VBA入門
第21回.条件分岐(ElseIf)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2020-05-12

第21回.条件分岐(ElseIf)

前回のIFステートメントでは、真か偽の二択でした。
今回は、もっと多くの分岐が必要な、Ifステートメントで多肢条件分岐の場合の書き方です。


ステートメントとしては、Ifステートメントです。

IfステートメントのElseIfの構文

If 条件式1 Then
  条件式1が真の処理
[ElseIf 条件式2 Then
  条件式2が真の処理]
[ElseIf 条件式3 Then
  条件式3が真の処理]
・・・
[Else
  全ての条件式が偽の処理]
End If

[ ]は省略可能です。

条件式1に合致(True)した場合は、条件式1が真の処理が処理されます。
条件式1に合致しない(False)場合は条件式2が判定されます。
条件式2に合致(True)した場合は、条件式2が真の処理が処理されます。
条件式2に合致しない(False)場合は条件式3が判定されます。
条件式3に合致(True)した場合は、条件式3が真の処理が処理されます。
以下繰り返し・・・

ElseIfの説明

ElseIf 条件式 Then
  条件式が真の処理

この部分は繰り返し何回も書く事が出来ます。
例えば、

If 条件式1 Then
  条件式1が真の処理
ElseIf 条件式2 Then
  条件式2が真の処理
ElseIf 条件式3 Then
  条件式3が真の処理
Else
  全ての条件式が偽の処理
End If

こまように書きます。
これを、ElseIfを使わずに書くと、

If 条件式1 Then
  条件式1が真の処理
Else
  If 条件式2 Then
    条件式2が真の処理
  Else
    If 条件式3 Then
      条件式3が真の処理
    Else
      全ての条件式が偽の処理
    End If
  End If
End If

この二つのVBAコードは同じ事になります。
多肢分岐の場合は、ElseIfを使う事で、ずっと見易くなります。
ただし、できればこのElseIfより、Select Caseを使うようにしましょう。
次回の、Select Caseを使う方が、より読みやすいVBAコードになります。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第18回.最終行の取得(End,Rows.Count)

Excelワークシートにおける表の最終行の取得は、VBAの必須技術になります、エクセルVBAにおける最終行取得の必要性 エクセルは表計算ソフトです、つまり縦横の表を扱います、データは横に項目があり、縦に項目に対するデータが入っている事が一般的です。しかし、そのデータ行数は決まった行数ではない事が普通です。
第19回.総合練習問題1
マクロVBA練習問題 マクロVBA入門で今までに説明した、For~Next 最終行の取得 四則演算 以上を使って、以下の練習問題をやりましょう。上記表で、A列の単価×B列の数量を計算して、C列の金額を出して下さい。ヒント!ForNextで2行目から表の最終行まで単価×数量を計算してしてください。
第20回.条件分岐(IF)
ある条件の時だけ処理したい、ある条件の時は処理したくない、そのような条件によって処理内容を変更したい場合があります。VBAで条件により処理を分岐させたい場合に使うのが、Ifステートメントです。マクロVBAで自動化する場合の多くは、条件により処理を変えつつ一定回数繰り返すという事です。
第21回.条件分岐(ElseIf)
第22回.条件分岐(Select Case)
前回のElseIf以外の、多肢条件分岐の別の書き方があります。それがSelectCaseになります。むしろElseIfより、このSelectCaseの方が、より多肢条件分岐に適していると言えます。SelectCaseは、多肢条件分岐に特化したステートメントになります。
第23回.メッセージボックス(MsgBox関数)
メッセージを表示するダイアログボックス(小さな画面)を表示します。ユーザーに選択(「はい」「いいえ」や「OK」「CANCEL」等)してもらい、その選択結果を受け取る事も出来ます。マクロVBAでメッセージボックスを表示するにはMsgBox関数を使います。
第24回.インプットボックス(InputBox関数)
ダイアログボックスにメッセージとテキストボックスを表示し、ユーザーが入力した文字列を取得することが出来ます。マクロVBAの最初または途中で、ユーザーの入力によって処理を変更したい場合が出てきます。これを実現するには、マクロVBAではInputBox関数を使います。
第25回.名前付き引数について
引数とは、関数やメソッド等を呼び出すときに渡す値の指定のことです。この引数を渡す時の記述方法として、名前付き引数があります。マクロVBAでの記述では、:=が使われます。この:=は名前付き引数のみで使用される記述になります。
第26回.総合練習問題2
VBA練習問題 以下の表を使用します、メッセージボックスと数値集計の問題です。InputBox関数で数値を入力し、A列の数値が、指定数値以上の合計を求め、MsgBox関数で表示して下さい。例えば、InputBox関数で10と入力したら、14+11+12+13+18を計算し、MsgBox関数で68を表示するという事です。
第27回.ブック・シートの選択(Select,Activate)
エクセルでは、複数ブックを扱います、そして、それぞれのブックには、複数のシートが存在します。従って、マクロVBAでも複数ブック・複数シートを扱う必要があります。ここまでのVBAでは、あくまでアクティブブックのアクティブシートを対象としてきました。
第28回.セル・行・列の選択(Select,ActivateとCurrentRegion)
マクロVBAで、セル、行、列を選択するときの記述について説明します。まずは、セルの選択について説明する前に、選択セルとアクティブセルについて、説明する必要があります。選択セルとアクティブセル この状態で、選択セルは、B2~C6の10個のセルです。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAのインデントについて|VBA技術解説(7月15日)
「VBA Match関数の限界」についての誤解|エクセル雑感(7月15日)
省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用|VBA技術解説(7月12日)
100桁の正の整数値の足し算|エクセル雑感(7月9日)
LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)|VBA技術解説(7月9日)
Variant仮引数のByRefとByValの挙動違い|エクセル雑感(7月5日)
Variant仮引数にRange.Valueを配列で渡す方法|エクセル雑感(7月5日)
Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)
VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(6月20日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ