エクセル雑感
DXってなんだ? ITと何が違うの?

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
公開日:2021-06-24 最終更新日:2021-06-24

DXってなんだ? ITと何が違うの?


DX IT 違い

ツイッターでDXはITとどう違うのかを問うツイートをしました。
最初は反応がほとんどなかったのですが、
再度引用ツイートしたところ、いろいろな話を伺えました。
それを受けて、私なりの考え(ほぼ単なる感想)を連続ツイートしました。
この連続ツイートをここにまとめておきます。



DX IT 違い
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1407747406129631237


筆者の連続ツイートの全文:ほぼ単なる感想です

結局のところ、ITとDXってどう違うのですか?
ITを進めていった先と、DXを進めていった先に違いがあるのでしょうか?
自分で調べろって言われそうですね。
どっちにしろ、なるようにしかならないのですけど。


結局これは誰も説明してくれなかった🤔
もう同じって事で良いですか😇


多くのリプをいただき感謝いたします。
それら読んだ上での私の感想です。


ビジネスは常に変革していかなければ時代の変化についていけないものです。
これはITなど関係なく常に行われてきたことです。
IT推進による変革の部分をDXと呼ぶのなら、むしろ時代に合わせてビジネス変革していくこと全般より狭い範囲を指すことになってしまいます。


私はITもDXも関係ない。
今時代は大きく変わろうとしている。
(その原因の一つにITの進化があるにすぎない)
時代の変化を先取りしてビジネスを変革していく。
これはいつの時代にも常に求められることだと思います。


コロナ禍のような大きな社会変化において、既存ビジネスの変革、新規ビジネスの創造、これらをITを土台として成し遂げていく。それがDXなのだろうと私の中では理解しました。


しかしこれは反面危険な面もあるようにも感じられます。
何が何でもITが必要なのかという事です。
IT抜きの変革もある。
現代においてはITの役割がとても大きく多くの場合にITを必要としていて、その場合のみDXというのであれば、考えが方が狭いように思う。


時代を先取り、もしくは時代の波に乗ってビジネスを変革していく事こそが重要で望まれている事だと思います。
そして、その時に結果としてITが重要な役割をなし、ITを使う事で迅速に対応できるという事ではないのでしょうか。
このように私は考えました。


このような概念の言葉は理解が難しく、解釈も人によって少しずつ変わってしまうものだと思います。
むしろ、いろいろ解釈が分かれるからこそ、騒がれやすいのかもしれませんね。
ということで、「それで結局DXってなんなんだ?」という人にこの問題を捧げます。
VBA100本ノック 72本目:ITをDXに変換(文字列操作)
引数の文字列に対して、全ての"IT"を"DX"に置換するFunctionを作成する問題です。ツイッター連動企画です。ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。


結局「IT」にたいする誤解とも思えるものが発端な気がします。
IT自体が新しい言葉で2000年ころから広く使われたものだと認識しています。
当時から、今までは出来なかったことがコンピューターを使ってできるようになった、これを利用しない手はない。
そう考えられてきたはずです。


近年、あまりにもPC等コンピューターが身近になったために、「IT」という言葉が単にコンピューター化・デジタル化と言った狭い解釈をする人が増えてしまったというのがあるのかもしれませんね。


アポロの時代からコンピューターがあるからこそ今まで出来なかったことをいろいろと実現できるようになってきているのです。
今さら言うまでもなく、コンピューターを活用して新しい事にチャレンジしていかなくてどうするんですか。
どんどんチャレンジしていきましょう。


引用ツイートまたはリプ頂いたツイート

ツイッターの検索機能で表示されたペーシのリンクを掲載しておきます。
何件かに返信しています。

ツイートに対する反応




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

VBA今日のひとこと/VBA今日の教訓 on Twitter
ローカル版エクセルが「Office Scripts」に変わる日
エクセルVBA 段級位 目安
DXってなんだ? ITと何が違うの?
在庫を減らせ!毎日棚卸ししろ!
エクセル馬名ダービー
VBA学習のお勧めコース
コンピューターはブラックボックスで良い
VLOOKUPを使うことを基本としてシートを設計すべきか
VBAマクロと操作対象データの分離について
IF関数の論理式で比較演算子を省略したCOUNT系関数を書くのは


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)
いくつかの数式の計算中にリソース不足になりました。|エクセル雑感(2023-12-28)
VBAでクリップボードへ文字列を送信・取得する3つの方法|VBA技術解説(2023-12-07)
難しい数式とは何か?|エクセル雑感(2023-12-07)
スピらない スピル数式 スピらせる|エクセル雑感(2023-12-06)
イータ縮小ラムダ(eta reduced lambda)|エクセル入門(2023-11-20)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.条件分岐(IF)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.マクロとは?VBAとは?VBAでできること|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ