクセラレーションキー)を使用することができます。Excel2007以降のリボンへのアクセスキーとは別に、旧Excelのアクセスキーも引き続きサポートされています。アクセスキー(アクセラレーションキー)とは メニューの横に書かれているアルファベットを、
サブクエリのネストとSQLコメント&整形|SQL入門(2019年12月15日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回は、サブクエリの基本的な使い方を説明しました。FROM句で使って他のテーブルとJOINする書き方、WHERE句のINに指定する書き方等々。今回は、サブクエリを多段階にネストする書き方を説明します。
サブクエリ(副問合せ)|SQL入門(2019年12月14日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までで、基本的な部分については一通り説明しました。今回は、より便利にSQLを使えるように副問合せ(サブクエリ)を解説します。サブクエリが使えるようになると、SQLのすごさがより実感として分かってくるはずです。
トランザクション処理|SQL入門(2019年12月11日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までは、1つのテーブルにデータを追加/更新/削除してきました。システム構築していく上では、複数のテーブルへの処理は必要不可欠になります。しかし、このとき注意しなければならない問題があります。
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)|SQL入門(2019年12月9日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回の、他のテーブルのデータで追加/更新/削除では、UPDATEで多大な時間がかかっていました。この時間は、テーブルのインデックスを作成することで劇的に速くできます。
他のテーブルのデータで追加/更新/削除|SQL入門(2019年12月8日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までに、データの追加/更新/削除を解説しました。・INSERT ・UPDATE ・DELETE ただし、全て単一のテーブルだけで完結しているもので、データはエクセルのシートにあるデータを使うものでした。
データの削除(DELETE)|SQL入門(2019年12月7日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までにやってきたことを大きく分けると、・テーブル作成 ・データ挿入 ・データ取得 ・データ更新 データベースにテーブルを作成し、データを入れて、データを取り出し、データを更新しました。
データの更新(UPDATE)|SQL入門(2019年12月6日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までにやってきたことを大きく分けると、・テーブル作成 ・データ挿入 ・データ取得 データベースにテーブルを作成し、データを入れて、そしてデータを取り出しました。これでデータベースを最低限扱う事ができるようになりましたが、一度入れたデータを変更したり、
複数のSELECT結果を統合(UNION,UNION ALL)|SQL入門(2019年12月5日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回のJOINでは複数のテーブルを横に結合するものでしたが、SQLではデータを縦に連結することもできます。SQLのSELECTした結果は1つのテーブルと同様に見ることができます。
テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)|SQL入門(2019年12月4日)
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回データベースの正規化を説明し、マスターデータとトランザクションデータとしてそれぞれのテーブルを作成しました。分割されたデータは結合しなければ必要な情報がそろいません。



アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ