VBA技術解説
文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2022-12-14

文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法


ツイッターで拝見したお題で、プロパティ名を引数の文字列で指定する方法についての参考VBAです。
例えば条件付き書式は、
Range → FormatConditions → FormatConditions(1) → Interior → Color
オブジェクトをこのように辿りますが、
"FormatConditions"、"Interior"、"Color"
これらを文字列で指定できるようにします。


具体的にはCallByName関数を使ったPropertyを作成しました。


CallByName関数

CallByName関数は、実行時に指定したオブジェクトのプロパティの設定と取得、およびメソッドの実行を行います。

CallByName(object,procname,calltype,[args()])



引数 内容
object 必ず指定します。
バリアント型およびオブジェクト型のいずれかを指定できます。
この関数の実行対象となるオブジェクトの名前を指定します。
procname 必ず指定します。
バリアント型および文字列型のいずれかを指定できます。
オブジェクトのプロパティ名およびメソッド名を含む文字列式を指定します。
calltype 必ず指定します。
定数値を指定します。
呼び出されるプロシージャの種類を表すvbCallTypeのメンバを指定します。
定数 内容
VbMethod 1 メソッドを実行する
VbGet 2 プロパティの値を取得する
VbLet 4 プロパティの値を設定する
VbSet 8 プロパティにオブジェクトへの参照を代入する
args() 省略可能です。
バリアント型および配列を指定できます。

戻り値は、実行したメソッドまたはプロパティの取得値になります。
第1引数はobjectなので、標準モジュールのプロシージャーをCallByName関数で実行することはできません。

使用例

クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説
・CallByName関数 ・クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)のVBAコード ・オブジェクト(クラス)も動的に変更すると ・最後に


Propertyについて

Propertyについての基本は以下を参照してください。
第140回.Property {Get|Let|Set} ステートメント|VBA入門
・そもそもプロパティとは ・VBAでプロパティを作成するステートメント ・Property {Get|Let|Set} ステートメントの構文 ・Propertyプロシージャの使用例 ・Propertyプロシージャの実践例


文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作するVBAサンプル



'CallByNameを使って文字列のプロパティ名でオブジェクトを取得
Property Get CustomProperty(aObj, aProperty)
  On Error Resume Next
  Set CustomProperty = CallByName(aObj, aProperty, VbGet)
  If Err.Number = 0 Then Exit Property
  CustomProperty = CallByName(aObj, aProperty, VbGet)
End Property

'Let Propertyの最後の引数が設定する値になります
Property Let CustomProperty(aObj, aProperty, aValue)
  CallByName aObj, aProperty, VbLet, aValue
End Property

用意するものはこの2つのプロパテイです。
置き場所は何処でも良いですが、標準モジュールで良いでしょう。

Get CustomProperty
これはオブジェクトと単一値(スカラー値)の両方に対応しています。

まずは作成したプロパティの簡単な使い方から。
単一値のプロパテイへの値の設定と取得です。

Sub sample1()
  Dim rng: Set rng = Range("A1")
  CustomProperty(rng, "Value") = 99
  MsgBox CustomProperty(rng, "Value")
End Sub

次は、オブジェクトの階層が少し複雑になっているプロパティを扱うサンプルになります。
条件付き書式のオブジェクトを順に辿ります。
Range → FormatConditions → FormatConditions(1) → Interior → Color

Sub sample()
  Dim rng: Set rng = Range("A1")
  
  'サンプルとして条件付き書式を設定
  With rng.FormatConditions
    .Delete
    With .Add(Type:=xlExpression, Formula1:="=A1=1")
      .Interior.Color = 255
    End With
  End With
  
  'FormatConditionsコレクションを取得
  Dim obj1: Set obj1 = CustomProperty(rng, "FormatConditions")
  
  'コレクションのIndexを指定してFormatConditionを特定
  Dim obj2: Set obj2 = obj1(1)
  
  'FormatConditionのInteriorオブジェクトを取得
  Dim obj3: Set obj3 = CustomProperty(obj2, "Interior")
  
  'Interiorオブジェクトの"Color"にvbBlueを設定
  CustomProperty(obj3, "Color") = vbBlue
End Sub


あまり実用性があるとも思えませんが、
CallByName
Property
これらを理解する学習素材として取り組んでみてもよいかもしれません。





同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)
省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用
ブックのいろいろな開き方(GetObject,参照設定,アドイン)
入力規則への貼り付けを禁止する
Select Caseでの短絡評価(ショートサーキット)の使い方
RangeオブジェクトのFor EachとAreasについて
画像が行列削除についてこない場合の対処
新関数SORTBYをVBAで利用するラップ関数を作成
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか
数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA
文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法|VBA技術解説(2022-12-14)
数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.繰り返し処理(Do Loop)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ