ツイッター出題回答
VLOOKUPを使うことを基本としてシートを設計すべきか

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2021-08-17

VLOOKUPを使うことを基本としてシートを設計すべきか


これはツイッターで、VLOOKUPを使うことを基本としてシートを設計すべきかどうかについて連続ツイートしたものをまとめたものです。
下書きもなく、深夜に思うがままにツイートしたので、論理的に細かいところや話のつながりについてはご容赦ください。



ツイート

VLOOKUPを使うことを基本としてシートを設計すべきかどうか。
基本はそれで良いと思います。
つまり、左端にキーを置くという事です。
キーでVLOOKUPするという事です。
しかし、それだけでは済まないことが結構あるから問題がでてきます。


このような話において良く例に出されるのが、
「名前で検索したい」というもの。
番号,名前,その他
番号でVLOOKUPは良いが名前で引けない。
なら、最初からINDEX+MATCHだけでやったほうが良いというもの。


ではお聞きしたい。
名前で引くという事は、「名前」をデータとして入れるという事ですよね。
名前を手打ちするのですか?
どうやって「名前」をいれるのでしょうか?



ここから考える必要があるという事です。
「名前」は入力規則のリストなりで入れるのではないのでしょうか?
というか、そうしなかったら表記揺れでVLOOKUPがどうのという以前の話になってしまいます。
では、「名前」だけのに入力規則で良いのでしょうか?


同姓同名がいないのでしょうか?
表示はあいうえお順ですか、番号順ですか?
ここから考えていくという事です。
同姓同名がいるなら、単に正式な氏名欄とは別のリスト用の列が必要になりますよね。
順番を意識するなら、別のシートなりに並べ替える必要がありますよね。
どうするんでしょうか?


同姓同名対策としてリスト用に別列を持つのなら、そこに番号も含めておけばよいです。
名前:番号
このリストから選択した番号でVLOOKUPできます。
並べ替えについては、従来はどうしようもなかったのですがSORTが実装された後では別シートに並べ替えて、そのシートで同姓同名の対策をすれば良いです。


この方法が良いといっているわけではありません。
一つの方法として言っているものです。
業務によって最適な手段は変わります。
言いたいのは、こういうことを考えるのがシート設計だという事です。


シートのデータはデータベースだという意見があります。
その用途で貯めたデータは確かにデータベースでしょう。
さらに、見た目的にはRDBと見なすこともできそうにも見えます。
ここに勘違いがある気がします。
RDBではないのだから、通常のデータベース設計は適用できません。



RDBなら、そもそも列順などほとんど意味を持ちません。
慣用的な使い方はあっても、それが規則と言う程のものではありません。
ではエクセルのシートとRDBのテーブルの違いは何かというと、生のデータを目で見る事が普通にあるのかと言う事です。


RDBの生のテーブルをそのまま見るのは開発者だけでしょう。これは論ずる必要がないですね。
ユーザーは何らかのソフトを通してしか見ないので、テーブル上の列順は意識する必要が無いのです。
しかしエクセルは違います。
ユーザーが生データをそのまま見るし、場合によっては直接変更を加えます。


だから難しいのです。
RDB設計とは違った難しさがでてきます。
単純な話をしたら、全てVBAでしか扱わないようにした場合は、シートの列順はどうでも良いのです。
入力はフォームまたは別シートで行い、データベースのシートに転記するなら、これはもうRDBとほぼ同じ考え方で良いです。


つまり問題は、VBAを使わずに関数を主体としてシステム構築する場合です。
この場合、作成者または改修者がプロだけではないと考えるべきでしょう。
そこで、ではどうしたら分かり易くなるかを考える事になります。
ここが難しい、分かり易くすっきりしたデータ…これは極めて難しい。


こういうことを考えた時、従来までなら左端にキーを置いてVLOOKUPを主体に作成していく。
こういう手法が分かり易かったという事です。
もちろん、シートによっては、検索するものによっては例外も出てくるのでINDEX+MATCHは必須です。
しかしそれはむしろ例外くらいの位置づけが良いという事です。


下書きもなく、いきなりツイート始めたので、とりとめのない話になってますが、あくまで従来の手法として、分かり易く簡単な作りとしての基本はVLOOKUPだという事です。
しかし365も普及してきていて、そうなればXLOOKUPも使えることですし、それぞれで工夫していけば良いと思います。


そもそもなぜこんなツイートを始めたのかもよく分からなくなってきたので、この辺りでお終いとします。
システムは生き物ですので、生息場所によって様々な進化を遂げるものです。
適者生存です。
環境に合ったシステムはきっと生き残るはずですし、合わなければ消えていくことになるはずです。完




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

ローカル版エクセルが「Office Scripts」に変わる日
エクセルVBA 段級位 目安
DXってなんだ? ITと何が違うの?
在庫を減らせ!毎日棚卸ししろ!
エクセル馬名ダービー
VBA学習のお勧めコース
コンピューターはブラックボックスで良い
VLOOKUPを使うことを基本としてシートを設計すべきか
VBAマクロと操作対象データの分離について
IF関数の論理式で比較演算子を省略したCOUNT系関数を書くのは
VBAでの式と文の違い


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

TOROW関数(配列を横1行の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
TOCOL関数(配列を縦1列の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
CHOOSECOLS関数(配列から複数の指定された列を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
CHOOSEROWS関数(配列から複数の指定された行を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用|VBA入門(2022-10-27)
VSTACK関数(配列を縦方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
HSTACK関数(配列を横方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(配列操作関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(ヘルパー関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題集|エクセル入門(2022-10-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ