ツイッター出題回答
VBAでの式と文の違い

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2022-10-02

VBAでの式と文の違い


ツイッターで投票を行い、その後に解説したものです。


式とは文とは
式と文の違いについての解説です。


投票ツイート


VBA 式とは 文とは
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1575865356924526592

式と文
改めて聞かれると説明が大変ですよね。
あまり意識することも無いと思います。
ではここで投票です。
VBAです。
Dim x, y
x = y
この「x = y」これは何?

・式
・文
・式でも文でもない
・にゃんともいえない


式と文の違いについて

この問いの答えは非常に微妙な部分があります。
そもそもこの用語は厳密に定義されているのかもはっはりしません。
したがって、現時点での私の解釈だという事を理解しておいてください。
ただし、一般的にVBA(VB.NETも)では概ねこの解釈で良いと思っています。


ではまずは結論から、
これは、
「文」です。
「代入文」です。
最初にウィキペディアの「式 (プログラミング)」から
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%8F_(%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0)
>C#においては代入は式であるが、同じ.NET系言語であるVB.NETでは代入は文である。
このように書かれています。(詳細はwikiで)


私もこの通りだと思っています。
VBAにおいて先の
x = y
これは
Let x = y
この省略であり、代入文です。
Debug.Print x = y
If x = y Then
これらの「x = y」は「式」です。条件式ですね。
式は評価され値を返します。
Let x = y
この「x = y」は値を返しません。


恐らくここまでは、どのような用語を使うかと言うだけで大した異論はないと思います。
ですがVBAでは1つ問題があって、
「オブジェクト式」と言う言葉があります。
私はずっとこの用語を使っていなかったのですが、超有名な複数サイトでこの用語が使われています。
これは式なのか…


用語は統一したほうが良いので後年に「オブジェクト式」として説明ページを追加しました。
オブジェクト.プロパティ
オブジェクト.メソッド
このようなものを「オブジェクト式」と呼んでいます。
しかしこれは「式」と読んで良いのかが疑問です。(自分でも解説ページ書いといて、何ですけど😅)


プロパティは値を返しますが少し話が違います。
Let 式 = 値
Call 式
「式」に値を入れたり、式をCallするというのは違和感があります。
ではなんと呼ぶか…
そうなんです、困りますよね😅
したがって、私もとりあえず割と広く使われている用語のようなので「オブジェクト式」として解説しています。


そもそもドット(.)これも何と呼ぶのかはっきりしません。
メンバーアクセス演算子
ドット(.)演算子
VBとしてはこのように呼ばれますが、VBAのページでは明確に記述されているものを見た覚えがありません。
(どこかにあるかもしれませんが)


細かい話もありますが、厳密に区別しても大した意味もありません。
VBAでは、
「式」は何らかの値を返すと考えれば良いと思います。
したがって値を返さない、
x = y
この代入は式ではなく代入文と呼ぶべきもでのす。
ただしyには値または式が書けますので、
x = y * z
この「y * z」これは式です。


追記
つまり、これ(添付)で「文」だという事です。
Letでの「=」は代入文の必須の構成要素です。
If … Then、このThenと同様です。
VBAではIfは「文」であり「式」とは呼ばない(事が多い)。
同様に「代入文」と呼ぶ。と言うのが私の見解です。
https://learn.microsoft.com/ja-jp/office/vba/language/reference/user-interface-help/let-statement

VBA 式とは 文とは




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

ローカル版エクセルが「Office Scripts」に変わる日
エクセルVBA 段級位 目安
DXってなんだ? ITと何が違うの?
在庫を減らせ!毎日棚卸ししろ!
エクセル馬名ダービー
VBA学習のお勧めコース
コンピューターはブラックボックスで良い
VLOOKUPを使うことを基本としてシートを設計すべきか
VBAマクロと操作対象データの分離について
IF関数の論理式で比較演算子を省略したCOUNT系関数を書くのは
VBAでの式と文の違い


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ